モンスター/【パンデモニウム】

Last-modified: 2018-07-19 (木) 02:15:28

関連:幻獣/【パンデモニウム】地名・地形/【パンデモニウム】


FF11

アトルガンコンテンツの一つ「花鳥風月」で最終討伐対象として指定されるモンスター。
「万魔殿の鍵」を用いることでその姿を現すらしいが…。


実際に闘うことができるのは万魔殿の門番たる「パンデモニウム・ウォーデン(Pandemonium Warden)」。
「パンデモニウム」とは特定の場所のことを指すようだ。

FF12

リドルアナ大灯台下層・黒き石室のボスで、天陽の繭を守る三体の守護獣のうちの一体。
ストンプレス押しつぶしなど、タイタス系の得意とする技を使うのが特徴で、
HPが残り少なくなると絶対防御を使用し、魔法障壁完全マバリアを得て
こちらの攻撃を完全無効化してくる。
しかしさほど攻撃力が高いわけではないのでそんなに苦労する相手ではない。
それにしても甲羅が玄武岩で覆われているといい北方を守る神といい、
玄武神をモチーフにしたのではないだろうか。

  • 絶対防御と魔法障壁を使ってきたら、優しくアレイズを掛けてあげよう。「ああ、この人たちは敵じゃないんだ」とばかりに解除してくれる。まあ、のんびり補助魔法をかけ直しつつ、待っててもいいが。

後にHモブ闇神のお供として召喚される。

  • HではなくSランクモブ。
    この時同じく召喚されるのはシャーリートフェンリルフェニックス
    明らかに玄武、青龍、白虎、朱雀をモチーフにしている。
  • 闇神戦では上記の防御性能に加えて終盤に得る回避無視での追撃で盾役が死にやすい。
    恐らくお供の中で一番厄介な敵と思われる。

FF12のタイタス系と打って変わってコイツの歩行速度は操作キャラと同じくらいなので、
マラソン戦法は使えない。素早く脚を動かすと同時に上下する巨体は正直言って不気味。


アルケイディア帝国の飛空艇の中に、パンデモニウムの名前を持つ者がいる。

PFF

単体としても登場するが、闇神一味としても登場する。
水属性弱点、無属性以外の全属性半減。かたい。
一味の場合は最初にパンデモニウムが単体で登場する。
フラッシュなどを使い、HP半分くらいに減ると天井がかかり、シャーリートが登場するまでノーダメージになる。
倒すとフェンリルが登場する。闇神が居る時はシャーリートが登場する。