Top > サポート

サポート

Last-modified: 2019-09-30 (月) 07:07:51

サポートモジュールとは

サポートモジュールはすべての船にインストールすることができる。
テトラへドロンを研究したときに発見される設計図を集めることでアップグレードできる。



EMP Edit

emp.png
アクティベートモジュール。範囲内のすべての船・ロケット等の移動と攻撃を中断させる。
設計図はレベル2以上のテトラへドロンから発見される。
発動中、移動と武装モジュールによる攻撃は停止するが、他のモジュールの使用やジャンプゲートの使用は可能。
WS内では効果持続時間、クールダウン時間がそれぞれ600倍される。(クールダウンは一律で48時間。)
以下、原則としてモジュールの効果時間やクールダウンは600倍が基準となる。

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間効果範囲効果持続時間
(WS)
{BLS}
クールダウン(WS)作動コスト(水素)インストールコスト
112,5002時間120AU30秒
(5時間)
{10秒}
4分48秒
(2日=48時間)
40500
2505,0004時間33秒
(5時間30分)
{11秒}
80750
325025,00012時間36秒
(6時間)
{13秒}
1501,000
41,00050,0001日38秒
(6時間20分)
{15秒}
2501,500
52,500100,0002日40秒
(6時間40分)
{17秒}
4002,500
65,000250,0003日42秒
(7時間)
{19秒}
6005,000
710,000500,0004日44秒
(7時間20分)
{22秒}
8007,500
815,0001,000,0005日46秒
(7時間40分)
{25秒}
1,00010,000
920,0002,000,0006日48秒
(8時間)
{28秒}
1,25012,500
1025,0004,000,0007日50秒
(8時間20分)
{31秒}
1,50015,000
1150,0006,000,00010日52秒
(8時間40分)
{34秒}
1,75017,500
1280,0008,000,00010日54秒
(9時間)
{37秒}
2,00020,000

テレポート Edit

teleport.png
アクティベートモジュール。範囲内の任意の星・施設または小惑星帯にテレポートできる。
英語版ではTeleport。teletpと略される。設計図はレベル2以上のテトラへドロンから発見される。
起動時に5秒間の待機時間があり、その後に指定したポイントにジャンプする。(WS内では4時間)

中~上級者の戦艦/輸送艦によく搭載される人気のモジュール。
戦艦なら交戦からの離脱や奇襲、輸送艦なら危険セクターのパスや単純な高速移動手段としても利用される。
また、発動するとウェイポイントがキャンセルされるため、インターセプターを誘導する際に活躍する。
宇宙船やモジュールの開発が進む中盤以降は、テレポートの方が低燃費な移動手段となる。
尚、最大テレポート距離辺りの燃費効率はテレポートLv7で最大となる。

WS内では効果範囲が変わるほか、クールダウン時間も通常の600倍ではない。

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間効果範囲(WS)
{BLS}
最大移動効率(hyd/100AU)クールダウン(WS)作動コスト(水素)インストールコスト
118,0002時間200.0AU (300AU)
{175AU}
25.06分
(1日12時間)
50500
25012,0004時間270.0AU (330AU)
{200AU}
29.680750
320025,00012時間364.0AU (360AU)
{220AU}
41.21501,000
460050,0001日492.0AU (400AU)
{250AU}
40.72001,500
51,500100,0002日664.2AU (440AU)
{285AU}
37.62502,500
64,000250,0003日896.6AU (485AU)
{325AU}
33.53005,000
710,000500,0004日1,210.4AU (535AU)
{365AU}
28.93507,500
820,0001,000,0005日1,634.0AU (580AU)
{410AU}
30.650010,000
930,0002,000,0006日2,250.0AU (650AU)
{460AU}
35.680015,000
1040,0004,000,0007日3,000.0AU (700AU)
{540AU}
33.31,00020,000
1150,0006,000,00010日3,000.0AU (750AU)
{600AU}
41.71,25022,500
1260,0008,000,00010日3,000.0AU (800AU)
{650AU}
50.01,50025,000

レッドスター・ライフエクステンダー Edit

rse.png
アクティベートモジュール。レッドスターの残り時間を延長することができる。
英語版ではRed Star Life Extender。頭文字からRSEと略される。
設計図はレベル2以上のテトラへドロンから発見される。
名前の通りレッドスター内でしか使用することができない
特に高レベルのレッドスターになると戦闘に時間が要することが多く、重宝される。

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間効果範囲延長時間クールダウン作動コスト(水素)インストールコスト
118,0002時間2000AU
(RS全体)
15秒1時間801,000
25012,0004時間22秒1201,500
320025,00012時間30秒1602,500
460050,0001日35秒2004,000
51,500100,0002日40秒2507,500
64,000250,0003日45秒32010,000
710,000500,0004日50秒40015,000
820,0001,000,0005日60秒50020,000
930,0002,000,0006日75秒60025,000
1040,0004,000,0007日90秒75030,000

リモート修復 Edit

remoterepair.png
アクティベートモジュール。範囲内のダメージを受けた味方の戦艦の船体耐久力を徐々に回復する。
英語版ではRemote Repair。設計図はレベル3以上のテトラへドロンから発見される。
レベルが上がるにつれて効果範囲・時間と修復速度が上昇する。RS内では他のプレイヤーの戦艦も修復できるほか、WS/BLS内においては自チームの戦艦のみを修復する。ダメージを負ってイエロースターに帰還した戦艦の修復を早めることにも使えるため、活躍の場は少なくない。

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間効果範囲効果持続時間
(WS)
{BLS}
修復速度
(WS)
総回復量クールダウン
(WS)
作動コスト(水素)インストールコスト
118,0004時間40AU30秒
(5時間)
{45秒}
60/秒
(360/時)
1,80020分
(8日8時間=200時間)
1001,000
22012,0008時間50AU35秒
(5時間50分)
{45秒}
70/秒
(420/時)
2,4502001,500
310025,00016時間60AU40秒
(6時間40分)
{45秒}
80/秒
(480/時)
3,2003002,500
430050,0001日70AU45秒
(7時間30分)
{45秒}
100/秒
(600/時)
4,5004004,000
5600100,0002日80AU50秒
(8時間20分)
{45秒}
120/秒
(720/時)
6,0005005,000
61,500250,0003日90AU55秒
(9時間10分)
{45秒}
140/秒
(840/時)
7,7006006,000
74,000500,0004日110AU60秒
(10時間)
{45秒}
170/秒
(1,020/時)
10,2007008,000
88,0001,000,0005日130AU65秒
(10時間50分)
{45秒}
200/秒
(1,200/時)
13,00080010,000
915,0002,000,0006日150AU70秒
(11時間40分)
{45秒}
240/秒
(1,440/時)
16,80090012,500
1030,0004,000,0007日170AU80秒
(13時間20分)
{45秒}
280/秒
(1,680/時)
22,4001,00015,000
1145,0006,000,00010日170AU90秒
(15時間)
{45秒}
320/秒
(1,920/時)
22,4001,25017,500
1260,0008,000,00010日170AU100秒
(16時間40分)
{45秒}
360/秒
(2,160/時)
22,4001,50020,000

タイムワープ Edit

timewarp.png
アクティベートモジュール。敵・味方を問わず範囲内のすべての時間を速める。効果としてはタイムモジュレーターに近い。
英語版ではTime Warp。twと略される。設計図はレベル3以上のテトラへドロンから発見される。

研究ステーションの近くで使用すれば研究時間が加速、建設中・アップグレード中の宇宙ステーションでは建築時間が加速する。
範囲内の船・ロケットは移動速度、攻撃速度、モジュールのクールダウン速度が加速する。
輸送船ならアーティファクトやレリックの積み込みも加速。モジュールの効果持続時間も加速(短縮)となる。
複数のタイムワープの効果は重複せず、最もレベルの高い効果のみが適用される。

このモジュールの効果時間はどのレベルも2分(WSでは24時間)で、この効果時間がタイムワープの効果で加速されることはない

タイムワープは範囲効果のため、艦隊に2~3個装備していれば相互にクールタイムを短縮し、常時展開も可能。
パッシブシールドのチャージを早めたり、モジュールのクールダウンを短縮したり、
味方艦の火力向上や戦闘時間の短縮を狙ったりと、様々なシーンで活躍する。
イエロースター内で建築や研究、戦艦の修理等を早めることも可能だが、加速で得られる実時間はLv1で約20秒、Lv10で約157秒となる。
これに対し、対価となる水素は決して安くはないため、帝国の燃料事情と相談する必要がある。

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間効果範囲効果持続時間
(WS)
タイムファクタークールダウン
(WS)
作動コスト(水素)インストールコスト
118,0004時間200 AU2分
(24時間)
x1.205分
(2日2時間=50時間)
501,000
22012,0008時間x1.30801,500
310025,00016時間x1.401502,500
430050,0001日x1.502004,000
5600100,0002日x1.602507,500
61,500250,0003日x1.7030010,000
74,000500,0004日x1.8035015,000
88,0001,000,0005日x1.9050020,000
915,0002,000,0006日x2.0080022,500
1030,0004,000,0007日x2.201,00025,000
1145,0006,000,00010日x2.401,20027,500
1260,0008,000,00010日x2.601,40030,000

ユニティ Edit

unity.png
アクティベートモジュール。同じセクターにいる味方の数に応じて攻撃力を上昇させる。
英語版ではUnity。設計図はレベル3以上のテトラヘドロンから発見される。
レベルが上がるにつれて、1プレイヤーあたりの増加量が増える。上限はレベルによらず+200%まで、すなわち3倍が最高となる。
仲間との連携が必要な場面、特にホワイトスターでは1つの戦略として採用するのもアリ。効果持続時間が15分(WSでは6日と6時間)となっており、基本的にはRS/WSで開始から終了まで使用できる。
(例:レベル7のユニティを起動させた場合、素の攻撃力にプラスして他の味方プレイヤー1人が同じセクター内にいる場合は+30%、2人なら+60%と加算されていく。7人の場合は+210%ではなく上限の+200%となる。)

戦艦以外の船には搭載できない。

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間増加量(/人)効果持続時間
(WS)
クールダウン
(WS)
作動コスト(水素)インストールコスト
1112,0004時間18%15分
(150時間=6日6時間)
20分
(8日8時間=200時間)
1002,500
22025,0008時間20%2003,750
310045,00016時間22%3005,500
430090,0001日24%4008,250
5600170,0002日26%50012,500
61,500300,0003日28%60018,000
74,000600,0004日30%70025,000
88,0001,000,0005日33%80030,000
915,0002,000,0006日36%90035,000
1030,0003,000,0007日40%1,00040,000
1145,0004,000,0007日45%1,25045,000
1260,0005,000,0007日50%1,50050,000

サンクチュアリ Edit

sanctuary.png
パッシブモジュール。破壊された時に船を自分のイエロースターに戻す。
英語版ではSanctuary。Sancと略されることが多い。設計図はレベル3以上のテトラヘドロンから発見される。
船が破壊された時にのみ効果を発揮し、アップグレードは無い。
RS/WS内で破壊された場合はそれぞれのスキャナーに帰還し、イエロースター内では造船所に最も近い惑星に帰還する。
なお、輸送中に輸送船が破壊された場合、積み込んでいる貨物/アーティファクト/レリックを持ち帰ることはできない。採掘船が破壊された場合も同様に、船体に収集している水素を持ち帰ることはできない
宇宙船が高レベルになってくると新たに造り直すコストも増えるため、万が一の場合に備えて船を残しておきたい場合は必ず装備させよう。特に戦艦は建造自体のコストが掛かるだけでなく武装モジュール・サポートモジュールのインストールコストも決して安くはなく、ほぼ必須のモジュールと言ってよい。
また、RS/WSにおいてゲートまで戻ってくる水素を節約したい場合、あえてサンクチュアリを装備した船を放置しておくことで自動的に帰還させるテクニックもある。(その場合も上記の通り、貨物等は持ち帰ることができない。)
敵の攻撃だけでなく、RS/WSの爆発(スーパーノヴァ)による破壊にも対応している。

ブルースターではサンクチュアリを搭載した艦で勝利してもクレジット報酬を得られない。水素とフラグメントは通常通り入手できる。
RSにおいてサンクチュアリを装備した船が破壊された場合、そのRS中は置き替えることができない。
特に戦艦を上限まで送り込んでいる場合には、一体でも破壊されると追加で戦艦を投入することができないので注意。

レベル必要設計図数アンロックコストアンロック時間追加水素消費量インストールコスト
1150,0001日2.0/100AU5,000

ステルス Edit

stealth.png
アクティベートモジュール。一定時間船が攻撃を受けなくなるが、攻撃を与えることもできなくなる。
英語版ではStealth。設計図はレベル4以上のテトラヘドロンから発見される。
レベルに応じて効果持続時間が延びる。敵の攻撃のターゲットを変えたい時だけでなく、交戦を避けたい場合にも有効。
WS内では効果時間が1,200倍になる。(クールダウンは通常通りの600倍。)

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間効果持続時間
(WS)
{BLS}
クールダウン
(WS)
作動コスト(水素)インストールコスト
1125,0008時間15秒
(5時間)
{8秒}
5分
(2日2時間=50時間)
501,000
25050,00016時間20秒
(6時間40分)
{10秒}
601,500
320075,0001日25秒
(8時間20分)
{12秒}
722,200
4600100,0002日30秒
(10時間)
{14秒}
863,300
51,500200,0003日35秒
(11時間40分)
{16秒}
1035,000
64,000350,0004日40秒
(13時間20分)
{18秒}
1237,500
710,000550,0005日45秒
(15時間)
{20秒}
14710,000
820,000800,0006日50秒
(16時間40分)
{23秒}
17615,000
930,0002,000,0007日55秒
(18時間20分)
{26秒}
21120,000
1040,0004,000,00010日60秒
(20時間)
{29秒}
30022,500
1150,0006,000,00010日65秒
(20時間40分)
{32秒}
50025,000
1260,0008,000,00010日70秒
(21時間20分)
{35秒}
70027,500

防備強化 Edit

fortify.png
アクティベートモジュール。一定時間敵の攻撃を引き受け、シールド、及び船体の被ダメージを軽減する。
英語版ではFortify。設計図はレベル4以上のテトラヘドロンから発見される。

RPGで言う所の「挑発」に近い効果を発揮し、味方をかばう事ができる。
敵艦は防備強化を起動している艦を常に優先攻撃目標とし、射程内に防備強化艦が入ると即座にターゲットを切り替える。
防備強化艦がセクタ内に出現した場合は交戦中であっても積極的に移動を始め、射程内に防備強化艦が入るとやはりターゲットを切り替える。
上手く利用すればコロッサスのレーザーを初期化したり、味方が沈む直前にターゲット引き受けて、ダメージを分散させるような運用が可能となる。
このターゲット切り替え効果はセクター内のみ有効、セクター境界線を跨いで交戦している場合は機能しない
レベルに応じてダメージ軽減率が上昇する一方、コストの上昇は緩く使いやすい。
尚、ブルースター中央の強制ダメージ、及びデストロイヤーの範囲ダメージ等、一部のダメージは軽減できない。
輸送船や採掘船にも装備はできるが、結局は一撃で破壊されるのであまり意味はない。(2018/12/11のアップデートにて戦艦専用装備となった)

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間ダメージ軽減率効果持続時間
(WS)
クールダウン
(WS)
作動コスト(水素)インストールコスト
1115,0008時間8%2分
(20時間)
6分
(2日12時間=60時間)
1002,500
22525,00016時間10%1203,750
35050,0001日12%1445,500
4200100,0002日15%1728,000
5600200,0003日18%20610,000
62,000350,0004日22%24712,000
78,000550,0005日27%29616,000
815,000800,0006日33%35520,000
922,5002,000,0007日40%42625,000
1030,0004,000,00050%51130,000
1145,0006,000,00060%75032,500
1260,0008,000,00010日70%100035,000

インパルス Edit

impulse.png
アクティベートモジュール。短時間、移動速度を速める。
英語版ではImpulse。設計図はレベル4以上のテトラヘドロンから発見される。
船が指定されたルートを移動している間にのみ効果を発揮する。移動速度は効果時間の4倍相当。ワープレーンの移動速度に近い。
なお、このモジュールを使用した移動中は攻撃できず、攻撃も受けない

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間効果持続時間
(WS)
{BLS}
クールダウン
(WS)
作動コスト(水素)インストールコスト
1130,00012時間3.0秒
(30分)
{1.5秒}
4分
(1日16時間=40時間)
605,000
22560,0001日3.7秒
(37分)
{1.7秒}
1007,500
310080,0002日4.5秒
(45分)
{2秒}
15010,000
4200100,0003日5.2秒
(52分)
{2.3秒}
20012,500
5600200,0004日6.0秒
(1時間)
{2.7秒}
25015,000
61,200350,0005日6.7秒
(1時間7分)
{3.2秒}
30017,500
72,500550,0006日7.5秒
(1時間15分)
{3.8秒}
35020,000
85,000800,0007日8.6秒
(1時間26分)
{4.5秒}
40025,000
910,0002,000,0007日9.7秒
(1時間37分)
{5.3秒}
45030,000
1020,0005,000,0007日11.2秒
(1時間52分)
{6.0秒}
50035,000
1130,0006,000,00010日13.0秒
(2時間10分)
{6.8秒}
60037,500
1240,0008,000,00010日15.0秒
(2時間30分)
{7.6秒}
75040,000

アルファロケット Edit

alpharocket.png
アクティベートモジュール。着弾地点で小範囲の爆発を起こすロケットを発射する。
耐久力が設定されており、敵の攻撃で破壊されると爆発しない。
英語版ではそのままAlpha Rocket。設計図はレベル4以上のテトラヘドロンから発見される。

本モジュールは船に対して発射するのではなく、小惑星や惑星等の地点を目標として発射する。
弾頭の耐久力は低く、待機している敵周辺に向かって発射しても簡単に撃ち落されてしまう。
確実に着弾させるため、既に交戦中の敵艦を巻き込むように撃ったり、EMPで無力化状態の敵付近に撃つのが一般的。
この着弾の範囲ダメージは自艦と味方にはダメージを与えない。

同様の働きを持つロケット系のモジュールと比較すると、デルタシールドよりも遅いが、与えるダメージは大きい。一方で、オメガシールドよりも速いが、与えるダメージは小さい。

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間速度(AU/分)
(WS)
船体耐久度爆発ダメージ爆発範囲クールダウン
(WS)
作動コスト(水素)インストールコスト
1115,0008時間1,320/分
(132/時)
2001,50090AU10分
(4日4時間=100時間)
3508,000
22525,00016時間2201,9004008,800
35050,0001日2402,4004509,600
4200100,0002日2603,00050011,000
5600200,0003日2803,90060012,000
62,000350,0004日3005,00070013,000
78,000550,0005日3206,20080015,000
815,000800,0006日3408,00090020,000

サルベージ Edit

salvage.png
パッシブモジュール。セクター内でいずれかの船が撃沈した際に、船体耐久力を回復する。
英語版でもそのままSalvage。設計図はレベル5以上のテトラヘドロンから発見される。

修復量は装備艦の最大耐久力が基準となるため、高HP戦艦程大きな回復効果を得られる。
レベルに応じて修復割合が増加し、燃費は悪化する。
その特性上、多数の雑魚を撃破するレッドスターにおいて真価を発揮する。
一方、ホワイトスターにおいては有力なサポート装備が多いため、本装備の優先度は低い。
セクター外の撃沈は効果の対象外となるため、セクター境界線を跨いで交戦している場合は機能しない。

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間一隻あたりの修復量一隻あたりの修復量(WS)追加水素消費量(h/100AU)インストールコスト
1130,00012時間6%10%2.05,000
21050,0001日7%13%5.07,500
32575,0002日8%16%8.010,000
450100,0003日9%18%11.012,500
5100200,0004日10%20%14.015,000
6250350,0005日12%21%17.017,500
7600700,0006日14%22%20.020,000
81,2001,000,0007日16%23%23.022,500
92,5002,500,0007日18%24%26.025,000
105,0005,000,0007日20%25%29.027,500
1110,0006,000,00010日22%26%30.030,000
1220,0008,000,00010日24%27%32.032,500

抑制 Edit

suppress.png
アクティベートモジュール。短時間、単一目標の武装を無力化する。
英語版ではSuppress。設計図はレベル5以上のテトラヘドロンから発見される。

レベルに応じて射程距離と効果時間が増加する。
高レベルになると長距離から目標を無力化できるようになるため、非戦闘艦に搭載して前線の戦艦を支援するような使い方もできる。
レッドスター、ブルースターでは主にレーザー艦の照射を停止させて、攻撃力を減退させるために利用される。
またホワイトスターにおいては、味方ロケットの着弾を支援したり、他の船のリープを防いだり、輸送艦を守ったりと更に多くの用途で活躍する。

ブルースターでは効果範囲はすべてのレベルで200AUで一定。

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間効果範囲効果持続時間
(WS)
クールダウン
(WS)
作動コスト(水素)インストールコスト
1130,00012時間200AU3秒
(1時間)
6分
(2日12時間=60時間)
1005,000
21050,0001日220AU4秒
(1時間15分)
1207,500
32575,0002日240AU5秒
(1時間35分)
14410,000
450100,0003日260AU6秒
(2時間)
17212,500
5100200,0004日300AU7秒
(2時間30分)
20615,000
6250350,0005日350AU9秒
(3時間10分)
24717,500
7600700,0006日400AU11秒
(4時間)
29620,000
81,2001,000,0007日450AU13秒
(5時間)
35522,500
92,5002,500,0007日500AU16秒
(6時間20分)
42625,000
105,0005,000,0007日550AU20秒
(8時間)
51127,500
1110,0006,000,00010日600AU22秒
(8時間40分)
75030,000
1250,0008,000,00010日650AU24秒
(9時間10分)
1,00032,500

デスティニー Edit

destiny.png
アクティベートモジュール。周辺の敵に範囲ダメージを与えると同時に、自身はランダムテレポートする。
英語版でもそのままDestiny。設計図はレベル6以上のテトラヘドロンから発見される。
テレポート先は星系内のランダムな場所となり、10秒間は移動も攻撃もできない状態となる。

 

尚、ブルースターの最終決戦時(移動先が1つも存在しない状態)で使った場合はランダムテレポートが発生せず、その場で10秒停止となる。
2019年9月のアップデートでこのテクニックは使用不可となった。

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間無力化持続時間
(WS)
効果範囲範囲ダメージ(RS)範囲ダメージ(WS)範囲ダメージ(BLS)クールダウン
(WS)
作動コスト(水素)インストールコスト
11200,0001日10秒
(8時間)
100AU5,5005,0003,0005分
(2日2時間=50時間)
1,00015,000
210300,0002日6,5005,5003,5001,30016,000
325400,0003日7,6006,0004,0001,69017,000
450500,0004日9,0006,6004,5002,19718,000
5100600,0005日10,5007,3005,2002,85620,000
6250800,0006日12,6008,0006,0003,71222,000
76001,000,0007日15,0008,8006,9004,82524,000
81,2003,500,0007日17,5009,7008,0006,27226,000
92,5006,000,0007日20,50010,5009,1508,15328,000
105,0008,000,0007日25,00012,00010,50010,59830,000
1012,0008,000,00010日30,00014,00011,50012,00032,500
1020,0008,000,00010日35,00016,00013,00014,00035,000

バリア Edit

barrier.png
アクティベートモジュール。周囲に力場を展開し、敵船とロケットの移動速度を0にする。
英語版ではそのままBarrier。設計図はレベル6以上のテトラヘドロンから発見される。
シールドとは異なり、攻撃自体を防ぐ効果はない
レベルが上がると効果範囲と持続時間が成長する。
敵はバリア範囲内をテレポート先に指定することはできない。(既に準備中だった場合はテレポート可)

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間効果範囲
{BLS}
効果持続時間
(WS)
{BLS}
クールダウン
(WS)
作動コスト(水素)インストールコスト
11150,0001日150AU
{130AU}
30秒
(5時間)
{7秒}
6分
(2日12時間=60時間)
6005,000
210300,0002日35秒
(5時間50分)
{8秒}
8007,500
325400,0003日40秒
(6時間40分)
{9秒}
1,00010,000
450500,0004日45秒
(7時間30分)
{10秒}
1,25012,500
5100600,0005日200AU
{150AU}
50秒
(8時間20分)
{11秒}
1,50015,000
6250800,0006日55秒
(9時間10分)
{12秒}
1,75017,500
76001,000,0007日60秒
(10時間)
{14秒}
2,00020,000
81,2003,500,0007日250AU
{150AU}
65秒
(10時間50分)
{16秒}
2,50025,000
92,5006,000,0007日250AU
{160AU}
70秒
(11時間40分)
{18秒}
3,00030,000
105,0008,000,0007日300AU
{170AU}
75秒
(12時間30分)
{20秒}
3,50035,000
1110,0008,000,00010日300AU
{180AU}
80秒
(13時間20分)
{22秒}
3,75037,500
1215,0008,000,00010日300AU
{190AU}
85秒
(14時間10分)
{24秒}
4,00040,000

復讐 Edit

vengeance.png
パッシブモジュール。瀕死になると自動的に発動し、周囲の敵に範囲ダメージを与える。
英語版ではVengeance。設計図はレベル7以上のテトラヘドロンから発見される。
耐久力が1000を下回ると10秒(15秒)のカウントダウンが開始され、範囲ダメージが発生する。
カウント前に撃沈してしまった場合は発動しない。レベルが上がると効果範囲、及びダメージが成長する。

以前は高レベルのRSにおいてサンクチュアリ+高レベル復讐を装備した船で敵の集団に突っ込む特攻戦術が流行していたが、
サンクチュアリの仕様変更により廃れている。

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間船体耐久力基準値作動ディレイ
(WS)
{BLS}
効果範囲範囲ダメージクールダウン
(WS)
追加水素消費量インストールコスト
11200,0001日1,00015秒
(4時間)
{10秒}
100AU5,0005分
(2日2時間)
2.4/100AU20,000
210300,0002日120AU6,0006.2/100AU22,000
325400,0003日130AU7,00010.0/100AU24,000
450500,0004日140AU8,00013.6/100AU26,000
5100600,0005日150AU9,00017.4/100AU28,000
6250800,0006日160AU10,00021.2/100AU30,000
76001,000,0007日180AU11,00025.0/100AU32,000
81,2003,500,0007日200AU12,00028.6/100AU34,000
92,5006,000,0007日225AU14,00032.4/100AU36,000
105,0008,000,0007日250AU16,50036.2/100AU38,000

デルタシールド Edit

deltarocket.png
アクティベートモジュール。アルファロケットより低耐久低威力だが、弾速に優れた高速ミサイル。
発射後に目的地を一つ追加できるため、特にWSにおいては着弾に時差をつけたり、突如目標を切り替えたりと、戦略的な攻撃が可能。
英語版ではDelta Rocket。設計図はレベル7以上のテトラヘドロンから発見される。
シールドとは書いてあるものの、ロケットであることには変わりない。
アルファロケットと同様に、ターゲットに到着する前に破壊された場合はダメージを与えることができない。

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間速度
(WS)
船体耐久力爆発ダメージ爆発範囲クールダウン
(WS)
作動コスト(水素)インストールコスト
11200,0002日1,500 AU/分
(150 AU/時)
1001,25090AU10分
(4日4時間)
50020,000
225350,0003日1201,50060022,000
375500,0004日1401,90080024,000
4200750,0005日1602,3001,00026,000
56001,000,0006日1802,8501,20028,000
61,5002,000,0007日2003,5001,40030,000
74,0003,000,0008日2204,3001,60035,000
88,0004,000,0009日2405,3001,80040,000
915,0006,000,00010日2606,5002,00045,000
1025,0008,000,0002808,0002,20050,000

リープ Edit

leap.png
アクティベートモジュール。船を最も近くの戦闘が起こっているところにワープさせる。
英語版でもそのままLeap。設計図はレベル8以上のテトラヘドロンから発見される。
ジャンプ後は自分の船と、その近辺の船を短時間機能停止にする。
テレポートと異なり移動範囲に制限が無いため、特にWSで活躍する。
ただし、使用できるのは交戦中の味方の船がある場合に限られており、抑制等のモジュールによって戦闘が回避されている場合は駆けつけることができない。
なお、ジャンプする対象の味方の船が敵のバリア内にいる場合は、最も近くの惑星・小惑星にジャンプする。
また、無力化されていても他のモジュールは使用できるため「リープ後に任意の場所にテレポートで移動する」といった運用も可能。
WSにおいては、ジャンプゲートのあるセクター内では作動できない
2019/02/04のアップデートからジャンプゲートのあるセクターでも使用可能に

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間作動ディレイ
(WS)
無力化時間
(WS)
クールダウン
(WS)
作動コスト(水素)インストールコスト
11400,0002日5秒
(6時間)
12秒
(2時間)
10分
(4日4時間)
1,20020,000
210500,0003日5秒
(5時間30分)
1,40022,500
325600,0004日5秒
(5時間)
1,60025,000
450700,0005日5秒
(4時間30分)
1,80027,500
5100800,0006日5秒
(4時間)
2,00030,000
62501,000,0007日5秒
(3時間30分)
2,20032,500
76002,000,0005秒
(3時間)
2,40035,000
81,2004,000,0005秒
(2時間30分)
2,60037,500
92,5006,000,0005秒
(2時間)
2,80040,000
105,0008,000,0005秒
(1時間30分)
3,00045,000

ボンド Edit

bond.png
アクティベートモジュール。対象にした敵船を自分の船と一定の距離に保つ。
英語版でもそのままBond。設計図はレベル8以上のテトラヘドロンから発見される。
起動した船(以下、Aとする)は対象の船(以下、Bとする)の移動権をコントロールでき、Aが移動するとBは一定の距離を保ったまま同じ様に移動する。
発動中は、Bがバリアを起動した場合でもその影響を受けることはない。
早急に効果を解除するにはBがAに対してボンドを発動し返すか、テレポート系のモジュールを使用して別の場所にジャンプする必要がある。
また、レベル7以下のパブリックRSでは使用できない他、ケルベロス船とリンクをつないだままの状態でテレポートすることもできない。(意図的に他プレイヤーを攻撃させる行動を防ぐため)

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間効果持続時間
(WS)
{BLS}
クールダウン
(WS)
効果範囲
{BLS}
作動コスト(水素)インストールコスト
11400,0002日15秒
(2時間30分)
{6秒}
6分
(2日12時間)
160AU
{140AU}
8005,000
225600,0003日18秒
(3時間)
{8秒}
9607,500
31001,000,0004日22秒
(3時間40分)
{10秒}
1,15010,000
42501,500,0005日26秒
(4時間20分)
{12秒}
1,35012,000
51,0002,000,0006日31秒
(5時間10分)
{14秒}
210AU
{180AU}
1,65015,000
62,0003,000,0007日37秒
(6時間10分)
{16秒}
2,00017,000
73,5004,000,00044秒
(7時間20分)
{18秒}
2,40020,000
86,0005,000,00053秒
(8時間50分)
{20秒}
260AU
{220AU}
2,80025,000
910,0006,000,0001分4秒
(10時間40分)
{22秒}
3,40030,000
1015,0008,000,0001分15秒
(12時間30分)
{24秒}
310AU
{260AU}
4,10035,000

アルファドローン Edit

alphadrone.png
アクティベートモジュール。敵船を攻撃するドローンを生み出す。
英語版でもAlpha drone。設計図はレベル9以上のテトラヘドロンから発見される。
起動時にターゲットとなるポイントを指定する。ドローンは指定されたポイントまで進み、破壊されるか時間が切れるまでそこに停留し、攻撃を続ける。
WSにおいては、ジャンプゲートのあるセクター内では作動できない

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間速度
(WS)
船体耐久力ダメージ(WS)存続時間(WS)クールダウン作動コスト(水素)インストールコスト
111,000,0003日1,050 AU/分
(105 AU/時)
40080/秒
(480/時)
3分(1日6時間)5分1,00040,000
2302,000,0005日1,2001,25042,000
31003,000,0007日2,5001,50044,000
42004,000,0008日3,5001,75046,000
54005,000,0009日4,5002,00048,000
68006,000,00010日5,5002,25050,000
716007,000,00010日6,5002,50052,000
832008,000,00010日7,5002,75054,000

サスペンド Edit

suspend.png
アクティベートモジュール。範囲内の時間を遅らせる。
英語版ではSuspend。設計図はレベル9以上のテトラへドロンから発見される。

オメガシールド Edit

omegarocket.png
アクティベートモジュール。強力な範囲ダメージを与えるロケットを発射する。
英語版ではOmega Rocket。(シールドモジュールにも全く同じ名前のモジュールがあるため誤訳と思われる。)設計図はレベル10のテトラヘドロンから発見される。
シールドとは書いてあるものの、ロケットであることに変わりはない。
アルファロケットデルタシールドとは異なり、発射できる範囲が限られている。
他のロケット系のモジュールと比較しても遅い。
一方で、威力が大きい上に、ターゲット到達前に破壊された場合でも周囲に範囲ダメージを与えることができる。(通常のダメージよりは小さい)
輸送船や採掘船等の耐久力が低い船が周囲にある場合は十分に注意して対処する必要がある。

レベル必要設計図数アップグレードコストアップグレード時間速度
(WS)
船体耐久力爆発ダメージ無力化ダメージ効果範囲無力化ダメージ域クールダウン
(WS)
作動コスト(水素)インストールコスト
112,000,0003日600 AU/分
(60 AU/時)
1,0009,000900120AU60AU10分
(4日4時間)
2,00040,000
252,500,0004日1,10010,0001,0002,30042,000
3253,000,0005日1,21011,0001,1002,65044,000
41003,500,0006日1,33012,0001,2003,05046,000
54004,000,0007日1,46513,0001,3003,50048,000
68004,500,0008日1,61114,5001,4504,00050,000
71,2005,000,0009日1,77016,0001,6004,65052,000
81,6006,000,00010日1,95017,5001,7505,30054,000
92,0007,000,0002,15019,2501,9256,10056,000
102,5008,000,0002,35021,0002,1007,00058,000