【紙山満】

Last-modified: 2017-11-18 (土) 09:57:05

概要 Edit

【スクウェア・エニックス】所属のプログラマ。
 
学生時代にはDQ1を目コピでパソコン(X68000)に移植するなど、DQ愛あふれる人物で、スクウェア(当時)入社試験の際にはその移植版を制作物として持って行ったという。
FFCCシリーズ(3作目まで)のメインプログラマー。2,3作目ではディレクターも兼任した。
 
DQ10ではオフラインモード(プロローグである「エテーネ村のおはなし」、兄弟姉妹の冒険)のプログラマーチーフを担当し、本来サーバー側で処理していた部分もクライアントで扱わなければならないという難題をクリアしている。その後、3DS版「冒険者のおでかけ便利ツール」も担当した。
なお、紙山がDQ10を抜けてからはオフラインモードのメンテナンスが放置されてしまい、中文版やPS4/Switch版以降はオフラインモードが廃止されて「エテーネ村のおはなし」がオンラインで行われるようになった。
 
DQ11ではプログラマーのトップであるテクニカルディレクターを担当。
南米への取材旅行には堀井や内川と共に参加している。
UE4のローディングの問題を回避するため「井戸ルーラ」を検討するなど裏技に長ける一方で、FFCC時代は任天堂と、DQ11ではUEの開発元であるEpic Gamesと連絡を密にすることで問題の解決を早めている。