ダンカンの機関士

Last-modified: 2021-11-08 (月) 14:58:26

「ははははっ、ダンカン、怖いのかい?」

名前ダンカンの機関士
英名Duncan's Driver
性別
原作初登場巻第14巻『小さなふるい機関車』第2話「かえってきたスカーロイ/かえってきたスカーローイ」
原作初台詞「ばかをいうんじゃない。はねまわって、ロックンロールなんかおどらなければ、じゅうぶんとおれるトンネルじゃないか」
TV版初登場シーズン第4シーズンなつかしのわがや
TV版初台詞「おい!このトンネルは充分大きいぞ!お前がロックンロールを踊るからいけないんだ!」佐藤佑暉さん初台詞
「良いぞダンカン!其の調子で頑張れ!」
二人称・お前(第4シーズンなつかしのわがや』)
説明ダンカンを運転する
ダンカンの相棒的存在。
・自らが仕掛け人になり、ダンカンドッキリを仕掛けた事がある。そして、機関庫に閉じ籠ったダンカンを嘲笑った。
第18シーズンからは、口髭の濃い男性に変わった。
・また、ダンカンスカーロイレニアスラスティー失礼な言葉を発した時もダンカンを説教したり、注意する事は無かった。
・マガジンストーリーでは、ケーブル車の運転士を務めていた。
性格・機関士の中では唯一、性格の変化が激しく、第4シーズンから第6シーズンでは勤務態度は真面目だったが、第5シーズンでは悪戯好きな性格であり*1第7シーズンではダンカン同様、いい加減な性格である*2
トーマストビーヘンリエッタトップハム・ハット卿ゴードンの車掌ミスター・パーシバルミスター・ダンカンクロバンズ・ゲート駅長と同様、「お客様は神様です」を心得ており、ダンカン「少しは、オイラの事も考えて欲しい。」と指摘された事がある*3
・『速さ』より『安全』重視だが、危機感が足りない。
動物に優しい*4
ファーガスヴィニーに比べ、若干控えめだが、怒ると怖い。
・他の機関車達を見下しているダンカンと違い、他の機関車に親切*5
TV版での経歴第4シーズンでは、トンネルに閊えて動けなくなったダンカンにキレた。
第5シーズンでは、ピーター・サムを揶揄ったダンカンに幽霊機関車の幻影で悪戯を仕掛けた。
マガジンでの経歴ケーブル車の運転士も務めた。
日本版CV佐藤佑暉第4シーズン第7シーズンにげたゾウ』)
小林俊夫第4シーズンロックンロール』、第6シーズン
森功至第5シーズン
川津泰彦第7シーズンたよりになるラスティー』)
参照画像・参照はダンカンの機関士/画像

*1 パートナーのダンカン驚かせた
*2 象の彫刻を運ぶ際にブレーキ車取り付けなかったり、古い橋が危険な状態なのに渡ろうとした
*3 然し、文句ばっかり言っているお客の事は無視した事がある。
*4 実際、ある乗客から野次を飛ばされた時、が渡り終えるまで全然動こうとしなかった。しかし、ダンカンに対する失礼態度には同意したらしい。
*5 実際、ダンカンラスティーに暴言を浴びせた時も、ダンカンを説教したり、注意する事は無かった。