Top > 【まほうのたて】
HTML convert time to 0.012 sec.


【まほうのたて】

Last-modified: 2017-12-03 (日) 05:02:59

概要 Edit

DQ6以降の作品に登場する盾。
DQ5の【マジックシールド】が名前を変えて続投。
いずれの作品でも中盤で市販されており、力があまり無い人でも装備できる数少ない盾として重宝する。

DQ3(リメイク版) Edit

【バハラタ】などで売られている。
2000Gとリーズナブルな上に【しゅび力】も25とそこそこ、おまけに呪文ダメージを3/4に軽減する。
 
なんと【武闘家】以外の全ての【職業】が装備でき、特に【魔法使い】にとっては最強の盾である。
【僧侶】【商人】【遊び人】【賢者】にも耐性有りの盾はこれしかないため、ずっとこれで通してよいだろう。
バハラタを訪れる前に入手した【まほうのかぎ】を使って各地でアイテムを回収し、そうして集めた【ルビーのうでわ】などを売り払えば簡単に人数分揃うはず。
 
唯一の魔法耐性のある盾なので、より守備力の高い盾が装備できる状態でも、最後まで随所で活用することができる。
特に【完全ローテーション】である【バラモス】戦では【ドラゴンシールド】と上手く使い分ければかなりダメージが減少する。
 
なおSFC版【公式ガイドブック】によると魔力を秘めた銀でできているらしいが、色は銀色ではなく金色と茶色である。

DQ4(スマホ版) Edit

守備力20、売却不可。
【主人公】【ライアン】【クリフト】【ブライ】【トルネコ】【マーニャ】【ミネア】【ピサロ】が装備可能。
【メラ系】【ギラ系】【イオ系】のダメージを2/3に軽減する耐性を持つ。
 
【ドラゴンクエスト ポータルアプリ】のアイテム交換所にて、ポイント交換という条件付きで配信された。
ただし、期間限定の配信であり、今のところ再配信の予定は無い。
 
5章開始時点で使用可能になるため、装備可能な盾が少ないブライ・マーニャ・ミネア辺りに装備させるといいだろう。
【はぐれメタルのたて】を入手するまでの繋ぎとして使える。

DQ6 Edit

【アークボルト】などで売られている。
守備力20に加え、かっこよさは21。さらに炎系呪文を8ポイント軽減する。
微妙な違いはあるが性能的にはDQ5のマジックシールドと大体同じ。
ただし、マジックシールドに比べ値上がりしており、5000Gとアークボルトの時点ではかなり高額なアイテムとなっている。
 
前衛系のキャラはもちろんのこと、魔法系キャラである【チャモロ】【バーバラ】も装備できる。
この二人はこれを逃すと、【エンデのたて】【みかがみのたて】までロクな盾が無いのでぜひ買っておきたい。
特にチャモロはこれより強力な盾が終盤に入手できる個数限定の盾しかないので、彼をスタメン起用している場合は購入必須。
やや高価な品ではあるが、チャモロに装備させる場合は相応に活躍させることが出来るので十二分に元は取れる。
またバーバラにとっても限定入手の【おなべのふた】を除けば初めてとなる盾装備なので、できる限り買い揃えたい。
【おしゃれなかじや】で鍛える(要1000G)とかっこよさが38ポイントまで増加するため、コンテストでも役立つ。
 
人間キャラのうち、なぜか【ミレーユ】だけは装備できない(【メタルキングのたて】は装備できるのに)。
そのため彼女は長い間、盾無しか【おなべのふた】【シルバートレイ】を片手に戦うハメになってしまう。

DQ7 Edit

【メザレ】など中盤の防具屋で売られている。
守備力が18に下がったが、炎系呪文を10ポイント軽減できるようになった。
相変わらず装備基準が緩く、【ガボ】以外なら誰でも装備できる。
 
DQ6同様5000Gと高値なのがネックであり、購入可能となってしばらくは炎系呪文の使い手が少なくイマイチ性能を発揮しづらい難点もある。
【主人公】【リートルード】まで行けば、この盾よりも安い上に全ての面で上回っている【プラチナシールド】を買えるので、鉄の盾などで凌いでそちらを購入した方が効率が良い。
【マリベル】は炎耐性のみの【ホワイトシールド】とどちらを使うか迷うところだが、呪文耐性に優れる【まほうのほうい】との併用となることを考えると、ホワイトシールドの方が安上がりな上に耐性のバランスが取れる。
唯一【メルビン】だけはこれを逃すとみかがみのたてまでロクな盾が無いので、もし買っていなければ【マーディラス】の宝箱に入っているものをあてがおう。

DQ8 Edit

【サザンビーク城】【リブルアーチ】で5000Gで市販されている。
また、【はがねの盾】【いのりの指輪】【まもりのルビー】を錬金し作成することも出来るが、勿体無いので買う方が良い。
守備力は27で、呪文ダメージを15軽減できる。
性能はいいが、【ヤンガス】【ゼシカ】は装備できないので注意。
ベース素材としての応用性は高めで、これを材料にして数種類の盾が錬金可能。
錬金レシピは以下の通り

 
完成品は全部市販されているので無理に作る必要は無い。
ただしちからの盾は性能も高く相当なフライングゲットが可能であるので1個は製作するプレイヤーも。
詳しくは当該記事にて。

DQ9 Edit

守備力17、盾ガード率2.5%。さらに攻撃魔力と回復魔力が8上がり、地・光属性以外を5%軽減できる。
本作で最も早く手に入る5属性軽減の盾。
グビアナ城下町で4000Gにて購入できる他、【ガオン】【ダークホビット】が落とすこともある。
また、【グビアナ地下水道】で1個拾える。ありがたい。
さらに、錬金では【せいれいの盾】をはじめとした様々な魔力を秘めた盾のベースともなる。

レシピ一覧 Edit

DQ10 Edit

レベル35から装備可能な盾で、呪文ダメージを3%軽減する。
同作では【まほうのよろい】等とあわせて紺色になっている。
詳しくは【まほうの盾】を参照。

DQ11 Edit

【主人公】【セーニャ】【シルビア】【グレイグ】が装備可能。

-+1+2+3
守備力27283032
攻撃魔力12131415
回復魔力11121314
盾ガード率6%
全属性ダメージ軽減5%

 
異変後の【最後の砦】【ナプガーナ密林】(キャンプ)、【ドゥルダ郷】などにて5000Gで売っている。
【ヨロコボルト】(邪Ver含む)がレア枠で落とす。
【ふしぎな鍛冶】で作成可能。【魔法武具のレシピ】に記載。
必要な素材は、【プラチナこうせき】x1+【まほうの樹木】x1+【ブルーアイ】x1。

トルネコ2 Edit

紫色の水晶のように丸いデザインをしている。
【不思議のダンジョン】【もっと不思議のダンジョン】【試練の館】の店で手に入れるか、【剣のダンジョン】に落ちている。
敵の使ってくる魔法を無効化出来る。【催眠攻撃】、眠り、杖を振られるなど魔法は受けるとまずいものが多いので必須。
これがあると無いのとでは安全性は全然違うので絶対に合成したい。
欠点という欠点は強いて言えば、装備(合成)してしまうと【きめんどうし】【バシルーラ】【ホイミスライム】【ホイミ】といったピンチな時には活用出来なくもない呪文の恩恵が受けられなくなるくらいである。
シレンの「やまびこの盾」と違って跳ね返す効果はないが、無効化出来るだけでも十分ありがたいはず。
【ゴールデンスライム】【マダンテ】は防ぐことができない。
 
GBA版では【わざふうじの盾】と共に、不思議のダンジョンでは41F以降の店でしか出現しなくなった。
もっと不思議のダンジョン、剣のダンジョンでは登場しない。試練の館は変更無し。
不思議のダンジョン、試練の館ともに出現率はかなり低い。入手する前にクリアしてしまうこともザラ。
見つけたら是が非でも手に入れよう。
 
戦士の技【マホターンうけ】【わざふうじ】の習得に必要になる。
GBA版ではわざふうじを習得できなくなり、【印の盾】入手が必要になった。
どちらも【ロトのたて】で習得可能なので、既に持っているなら合成しても良いが、先に【まほうみきり】を習得してからにしよう。

DQMB2 Edit

第一章に登場。
装備すると敵の呪文をガードすることがある。
賢さの低い戦士に装備させよう。
排出期間が短かったが、盾自体種類が少ないので、度々スターターセットに再録されてきた。
 
なお、次の章で登場した【みかがみのたて】との違いとして、ガード率は劣るものの、
呪文攻撃であれば何でもガード出来てしまうので、まほうのたてが使われる事が多かった。

DQH Edit

守備力は16で、【アクト】【メーア】【テリー】の全員が装備可能。呪文耐性+5%。

DQH2 Edit

呪文耐性+10.0%。
【戦士】・テリーが装備可能。
【ローザス森林地帯】の森の墓地で入手可能。
前作と違って守備力は上がらない分、呪文耐性が若干強化されている。

DQB Edit

3章に登場。守備力は10で、直接攻撃以外のダメージを減らす。
材料は【まほうインゴット】【木材】が1個。