コンポーネント一覧/Input

Last-modified: 2019-12-02 (月) 22:29:23
Counter: ?, today: ?, yesterday: ?

現在?人閲覧中

 

コンポーネントを追加・編集する場合は、ABC順に並べて下さい。

 

Input
 └特殊フォーマット


目次

 

AC3 decoder Edit

ファイル名
foo_ac3
URL
http://kode54.foobar2000.org/
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_ac3
対応フォーマット
AC3
概要
米 Dolby 社が開発し、DVD の音声コーデックとしてよく使われる AC3(Audio Code number 3)形式のファイルを再生。

AC3 Packet Decoder Edit

ファイル名
foo_packet_decoder_ac3
URL
http://dl.matroska.org/downloads/foobar2000/
対応フォーマット
AC3 / MKA (AC3 Audio)
備考
Matroska コンテナの中の AC3 はこちらを使わないと再生できない。
備考
v0.9.6より正式にMatroska コンテナに対応したため現在では不要になりました。
既にこのコンポーネントをインストールしている場合は、手動で削除する必要があります。

Acro WMA decoder Edit

ファイル名
foo_input_wmx
URL
http://acropolis.lokalen.org/
http://foobar2000.xrea.jp/up/files/up1128.7z
対応フォーマット
wma
概要
WMA のデコードとタグサポート。

ALAC decoder Edit

ファイル名
foo_input_alac
URL
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_input_alac
対応フォーマット
M4A
概要
可逆圧縮フォーマット ALAC(Apple Lossless Audio Codec)の再生。
備考
以前はiTunes で作成した MPEG-4 AACファイルをデコードできなくなるバグがあったが、Version 1.0.3以降では解決されている模様。
なお、Apple 社は ALAC のソースを公開しておらず、このデコーダはリバースエンジニアリングされたソースを基にしていると思われる。
(参考:http://craz.net/programs/itunes/alac.html)
オープンソース化され、v1.1.10から取り込まれた為v1.1.10以降では不要になりました。
既にこのコンポーネントをインストールしている場合は、手動で削除する必要があります。

AviSynth decoder Edit

ファイル名
foo_input_avs
URL
http://kode54.foobar2000.org/
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_input_avs

CD Audio decoder Edit

ファイル名
foo_cdda
対応フォーマット
音楽CD
概要
インストーラ同梱の CD 再生コンポーネント。
備考
音楽 CDは File -> Open audio CD -> ドライブ選択 -> Play or Add Playlist または cda の関連づけから再生する。
ドライブを認識しない場合は Nero ASPI (f tp://ftp6.nero.com/wnaspi32.dll) 又はAdaptec ASPI を導入する。

DSDIFF Decoder Edit

ファイル名
foo_input_dsdiff
URL
http://kode54.foobar2000.org/
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_input_dsdiff
概要
DSDファイルのデコーダー

DTS Decoder (Acropolis') Edit

ファイル名
foo_dts
URL
http://acropolis.lokalen.org/2006/10/foobar2000/my-foobar2000-components/
概要
DTS デコーダー

DTS Decoder Edit

ファイル名
foo_input_dts
URL
http://kode54.foobar2000.org/
http://www.foobar2000.org/components/author/kode54/by+date
対応フォーマット
DTS
概要
映画館の業務用サラウンドサウンド用に開発され、DVD の音声コーデックとしても使われるDTS (Digital Theater Systems) の再生。

DTS-HD Decoder Edit

ファイル名
foo_input_dtshd
URL
http://sourceforge.net/projects/dvdadecoder/files/
概要
DTS-HDマスターオーディオ (次世代DVD規格 (ブルーレイディスク・HD DVD) でオプションとして採用された音声規格) デコーダ。

DVD-Audio Decoder and Watermark Detector Edit

ファイル名
foo_input_dvda
URL
http://dvdadecoder.sourceforge.net/
http://sourceforge.net/projects/dvdadecoder/files/
概要
DVD-Audio デコーダー。
.IFO .MLP .ISO 等のイメージファイルに対応。
ウォーターマークの検出も行う。
関連
DVD-Audio Decoder and Watermark Detector
参考
用語辞典:ウォーターマーク

Flash Video Decoder Edit

ファイル名
foo_flv
URL
http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?showtopic=86913
対応フォーマット
FLV
概要
FLV (Flash Video) の再生。
上記のリンク先フォーラムから、最新版を探してDLして下さい。
 
v0.9.6からfoobar2000 v1.2系に対応。

HDCD Decoder Edit

ファイル名
foo_hdcd
URL
http://kode54.foobar2000.org/
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_hdcd
概要
HDCDの再生。

Matroska Plugin Edit

ファイル名
foo_input_matroska
URL
http://dl.matroska.org/downloads/foobar2000/
対応フォーマット
MKA / MKV
概要
Matroska コンテナに入れた音楽ファイル MKA の再生。日本では割と人気の形式だが、海外では MKV のおまけ程度の認識らしい。
そのためか、なかなか v0.9 対応版が出ず日本人作者が unofficial 版を完成させ、本家 Matroska に正式採用された経緯がある。
備考
v0.9.6より正式にMatroska コンテナに対応したため現在では不要になりました。
既にこのコンポーネントをインストールしている場合は、手動で削除する必要があります。

MIDI decoder Edit

ファイル名
foo_midi
URL
http://kode54.foobar2000.org/
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_midi
対応フォーマット
MID / RMI
概要
MIDIファイルの再生。通常のMIDIファイル(.mid)やRIFF MIDI(.rmi)に対応。また、ファミコンや MSX の音源をエミュレーションして MIDI を再生する Emu de MIDI (emidi) による MIDI 演奏が foo_midi 単体で可能。
Sound Canvas VST や Hyper Canvas のような GM 互換の VSTi (VSTインストゥルメント) を利用することによって MIDI を演奏する事も可能。([Preferences]->[Advanced]->[Playback]->[Midi Decoder]->[VSTi search path]からパスを設定しておくこと)
備考
VSTi は実質、Virtual Sound Canvas VST 専用。(v0.8 系とは異なり DXi から VST に変更)
Emu de MIDI による MIDI 演奏には約 1GHz 以上の CPU が必要。

Monkey's Audio Edit

ファイル名
foo_input_monkey
URL
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_input_monkey
旧バージョン
http://foobar2000.xrea.jp/up/files/up1057.7z
対応フォーマット
APE / APL / MAC
概要
可逆圧縮フォーマット Monkey's Audio の再生。

mslive (mslive streaming support) Edit

ファイル名
foo_input_msl (旧 foo_input_mslive)
URL
http://acropolis.lokalen.org/
http://foobar2000.xrea.jp/up/files/up1128.7z
概要
ストリーム配信の mms / rtsp サーバに対応。

OMA/3GP Decoder Edit

ファイル名
foo_input_oma
URL
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/art/se492660.html
対応フォーマット
oma / 3gp / OMG / KDR
概要
ソニーが開発したATRAC3およびATRAC3plusATRAC Advanced Lossless と3GPPコンテナに格納されたAACの再生に対応したプラグイン。Sony Media Library Earthを用いるためx-アプリSonicStageBeatJamLismo Portのいずれかが必要である。

OptimFROG Lossless Audio Compression Edit

ファイル名
foo_input_ofr
URL
http://www.losslessaudio.org/
OptimFROG decoder by Case
http://www.saunalahti.fi/cse/foobar2000/?changes=foo_input_ofr
対応フォーマット
OFR / OFS
概要
可逆圧縮フォーマット OptimFROG の再生。

Shorten decoder Edit

ファイル名
foo_input_shorten
URL
http://foosion.foobar2000.org/components/
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_input_shorten
対応フォーマット
SHN
概要
可逆圧縮フォーマット Shotern の再生。

SPDIF support Edit

ファイル名
foo_spdif
URL
http://www.ga.cba.pl/
対応フォーマット
AC3 / DTS
概要
AC3 と DTS の SPDIF パススルーをサポート
foo_ac3foo_input_dts と併用する場合は、音楽ファイルの拡張子を.spdifにする
上記URLはプロキシを挿すことでアクセス可能。

Standard input array Edit

ファイル名
foo_input_std
概要
インストーラに含まれる標準 Input コンポーネント。
対応フォーマット
  • 対応コーデック:MPEG Audio(MP1 / MP2 / MP3) / AAC(ADTS / MP4) / Musepack(mpc / mpp / mp+) / Vorbis / Speex / FLAC(flac / fla) / Opus / WMA / ALAC / WavPack / Linear PCM
  • 対応コンテナ:MP4(mp4 / m4a / m4b / m4r) / MKA / OGG(ogg / oga / ogx) / WAVE(wav / wave) / WAVE64 / AIFF(aiff / aif / aifc / afc) / Sunオーディオ(au / snd) / 8SVX(8svx / svx)
  • 対応プレイリスト:M3U / M3U8 / Winampプレイリスト(pls) / foobar2000プレイリスト(fpl)
  • 対応ストリーミングメディア・メタファイル:Windows Mediaメタファイル(asx / wax / wvx)
  • その他:CDDA / CUEシート
備考
WMA のタグの書き込みは、v0.9.4 beta3 以降で対応。
エラーメッセージ
  • ERROR (foo_input_std) : referenced file doesn't exist
    • cue シートの参照元ファイルが存在していない。cue シートをエディタで開いて、FILE 行でファイルが正しく参照されているか確認すること。
  • ERROR (foo_input_std) : Channel coupling not yet implemented
    ERROR (foo_input_std) : Gain control not yet implemented
    ERROR (foo_input_std) : Invalid number of channels
    ERROR (foo_input_std) : Maximum number of scalefactor bands exceeded
    ERROR (foo_input_std) : MP4: decode error.
    • DRM で保護された MP4 / M4A / M4P ファイルで表示されることがある。

Super Audio CD Decoder Edit

ファイル名
foo_input_sacd
URL
http://sacddecoder.sourceforge.net/
概要
SACD、DSDIFFファイル、DSFファイルの再生。

TAK Decoder Edit

ファイル名
foo_input_tak
URL
http://www.foobar2000.org/components/view/foo_input_tak
対応フォーマット
TAK
概要
Monkey's Audio に迫る圧縮率と Flac に迫るデコード速度をあわせもった可逆圧縮フォーマット TAK の再生。
使用するには tak_deco_lib.dll を foobar2000.exe 本体のあるディレクトリに、foo_input_takはcompornentsフォルダに置く必要がある。
備考
Lossless Codec Comparison by Synthetic Soul
dsfTAKSource (TAK DirectShow Filter)
このコンポーネントを使用してアプリケーションがクラッシュする場合、代替コンポーネントが用意されているのでそちらを使うと良い。

TTA Audio Decoder Edit

ファイル名
foo_input_tta
URL
http://www.true-audio.com/Free_Downloads
対応フォーマット
TTA / MKA(TTA Audio)
概要
可逆圧縮フォーマット TTA(The True Audio)の再生。かつての unofficial 版と同じ作者によるもの。
New TTA plugins released - by ald (TTA lossless compressor developer)

WavPack Packet Decoder Edit

ファイル名
foo_packet_decoder_wavpack
URL
http://dl.matroska.org/downloads/foobar2000/
対応フォーマット
WV / MKA (WavPack Audio)
備考
Matroska コンテナの中の WavPack はこちらを使わないと再生できない。
備考
v0.9.6より正式にMatroska コンテナに対応したため現在では不要になりました。
既にこのコンポーネントをインストールしている場合は、手動で削除する必要があります。

XM Radio Online player Edit

ファイル名
foo_xm
URL
http://www.maroonspoon.com/foo_xm/
概要
XM Satellite Radio の再生。