技・魔法/【ストライドブレイク】

Last-modified: 2019-05-21 (火) 00:15:08

KHII Edit

地上コンボフィニッシュ(地上縦回転振り)を変化させるアクションアビリティ。
バックステップで距離を離し、相手のガードを貫く強力な突進突きを繰り出すコンボフィニッシュ。
武器を引いている間は正面からの攻撃をガードする特性があり、強引に押し込むように使える。
当たった相手を真上に打ち上げるため、ソラとの距離が離れないという特徴がある。
こちらにとっては攻めを継続しやすいという長所であるが、相手の反撃を誘発してしまった場合は対応が難しくなるという短所でもある。


エクスプロージョンと同時装備した場合、近距離に敵が複数いる場合はエクスプロージョンが、そうでない場合はストライドブレイクが発動する。
フィニッシュプラスが装備されている場合は必ず交互に発動し、2連発はできない。
エクスプロージョンをつけていない場合の2段目は通常のフィニッシュが出せるため、敵を吹き飛ばさない弱点も多少緩和できる。


英語表記は「Guard Break」。日本語でもガードブレイクで良いのではないか。

  • 似たような名前のシステムがあるため仮にガードブレイクという名前だとCOM経験者にいらぬ誤解を与える可能性があるし、何より敵のガードをブレイクできる技はこの技だけではない。そのあたりを鑑みるとやはりガードブレイクだと少々不親切か。
  • この技が持っていたガードを貫くという特性は、KHIIIにてガードブレイクというそのままの名前で登場した。

KHIII Edit

2ndフォームの地上コンボ5段目として続投。
突きのあと、敵を斬り上げる2段攻撃になった。ダメージ倍率は2ヒット合計してもIIよりも低くなったが、本作では基本技の倍率が低く比較的高ダメージ技というポジションはそのまま。
正面ガード性能は削除。弾かれない特性は続投だがこれは本作のコンボ2段目以降の共通項であり、本アビリティの特権ではなくなった。
斬り上げで相手が浮くため、安定して次のリップルドライヴに繋がる。


本作での発動順はエクスプロージョン→ストライドブレイク→リップルドライヴで固定。
IIに慣れたプレイヤーはストライドブレイク→エクスプロージョンの順のほうが馴染みが深く、違和感が出るかもしれない。