Top > たよりになるラスティー


たよりになるラスティー

Last-modified: 2019-10-09 (水) 13:59:09

「ラスティーは何時も物事を大袈裟に言う癖があるな!」
たよりになるラスティー

日本版タイトルたよりになるラスティー
英語版タイトルTrusty Rusty
脚本ジェームス・メイソン
放送日・2003年11月7日(英国)
・2004年3月12日(カナダ)
・2004年4月20日(韓国)
・2004年11月13日(米国)
・2004年7月3日(日本)
・2004年10月10日(英国:新音楽版)
・2004年11月14日(米国)
・2004年11月15日(オーストラリア
・2009年9月26日(ハンガリー)
話数172
この話の主役ラスティーダンカン
機関車紹介ダンカンスカーロイラスティー
登場キャラクターAラスティーダンカンスカーロイ
登場キャラクターB無し
登場キャラクターCピーター・サムステップニー
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿ラスティーの機関士ダンカンの機関士
登場人物Bトップハム・ハット卿の付き人ダンカンの機関助手ティールーム駅長停車場の作業員売店のおばさん
登場人物Cピーター・サムの機関士スカーロイの機関士スカーロイの機関助手
登場人物Dエンジニア(言及のみ)
登場スポットステップニーの支線
標準軌と狭軌の線路が並んだ丘
岩山の分岐点
岩山の線路
古い木製の橋
トレッスル橋
ティールーム駅
ハーウィン・ドーレイ城
停車場
石炭置き場
あらすじ・ある日、ラスティーは橋が壊れる事を皆に知らせますが、ダンカンは忠告を聞かずに橋へ行ってしまい、転落しそうに成ります。
メモ・冒頭シーンでは第5シーズンの『まいごになったステップニー』の使い回し映像である。
ダンカンと同様、好い加減なダンカンの機関士
田中亮一さんのダンカンの声はこの話で最後となる。
時のトビートーマススカーロイに続いて、橋から落ちそうになるダンカン
・今回の件があったからであろうか、この話以降ダンカンはいい加減な性格を暫く見せなくなる。*1
ダンカン第4シーズンの『ボディをみがいて』以来、橋の上で立ち往生する。そして、引っ張られるのは、第7シーズンの『スカーロイとふるいはし』のレニアス以来、ラスティーが機関車を引っ張るのはスカーロイ以来となる。
停車場の片隅には、あのに破壊されたスレート貨車の残骸が放置されている。
・この話のラスティーは、ナレーターから本名で呼ばれている他、第4シーズンサー・ハンデルのけびょう』以来、『小さなディーゼル』と呼ばれている。
・この話のスカーロイは『レニアスのジェットコースター』に続いて終始走行しなかった。
台詞ナレーターラスティーソドー島の曲がりくねった山岳鉄道を補修している。この小さなディーゼルは、線路やトンネルや橋の点検をしては故障が無いかチェックしてるのだ。或る日、ラスティーが古い木の橋を渡っていたら、ドスンと大きな音がした。ラスティーの機関士が橋を調べた。」
ラスティーの機関士「支柱に罅が入ってるぞ!」
ラスティー「それは危ないですね・・・。補修しないと、落下事故が起きますね。」
ナレーター「彼は他の機関車に知らせる為に急いで出発した。ラスティーが到着すると、機関車達は石炭を待っていた。」
ラスティー古い木の橋を渡っちゃ駄目だ。あそこは危ないぞ!」
ダンカン「どうしてそれが解るんだ?お前は只のディーゼルだろ?」
ナレーターダンカンは石炭をせずに、プリプリしながら走り去った。ラスティートップハム・ハット卿に悪いニュースを伝える為、急いで山を駆け下りた。」
トップハム・ハット卿「ご苦労だった。橋の調査にエンジニアを送ろう。暫くは通行禁止だ!」
ナレーターラスティーの機関士閉鎖中の看板を置いた。機関車達は他の線路を走らなければならない。その頃、ダンカン機関庫に帰る石炭が足りなくなっていた。そこで石炭置き場に立ち寄ったが、石炭が空っぽだった。」
ダンカン「全く!石炭が無きゃ機関庫に戻れないよ!一番近い石炭置き場は何処だ!?」
スカーロイ古い木の橋の向こうだよ。でも、橋は渡れないぞ。ラスティーが危ないって言ってたもん。」
ダンカンラスティーは何時も物事を大袈裟に言う癖が有るな!」
ダンカンの機関士「一回位通ったって、如何って事無いさ!」
ナレーター「分岐点に着くと、機関士は看板をどかした。そして橋の方に向かって走り出した。これが大きな間違いだった。突然ダンカンがシューっと言う音を立てて停止した。」
ダンカン「ハッ、蒸気が切れた!」
ナレーター「石炭を使い果たしたのだ。」
ダンカン「あっ、今の何だ!?」
ナレーター機関士が下を見ると、古い木の橋が崩れ始めている。」
スカーロイラスティーダンカンの方へ行ったよ!」
ラスティー「無事かどうか見に行こう!」
ナレーター小さなディーゼルは緊張した。支柱の皹割れがドンドン大きくなって行く。橋桁がボキッと音を立てた。残額が水飛沫を上げて川に沈んで行く。」
ダンカン「助けて!!落っこっちゃうよーーーぅ!!」
ナレーターラスティーが全速力で橋に向かっている。軈て小さなディーゼルは古い橋に到着した。あんなに恐怖に顔を歪めたダンカンを見るのは初めてだった。ラスティーは勇敢に橋を渡り始めた。」
ダンカン「気を付けて!!」
ナレーター「間も無く、2台は連結された。」
ラスティー「頑張れ!」
ダンカン「ああーーーーっ!!」
ナレーター小さなディーゼルダンカンを橋から引っ張り出した。危機一髪の所で!」
ナレータートップハム・ハット卿はカンカンだった。」
トップハム・ハット卿「無責任も甚だしいぞ!!」
ダンカン「ハイ、申し訳有りません。ラスティー、君は本当に勇敢だね。」(田中亮一さん演じるダンカンの最後の台詞)
トップハム・ハット卿「そうともラスティー、お前は本当に役に立つ機関車だ!」
ラスティー「有り難うございます!」
ナレーター「その上、ラスティーはとっても頼りになる。」
英国版CVナレーターマイケル・アンジェリス
米国版CVナレーターマイケル・ブランドン
日本版CVナレーター森本レオ
ラスティー石川英郎
ダンカン田中亮一
スカーロイ麻生智久
トップハム・ハット卿青野武
ラスティーの機関士佐藤佑暉
ダンカンの機関士川津泰彦
シリーズ前回
(英語)
クリスマス・プディングシリーズ前回
(日本)
ファーガスときそく
シリーズ次回
(英語)
トーマスだけのメダルシリーズ次回
(日本)
ききゅうとかいつうしき
参照画像・参照はたよりになるラスティー/画像





*1 この次のダンカンのいい加減な性格は、第10シーズンから見られるようになる。