Top > 地名・地形 > 【星の体内】


地名・地形/【星の体内】

Last-modified: 2019-10-05 (土) 22:59:49

FF7 Edit

ラストダンジョン・大空洞の奥。
ここまで入ってしまうと後戻りは出来ず、残された道はセフィロスを討ちエンディングを見るか、
戦いに敗れて星に還るか、このどちらかしかない。
ジェノバ・SYNTHESISとの戦いまでは常にJ-E-N-O-V-Aが流れるためテンションも上がる。
ムービーが背景で流れている為画面が重い。
ムービーずれが発生していると、ムービーが終わった後画面が軽くなる。

  • 処理落ちで岩から岩へ飛び移る動作が遅いのだが、演出的には逆にそれがカッコイイ気がする。
    • むしろプレイしていた当時はあれがああいう演出なのかと思ったくらい。
      スローモーションになってる!カッケー!みたいな。

出現モンスターは鉄巨人ドラゴンゾンビアーリマン。1段降りる毎に高確率でエンカウントするので鬱陶しい。
どうせ倒してもラスト3連戦にしか反映されないので、逃げの一手でも全く問題ない。


ジェノバ・SYNTHESISを倒した直後に足場が崩れ、セフィロスのいる空間に辿り着く。

DFF Edit

マップの一つとして登場。
下部にあるやや広い中央の足場を中心に、小さな岩場がいくつか点在している。
マップ端は壁扱いで壁走りもでき、縦に長く横に狭い円柱型のステージとなっている。
全ての足場は攻撃によっては破壊されることがあり、しまいには足場が無くなってしまうこともある。
おまけに、最下部は全てデジョントラップになっているため、叩き落とされる攻撃は受けると危険。
マップから展開されるライフストリームには乗ることができるので、
壁面への壁登りも併せて使用して空中戦を展開していくのが、このマップでは重要となる。
高低差に強い技を持っているキャラが有利となるだろう。

ギミックの追加される真マップでは時間が経つと足場が最下段の大きなものだけになり、
複数のライフストリームが飛び交う完全に空中戦主体のステージと化す。


足場がせまいのでジャンプとエアダッシュを駆使しないとデジョントラップのえじきになる。
獄門を使い投身自殺するセフィロス氏がよく見られる。

  • 今になって星に還ろうとしているんだろうか?
    • マザーコンプレックスを持つ人の中には母親の中に還りたい願望がある人もいる、
      ということを表現したかった…なんてことはないか。
  • LOで獄門使用時と似た台詞を言いつつ投身自殺していたので、その再現とか輪廻…なのだろうか。

EXコアは最下段の足場を除いて、(恐らく)すべて円柱の上に出現する。
円柱を壊してしまうと別の円柱へとワープしてのでコアを取りたい場合は繊細な操作を要求される。
エアダッシュで近くまで飛んだ後はジャンプで近づくと安定して取れる。


ここの最下層に落ちたら魔晄中毒になりかねないのではなかろうか。
まあ7組は一度経験済みではあるが。

  • 全員、落ちても平気な精神力を持ってるんじゃないかな?

CPU戦のときにこのステージになるととてもめんどくさい。ただでさえ戦いにくいのにCPUは無駄にムーブアクションを使ってグルグル回り始める。
真マップだとさらに回る。

  • 敵が弱いと、さっさと倒せるはずなのにムーブアクションによるガン逃げによって無駄な時間を食う。
    敵が強いと、ただでさえ長引く戦闘が余計長引き、下手すればストレスと敵の不意打ちでやられる。
  • DDFFでも変わらない。というより前より酷くなった気がする。セシルがサーチライトバカになったり、CPUは頭が悪くなった気がする。
  • 逃げておいて「弱者に強い」を使われたら本気でイラっとくる。
    • 素振りを繰り返してアシストゲージをためると「弱者に強い」も防止できて一石二鳥。

真マップで一定時間後に甲高い音と共に中央以外の足場が無くなる。
この瞬間にEXバーストを発動させると背景がおかしくなるバグがある。
とはいえ見た感じは中々幻想的な風景になるので見てみるのも悪くない。

DDFF Edit

特に変更は無いが最下層の足場から1段下がった黒い足場にアシストが出現した場合、
足場から滑り落ちてしまう現象が見られる。
足場に立った状態で皇帝を呼ぶのが一番楽に再現可能。
また、地上に立っているはずが空中アシストが出現したりと判定も曖昧。

FFB Edit

異世界(25th Part1)の3つ目のエリアとして登場。
直前のビッグブリッジクリア時に仲間になるクラウドが「あのときの決着をつけなければ」
と言っているので、なんとなく進行に合ったエリアとなっている。