Top > 【ギガクロスブレイク】


【ギガクロスブレイク】

Last-modified: 2019-09-09 (月) 07:50:45

概要 Edit

名前だけ見れば【ギガブレイク】をクロスさせる技を考えるが、初登場時はギガスラッシュをクロスさせる特技である。
初登場したDQM2における他の連携特技ラインナップを考えると、元ネタはギガブレイクの登場したダイの大冒険【アバンストラッシュX】関連であろう。
ちなみに当の【ダイ】本人は【ギガブレイク】の進化形である「ギガストラッシュ」と【アバンストラッシュX】を組み合わせた技を使った事はない。

DQ10 Edit

DQMJ2Pの影響で【ギュメイ将軍】が使用。範囲内の敵に光属性の大ダメージを2回与える。
詳しくはこちらを参照。

DQM2 Edit

【連携特技】の一つで、【ギガスラッシュ】を2体同時に使うと稀に発動する。
名前の通り二つのギガスラッシュが重なり合う、究極の剣技。
その威力は凄まじく、500~700のギガスラッシュ属性のダメージを敵全体に与える。
発動率が低くあまり発動しないが、その威力とエフェクトは一見の価値あり。
ルカ編でプレイしている人は一度は見てみよう。イル編の人は通信の協力プレイでのみ見ることが出来る。

DQMJ2P Edit

仕様を変えて久々に登場。
全てのMPを消費し、敵全体にイオ・デイン系の使用者のLv+0~199の斬撃ダメージを2回連続で与える。
説明に「ことがある」などと書いてあるとおり、ダメージの幅が一発あたりで200、合計で400とムラが非常に大きい。
さらに運よく2発とも大きなダメージを与えられたとしてもダメージは600弱程度。
同じ全MP消費の【マダンテ】の威力がほぼ768であることを考えると、
Lv☆の平均威力399とマダンテの約半分しかなく微妙。
【最強ドラゴン】【レティス】などデイン・イオブレイクがあるモンスターが使えば900以上のダメージを与えられることもあるが、
前述の通りMPをすべて使うため追い討ちが難しく、AIが勝手に使ってしまうこともあるため、基本的には覚えないほうがいい。
他のMP全消費特技と同様、MPが150以上ないと使えない点にも注意。
【キラーマジンガ】のスキルで習得すると、AIはやたらこの特技を使いたがり、
攻撃力が高いのに【海破斬】を使ってくれない、ということもしばしばあった。
 
敵ではすれ違い対戦に乱入してくる【カンダタワイフ】が使ってくるが、コイツはMPが無限にあるので何度でも使ってくる。
メガボディ補正もあり、スーパーハイテンションで食らうと一瞬で全滅するが、
ローテーションの関係でその事態だけは起こらないのだけは救いか。
属性が2つあるので、完全に無効化できるのは【メタル系スライム】【サージタウス】ぐらい。
 
ちなみに、発売前に公開されたPVで【ギュメイ将軍】が使用し、4桁にも及ぶダメージを与えていた。

テリワン3D Edit

基本的な威力はDQMJ2Pと同じ。
ただし、消費MPが固定100に変更された。
加えて、この特技の修得前には必ずマイナスの特性を修得してしまうようにもなっている。
上級体技を凌ぐ威力なので強いことは強いのだが、斬撃扱い故に普通に外れる上にアタックカンタに反射されてしまう上
マイナス特性を考えると相変わらず使いやすいとは言い難い。

イルルカ Edit

基本的な仕様はテリワン3Dと同じなのだが、デメリット特性を取得する必要が無くなったほか、ギガスラッシュやギガブレイク共々バイキルトが有効になっている。
バイキルトを併用することで圧倒的な威力のギガクロスブレイクを使えるようになり、強化された…と思いきや、二回連続で攻撃するという仕様により、どれだけテンションを上げてもテンションが乗るのは最初の一撃だけのためにアタックカンタで必ず二発目が反射されるというどうしようもない欠点がある(バイキルトは両方乗る)。
もっとも、アタックカンタ以外に防がれないため、これまでの使えなさと比べたら大幅に強くなっている。

DQMJ3 Edit

属性が氷結+電撃に変更されたほか、仕様が多少変更された。
テンションが2ヒット目にも乗るようになった反面、最大レベルでの与ダメージは下位のギガブレイクが260~300なのに対し、こちらは(49~102)×2となっている。
一応複属性ゆえ雷無効の相手にも効き、2種のコツが併用可能。
はだかいっかんや暴走機関などを併用すれば500以上のダメージも出せるので総ダメージでギガブレイクを上回ることは可能。

DQH Edit

1,2共々ラスボスを葬るのに二人の主人公がギガスラッシュとギガブレイクを放ってこれらしい技を発動させている。