【魔龍】

Last-modified: 2021-04-12 (月) 12:56:25

概要

【かねこ統】のスライムの漫画に登場する悪しき龍。「マロン」と読む。

スライム冒険記

本作のラスボス。作中登場する最強のドラゴン。
遥か昔、世界を荒らし回り【勇者】の力をもってしても倒せなかったため火山に封印されていた。
 
中盤以降閑話を挟みながら魔龍との戦いが話のメインになる。
倒されてもその都度姿を変え復活し【スラきち】達と戦う。
弱点は【デイン系】で、喰らうと大ダメージを受け麻痺状態になる。
眉間に勇者の剣を刺されると倒される。

一回戦

世界征服を企むドラゴンテイマーの【ヒッパチャック】によって封印を解く鍵である【勇者の剣】、勇者のヨロイ、勇者のタテ勇者のカブトを火口に投げ入れられ復活したかに見えたが、剣が偽物だったため、お腹がつっかえて上半身だけ復活、周辺を火の海に包んだ。
その後、【ジジイ】が持ってた【へんげのつえ】で人間の女の姿になり小型化したことで完全復活。
女体化はすぐに解け、ヒッパチャックの世界征服に従い、あちこちで暴れまわる。
その間本物の勇者の剣と【勇者のしるし】を見つけ出し、スーパースラきち(略して【スパきち】)にパワーアップしたスラきちと再戦、援軍に現れた【ライ蔵】【ギガデイン】で麻痺したところに弱点の眉間に剣を突き立てられ倒された。

二回戦

スラきちに復讐したい【マコ】の助力で龍人(ドラゴンマン)の姿で復活。知能も増し喋れるようになった。
自我も増したのかヒッパチャックに反乱し殺害、自らの意思で活動を開始する。
手から強力な光弾を放って【ヨーゼフ】を消し去ったり、ライ蔵の翼を引きちぎったりと龍形態よりも強さが増した。
だが、スラきちのギャグで調子を狂わされ、ならばギャグに乗った振りをして隙を狙おうと考えたところ、遊び始めたスラきちにウッカリ剣を眉間に刺され滅びた。

三回戦

地下世界イキガルドの魔道士ウチネに取り付き二重人格の状態で地下の住人の魂を吸い取り力を蓄えていた。
地上で復活した際火口に投げ入れられ地下世界に落ちてきた勇者の装備一式を回収して自ら纏い、スラきち達を迎え撃つが、一時的に正気を取り戻したウチネが弱点を覆っていた兜を外したため露出した眉間に剣が突き刺さり倒された。
しかしその魂は地上に逃れた。

四回戦

魔龍を龍神の化身と信じる裟龍(サロン)を操り、武器仙人に無理矢理作らせた【オリハルコン】製のボディで復活した。
スラきち達を圧倒するが勇者の装備一式と勇者の印を纏い真の勇者となったスラきちが放った増幅ギガデイン(【テラデイン】)で麻痺したところに剣を突き刺され完全に滅んだ。

スライム大作戦

【スラひこ】【バボル】とのクエクエカードゲームで魔龍のカードを出した。
しかし、バボルが出した封魔のツボのカードで無力化され、敗北してしまう。

スライムもりもり

魔地大戦よりもはるか大昔、地上界を一瞬で火の海に変えたとされる。
勇者(恐らくスラきち)に倒され怨念化し、【魔架龍】に憑依していたが、【ライコネン】の「カッテーニ・ミナデイン」で邪気が弱まってしまった。