ソドー・アンド・メインランド鉄道

Last-modified: 2022-02-10 (木) 11:58:22

名前ソドー・アンド・メインランド鉄道
英名Sodor and Mainland Railway
開業年1853年
廃業年1914年
概要ソドー島で最初に開業した標準軌鉄道。
・1914年にノース・ウェスタン鉄道に併合された。
・現在の本線ノランビー線カーク・ローナン線にあたる。
歴史・ソドー・アンド・メインランド鉄道は、1850年に初めて推進され、バロー・イン・ファーネスとソドーの古都サドリーを結ぶ計画であった。地元の熱意は十分にあったが、メインランドのサービスにはほとんど関心がなかった。鉄道は地元の投資家から支援を求め、ピール・ゴッドレッドの投資家に、クロンクから北の町まで支線を建設することを約束した。1853年に鉄道は議会法を取得し、その中にピール・ゴドレッドへの支線建設の権限も含まれていた。1861年に工事が始まり、バラフーからロルフズ・キャッスルに一本の線路が敷かれた。
・S&Mのスタッフの多くは、アイルランドやスコットランドの出身であった。鉄道には3台の機関車があったが、これは当時典型的であったボックス形機関車であった。1865年、S&Mはロルフズ・キャッスルからカーク・ローナンの漁港まで延伸した。鉄道はカーク・ローナンからダブリンへの汽船サービスを開始することを望んだ。この計画は失敗に終わったが、同年5月にスカーロイ鉄道が開通した。2つの鉄道はクロバンズ・ゲートで接続され、S&Mは機関車2両の納入を担当した。クロバンズ・ゲート鉱山会社は、S&Mによって港に運ばれる鉱石の出荷のためにカーク・ローナン港を使用した。
・結局、鉄道は野心的であったが、不運にも、会社の大きな希望は裏切られた。バラフーの尾根を通るトンネルは崩落し、鉄道はヴィカーズタウンと接続できず、ウォルニー海峡に橋を架ける試みもうまくいかなかった。ようやく許可が下りたものの、建設は難航した。まず、基礎が潮で流され、次に橋桁を吊り上げる際にクレーンが壊れて橋桁の一部が失われ、最終的には完成間近の橋が強風で破壊された。1879年のカレドニアン鉄道テイ橋の崩壊の後、さらなる橋の建設は無期限に延期され、その後のすべての提案は提督によって却下された。
・こうした深刻な挫折のため、列車は結局カーク・ローナンとバラフーの間を走るのみとなり、1870年にはすでに倒産寸前にまで追い込まれていた。この時点で、ピール・ゴッドレッドの人々は、約束した支線がS&Mによって建設されることはないと悟り、自分たちで建設しなければならないという結論に達した。当初はS&Mが提案したルートで建設することを計画していたが、S&Mとどこかで合流することになるため、そのようなプロジェクトに着手することは軽率であるという意見が大半であった。その結果、1872年にミッド・ソドー鉄道が設立された。
・1901年についに倒産し、その年に最後の機関車が廃車になり、運行は終了したが、会社はそのまま休止状態であった。1914年、アイルランドからの危険から沿岸を守る戦略的な鉄道を作るため、政府主導で島の標準軌鉄道が合併され、ウェルズワーズ・アンド・サドリー鉄道ティッドマス・ナップフォード・アンド・エルスブリッジ軽便鉄道と合併し、ノース・ウェスタン鉄道が設立された。ケルスソープ駅クロバンズ・ゲート駅間のS&M線は本線の一部となり、カーク・ローナン駅ケルスソープ駅間はカーク・ローナン線クロバンズ・ゲート駅からバラフー駅の区間はノランビー線の一部となった。
・ノース・ウェスタン鉄道は結局、ソドー&メインランド鉄道の目標の多くを達成した。1915年、バラフー尾根にヴィカースタウンまでのトンネルを掘り、海峡に橋を架け(皮肉にも、S&Mが橋を架ける際に多くの問題を起こした海軍が、NWR設立の主な支援者となった)、ついにソドー島と本土が結ばれた。1920年にはカーク・ローナンから汽船を就航させて成功を収めたが、1925年にはLMSとの取引の一環としてサービスの縮小を余儀なくされ、1923年にはS&Mから引き継いだ権限で待望のピール・ゴッドレッドへの支線建設に着手している。
所属していた機関車ソドー・アンド・メインランド鉄道の1号機関車
ニール
ソドー・アンド・メインランド鉄道の3号機関車
駅・スポットカーク・ローナン駅
カーク・ローナン港
ロルフズ・キャッスル駅
クロバンズ・ゲート駅
スカーロイ鉄道
バラフー駅