【獣王激烈掌】

Last-modified: 2020-01-18 (土) 08:31:55

概要 Edit

【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】の作中で登場する特技。
後にDQMJ2P以降のモンスターズシリーズでも特技として採用されている。

DQMJ2P、テリワン3D、イルルカ Edit

こちらでの表記は「獣王げきれつしょう」。
「二つの激しい竜巻が、敵全体に最大級の体技ダメージを与える」と説明されており、ダイ大の特徴を受け継いでいる。
バギとベタンの複合属性を持つ唯一の体技であり、ダメージの触れ幅は大きいが最大で350ものダメージを与える。

消費MPはDQMJ2Pで60、テリワン3Dで110とトップクラスに高いが、バランの必殺技の【ギガブレイク】よりも強力。
消費MP110は百獣の王という意味もあるのかもしれない。
強すぎたためか、テリワン3Dではこれを習得するためにデメリット特性を取得しなければならなくなっている。
ちなみにテリワン3Dにおいてこれを習得できるスキルは5つあるが、そのいずれも【ヘロヘロ】【強者のよゆう】を持たされるので、低確率とはいえ行動不能になるのを覚悟すること。
クロコダインにも何らかのデメリット特性が付いてしまったのかもしれない。
イルルカではスキルにデメリット特性が付く事が無くなった上、相変わらずギガブレイクや更には【ギガクロスブレイク】以上の威力を叩き出す。獣王は竜の騎士をも越えたか。
【邪神レオソード】【スラ忍レッド】【マンモデウス】【いかりのご老公】などのスキルで習得できる。
 
DQMJ3では、他のダイ大由来の呪文・特技が続投する中この特技だけは削除されてしまい、DQMJ3Pではついにダイ大がモンスターズに本格的に参戦するもクロコダインの参戦およびこの技の復帰はかなわなかった。
DQMSLでは「獣王げきれつしょう」が【魔戦士ヴェーラ】専用のバギ属性体技として登場し、その後ダイ大コラボで「獣王激烈掌」が獣王クロコダイン専用の無属性体技として登場した。

星ドラ Edit

こちらでは原作どおり「獣王激烈掌」表記。
クロコダインの後継武器たる【獣王グレイトアックス】のメインスキル。
全体攻撃攻撃Aだった会心撃に対してこちらは補助特技Aの単体攻撃で、最大威力570%、CT22秒で75%で休み状態にする効果が付く。会心判定もあり。

ダイの大冒険 Edit

獣王【クロコダイン】が、死の大地での決戦を前に【バルジ島】の大渦の中での特訓であみ出した必殺技。
まず片手で【獣王会心撃】を放った後、もう片方の腕から逆回転の渦を放ち、掌を捻って重ねてその2つの渦を激突させて相手を挟み込んでねじ切る特技。差し詰め闘気の圧縮ローラー攻撃といったところで、耐久力のない相手なら挟み潰す事も可能と思われる。
全身【オリハルコン】の騎士(ナイト)【シグマ】の片腕をねじ切る威力を見せたが、素顔を晒した【ミストバーン】に対しては一瞬体勢を崩す程度で足止めにもならず、逆に闘気流の渦の間に衝撃波を飛ばされて破られてしまった。