Top > レッドスター

レッドスター

Last-modified: 2019-10-13 (日) 10:24:02

レッドスターとは Edit

レッドスターのアイコン
レッドスターのアイコン


プレイヤー対NPC。略称はRS。1~4人のプレーヤーが一つのレッドスターに参加する。
15分で爆発するレッドスターとその周りの終末星からなる。
終末星はケルベロス船に守られている。
ケルベロス船を倒し、終末星にあるアーティファクトを回収、研究することで新しいモジュールの設計図を手に入れることができる。
レッドスタースキャナーからタイプとレベルを選んでスキャンすると開始する。

レッドスターのタイプ Edit

パブリックとプライベートの二つのタイプがある。

パブリック Edit

同じレベルを選びスキャンしたプレイヤーの中からランダムにマッチングする。
悪意を持ったプレイヤーとマッチングする可能性もある。

プライベート Edit

コーポレーションに所属していることが前提になる。
プライベートでスキャンすると、コーポレーションのチャット欄に誰が何レベルのレッドスターを始めた、という情報が流れる。
他のメンバーはそのコメントから、同じレッドスターに参加することができる。
ただし自分のレッドスター・スキャナーのレベルより高レベルのレッドスターには参加することができない。
メンバー以外は参加できないのでトラブルを避けられる。

レッドスターのレベル Edit

レッドスター・スキャナーをアップグレードすることで、より高レベルのレッドスターに挑戦し、より高レベルのモジュールを手に入れることができる。
レッドスターのことを略すときに、レベル数を後ろにつけてrs〇ということがある。
(例:レッドスターレベル4→rs4)

データ Edit

レベル戦艦制限数最適な影響力最大影響力スキャンコスト新しく登場するケルベロス船
1110015050センチネル
22400500100ガーディアン
31,2001,500225
42,5003,000350インターセプター
535,0006,000500コロッサス
610,00011,000750デストロイヤー
716,00018,0001,200ボマー
824,00026,0001,800フェニックス
934,00036,0002,500ストーム
1060,00080,0003,500ゴースト

戦艦制限数 Edit

レッドスター内に送れる戦艦の数には制限があり、低レベルは1~2隻、高レベルでは3隻が限界となる。
あと何隻の戦艦を送れるかはレッドスター・スキャナーの上に表示される数字で確認できる。
戦艦が撃破された場合、及びジャンプで帰還した場合は再度侵入させることができるが、
サンクチュアリを装備した戦艦が撃沈し自動帰還した場合は、レッドスター内の戦艦数は復元しないため注意が必要。

影響力 Edit

影響力はレッドスターでの行動によって増減する。(1回のレッドスターで-50~+50)
ケルベロス船を倒すこととアーティファクトを回収することで、レッドスターのアイコンの下にあるゲージが動く。
このゲージが白線まで届かないと影響力は低下し、ゲージが満タンになると+50する。
このゲージはレッドスターの参加者で共通。

2019/05/06のアップデートで影響力の仕様が大きく変化した。
すべてのレベルで影響力の上限が上方修正され、特に高レベルでは上限が10倍以上に変わっている。
レッドスター1戦ごとの獲得条件も変化していて、より容易に影響力の数値をあげることができるようになった。

スーパーノヴァ Edit

レッドスターは15分間の制限時間を持つ。
この制限時間も参加者で共通で、レッドスター・ライフエクステンダー(RSE)を参加者が使用することで延長できる。
複数人でRSEを使用すると効果は重複する。(例:5人の参加者全員が3回ずつレベル5のRSEを使用すると制限時間が40×5×3=600秒延長される)
この制限時間が0になるとレッドスターはスーパーノヴァという大爆発を起こす。
スーパーノヴァ時、自分のジャンプゲート上にいる船は自動でイエロースターに帰還する。自動帰還はワープに必要な燃料が不足していてもなぜか帰還する。(救済措置?)
それ以外の場所にいる船は全て失われる。サンクチュアリ装備船は燃料消費なしでイエロースターへ帰還する。(HPは1になる)
supernova.png

レベル別攻略 Edit

レベル1~3 Edit

星系自体もあまり大きくなく、惑星周辺の敵の数も少ない。
数は少ないと言っても攻撃力の高いセンチネルを後回しにしていると気付いたらやられていた・・・と言うこともあり得るので、センチネルを優先して攻撃していくこと。また、どの船が攻撃を受けているか注意して撃破されないことを心掛けると生存率も上がってくる。このレベル帯ではサンクチュアリも手に入りにくい事から、生存を第一に考えて動こう。

出現する敵船:センチネルガーディアン

レベル4 Edit

レベル3までと異なりインターセプターが登場する。
攻撃力自体は高くないが複数体を一度に攻撃できるため、輸送船や採掘船の移動には気を付けなければならない。
惑星のあるセクターにいない場合は戦わないように動くことも一つの戦略と言える。
ガーディアンやセンチネルの数も増えてくるので攻撃対象をキチンと選択しながら戦うことを意識しよう。
難しく感じたらモジュールのレベルを上げつつ、複数体を攻撃できる武装を導入することも検討しよう。

出現する敵船:センチネルガーディアンインターセプター
→攻略艦隊例:(レーザー+パッシブ+サンク+EMP)(Dレーザー+パッシブ+サンク+EMP)

レベル5 Edit

中盤の壁とも言える強力な敵コロッサスが登場する。
耐久力・攻撃力ともに高く、船が破壊される度に回復する厄介なサルベージを備えている。
高レベルのアーティファクトがある惑星のセクターに必ず出現するため、戦闘は避けられない。
周囲の弱い敵を倒しつつ、コロッサスのレーザーが強くならないように立ち回る必要がある。
セクター内の敵の数自体は多くなく、多くても3体。難しく感じたらモジュールのレベルを上げたり、戦艦のレベルを上げて耐久力を上げよう。
また、使えるサポートモジュールも増えてくるので試しながら自分に合う戦略を見つけることも重要。

出現する敵船:レベル4までの敵+コロッサス

レベル6 Edit

レベル6では基本的に惑星あるセクターにコロッサス1体と他の船が7~8体セットで配置される。
単純に突っ込んで行くだけでクリアすることは相当難しい。複数体を攻撃できる武装はほぼ必須と言える。
まとめて敵を倒したいのであればデュアルレーザーを装備させたり、EMPで動きを止めながらアルファロケットを打ち込んだりと言った戦略も考えられる。
どうしても一人で倒しきれない場合は仲間と協力して挑戦することをオススメする。
また、惑星を破壊するデストロイヤーもレベル6から出現するが、デストロイヤー自体は攻撃力がないため一方的に攻撃していれば問題はない。ただし注意点として、耐久力がそこそこあるため攻撃の邪魔となることがあり得る。その場合はまず優先的に倒しておくことも必要。

また、レベル5までと比べてレベル6からは敵艦の数が格段に増えているため、集中砲火が実用的に運用できる。
雑魚から倒すのではなく、雑魚を可能な限り残した状態でコロッサスと交戦し、大火力で優先的に倒してしまう戦術も有効。
雑魚を倒してしまうと集中砲火の火力が低下するため、コロッサス最寄りにテレポートし、バリアで雑魚を寄せ付けず戦うことが望ましい。



出現する敵船:レベル5までの敵+デストロイヤー
→攻略艦隊例:(レーザー+オメガ+サルベ+サンク+α)(Dレーザー+オメガ+サルベ+サンク+α)(Dレーザー+オメガ+サルベ+サンク+α)α=抑制/防備/EMP等
→攻略艦隊例:(レーザー+パッシブ+サンク+α)(レーザー+パッシブ+サンク+α)(Dレーザー+パッシブ+サンク+α)
無能乙

(集中砲火+オメガ+サンク+バリア+テレポート)×2, (Dレーザー+オメガ+サンク+テレポート+α)


レベル7 Edit

新たに出現するボマーが難敵で、レベル6までと比較して大きく難易度が上昇する。
ボマーは今までのケルベロス艦を圧倒的に上回る超火力、範囲ダメージを伴い、更には隣接セクターまで長距離攻撃してくる。
しかもコロッサス並の耐久力でセクター内を逃げ回る。

対ボマーにおいてバリアは非常に有効な装備。力場によってボマーの逃走を阻止すると同時に、適切な距離(80AU-120AU)に固定すれば複砲でボマーロケットを無傷で迎撃できる。
また、交戦中に隣接セクターから撃たれるボマーロケットは着弾すると致命的なダメージになるが、バリアを使えばこれを一時的に凌げる。
その後、効果切れの数秒前に着弾圏から移動しておけば大量のボマーロケットをやり過ごせる。
他、EMPや抑制でもボマーを沈黙させる事が可能だが、隣接セクターからの長距離ロケットは防げず、セクター配置状況を見極める必要がある。
RS7からは新機能「爆撃機カバレッジヒートマップ」をRSマークから使用することができ、ボマーの射程セクターをタップせずに確認することが出来る。戦況確認に非常に有用。

RS7ではボマーロケットに加えて、デストロイヤーの数も増加し、範囲ダメージが脅威になる。
よってブラストシールドも次点で有効な装備。ブラストシールドは通常シールドよりも多くの範囲ダメージを吸収する。Lv1で15000、Lv2で20000。
ただし、戦艦3隻でボマーロケットの直撃やデストロイヤーの爆風を受けると、一撃で12000ダメージの大ダメージ。
ブラストシールドの有無に関わらず、ロケットの直撃を受ければ壊滅必至であることは留意する必要がある。
鉄板のロードアウトについては詳細求む。

出現する敵船:レベル6までの敵+ボマー
→攻略艦隊例:
(Dレーザー+ブラスト+サンク+テレポート+EMP+サルベージ)
(集中砲火+オメガ+サンク+テレポート+バリア+サルベージ)×2

レベル8 Edit

基本的にレベル7と同じ。星系が広いのでテレポートはほぼ必須。
ボマーの数が増えるため被ダメージが大きくなりがちだが、落ち着いてEMPやバリアで対処するのがよい。
このレベルから新たに登場するフェニックスはエリアシールドを持ち、センチネルの排除の障害となり厄介だが、そもそもバリアで近寄らせなければ問題ないし、エリアシールドの中に入ってしまったとしてもEMPをかければ、(十分に高レベルの武装であれば)シールドを削り切ってしまうこともできる。

ソロで回すのはなかなか厳しいが、ステルスが一助になるかもしれない。
rs8を高難易度にしているのはフェニックスというよりは多数のケルベロス船による圧倒的なダメージで、そもそもEMPをかけることを許してくれない。
ステルスを使い、無敵時間をつかい敵を集めてEMPを使い、複数標的武装(デュアルレーザー、連装艦砲)でセンチネルやボマーを優先的に排除、などが考えられる。

ソロが厳しくてもPRSSを利用することができる。
4人×3隻=12隻の戦艦が一つのセクターにテレポートするので、例えばケルベロス船が一か所に固まっていないときでも、EMPをかける戦艦を贅沢に分散させて安全に攻略することができる。
ただしPRSS参加にあたってはルールをよく確認すること。(参照)

出現する敵船:レベル7までの敵+フェニックス
→攻略艦隊例:
(Dレーザー+ブラスト+サンク+テレポート+EMP+サルベージ)
(集中砲火+オメガ+サンク+テレポート+バリア+サルベージ)×2


レベル9 Edit

新たにストームが登場する。

レベル10 Edit

新たにゴーストが登場する。