Top > 【青天の霧】


【青天の霧】

Last-modified: 2019-05-27 (月) 11:18:25

イルルカ Edit

イルルカで新たに登場した【霧】系の特技。消費MPは55。
これを使うと4ラウンドの間、スタンバイを含めた敵味方全体のダメージや回復量の上限を9999にする(通常時の上限は999)。
他の霧とは違って、「いきなりorときどき青天の霧」なる特性は存在しない。
よって、これを主軸にしたい場合は誰かに覚えさせて、戦闘中に使用する必要があるので注意。
【バーサーカー(スキル)】【ドーク(スキル)】【ジェノシドー(スキル)】などで覚える事ができる。
最も手っ取り早いのは【魔王の黙示録】が持っている【禁断の魔導書】
 
これを使えば【超ギガボディ】でなくとも限界突破ができるようになる。
ただし、【リホイミ】【自動HP回復】【自動MP回復】の効果、【自動MPダウン】の効果、【リザオラル】【てんしのきまぐれ】【ミラクルソード】の攻撃後に回復するHPの効果は、上限が変化しない。
 
この霧使用後に最大MPからの【ミナダンテ】を使えば凄まじいダメージが敵全体に入るのは想像に難くない。
もちろん、自分にもその危険が及んでいることを忘れてはならない。
【チェイン】をかけた後の総攻撃にも有効。
また、【白い霧】【リバース】等の霧系の打ち消しとしても使用することができる。
もちろんさらなる上書きや【ゼロのしょうげき】にも注意すべし。
上述通りいきなりorときどき系の特性が存在せず、他の霧やラウンドゼロのついでにゼロのしょうげきで殺されてしまう事もあるので、青天の霧を発現するのは他の霧に比べて困難だと言える。
 
ただし、【超ギガボディ】持ちの4枠モンスターは元からダメージ上限が9999なので、単体ではこの霧を覚えさせても全く意味はない。
だが、入れ替えありの戦闘においてスタンバイへの入れ替えを想定している場合なら話は別。

DQMJ3 Edit

これの扱いに特化したスキル【青天の霧マスター】が登場した。
強化して【青天の霧マスターSP】にすると同時にマダンテも習得できるのでこれ一つでお手軽コンボが完成する。
しかし、今回は【アイアンゲイザー】【悪夢のよびごえ】と言った特定のステータス依存でダメージ限界200の特技が流行している為、ますます自分の首を絞める事になりかねない状況が多くなっているので注意したい。
また、効果が2ラウンドに減少している為、自動MP回復だとマダンテを撃った後に次の攻撃を使う余裕がほとんど無い。
 
更に今作では特性に「ときどき青天の霧」が追加された。
ほかの霧と違ってこちらの行動が妨げられないので、スキップやリバースパーティーに対抗するためにときどき霧系の特性を持たせるならこれが最も扱いやすい。

余談 Edit

  • 特技名の由来は、経済あるいは麻雀の用語である「青天井」という言葉だと思われるが、「青天の霹靂」のように「晴」天の霧とよく誤植される。
  • スーパーライトでは「青い霧」という霧が存在する(特技ではなく対戦時の特殊ルールの1つ)が、これは息を封じる霧であり、この特技とは関係ない(そもそもスーパーライトにはダメージ上限は存在しない)。