Top > ワールド > 【デイブレイクタウン】


ワールド/【デイブレイクタウン】

Last-modified: 2019-09-30 (月) 17:05:59
原作オリジナル
仲間キャラなし
通常BGM(名称不明)
戦闘BGM(名称不明)
登場作品χ、Uχ、χBC

曙光きらめく街。夜明けの神秘的な風景を再現している。
トラヴァースタウントワイライトタウンと同様に、狭間の世界に属する特殊なワールドと思われるが、詳細は不明。

  • この時代はまだ世界が隔たれていないのだが、この時点で狭間の世界という分類が存在しているのかも不明。
  • 「曙光」には文字通り夜明けの光という意味のほかに、「物事の前途に見えはじめた明るいきざし」という意味もある。

基本的には何時も夜が明けていく光に照らされている世界であり、ワールド名的にもトラヴァースタウンやトワイライトタウンと似た雰囲気を持つ。

  • しかしこの二つの街とは違っていつでも夜明けの時間帯というわけではないようで、イベントシーンでは夕焼け空や夜景も確認されている。

 
KHχ及びUχではプレイヤー達の住むワールドであり、冒険の拠点となる。


マップ切り替えのマークはLUXマーク。
BGMの正式名称は不明だが、フィールド曲とバトル曲のメドレーがKHOにて「Daybreak Town: The Heart of χ」として演奏された。


場所 Edit

中央市場と臨海公園はKHχ一周年特別イベントの舞台として先行登場した。
その時は通常のデイブレイクタウンとは異なるワールドの扱いとなっていて、二つを直接行き来することはできなかった。


以下の場所以外にもユニオンクロスの際のマップにおいて墓地のような場所が確認されている。
また、ハロウィンの際のイベントストーリーにおいて登場した、広間の中央に天球儀のようなものが置かれた薄暗い洋館のようなマップも存在する模様(こちらは毎月13日から行われていた機関イベントでも使用されている)。
 
他にも、クエストによっては臨海公園の灯台下にある船着場から離島のような場所へ行ける。

  • この離島らしき場所にも灯台(てっぺんにルクスのマークのモチーフがついている)がある。
  • イベントによっては船の墓場のような禍々しい海域のマップに行けることもある。

噴水広場 Edit

家々に囲まれた噴水広場。
噴水の周りの地面には青紫色の星が描かれている。

  • シーズンイベントの開催に合わせてデコレーションが飾られることもある。

 
KHχのオープニングの舞台。
プレイヤー達が集まる場所であり、ログイン直後も毎回この場所からゲームが始まる。
また、各種イベント開始時もここで説明が行われる。
 
通常時は朝焼けのように明るいが、レイドボスが出現している時は夜明け前の薄明かりのように暗くなる。


ワールドとして訪れた場合も最初にここに降り立つ。
坂を下ると1番街、坂を上ると2番街、門をくぐると中央市場に行ける。


更新により、チーム結成画面とデイリーチームバトルの結果発表の際の背景がここになった。

1番街・2番街 Edit

山の斜面にある、立体的な街。
中央に大きな階段があり、そこから左右に路地が伸びている。
階段の先は光のような朝モヤに包まれて何も見えず、その先には行くことができない。

  • KHUχでは進むことは出来ないが、うっすらだが見ることが出来る。2番街の奥は噴水広場と似たような場所に続いている様子。

2番街の水路から地下水路を通って時計塔内部へと侵入することができる。物語開始当初は常に水が流れているが、時計塔への侵入時に水路のスイッチを操作して以降は通行が可能になる。


更新により、ウィークリーランキングの結果発表の際の背景がここらしき場所になった。

モーグリの店 Edit

噴水広場にある店。キーブレード使いたちの集会場に使われている。
店内は薄暗く、テーブルの上のロウソクのみが照らしている。
ここの屋根裏部屋からは、噴水広場・上層(噴水広場の周りの建物の屋根の上)に出られる。
店内の階段付近には写真がたくさんあり、その中の一番大きな写真はこのワールドの時計塔である。

中央市場 Edit

野菜や果物を売っている大きな市場。
ここから橋を渡ると臨海公園に行ける。
売っている商品は森のキノコやめのうのリングなど。アンテナショップ?

  • 一応売ってはいるが回収しても大丈夫。

臨海公園 Edit

大きな橋を渡った先にある海辺の公園。
橋を渡りきった先には展望台があり、橋の途中で遊歩道へ降りて進むと大きな花畑がある。
遊歩道と臨海公園にはLUXマークをかたどった植込みがあり、花畑にも中心に大きなLUXマークがあしらわれている。
また、花畑があるエリアには「隠れミッキー」が何か所か存在する。

花畑の先のエリアには灯台があり、地下水路と繋がっている。

時計塔周辺 Edit

時計塔のふもとのエリア。エリア中央は橋になっており、大きな川が流れている。
川に降りる階段があるが、ゲーム中では川に降りることはできない。
χBCでは階段を下りた先でアヴァがグウラをかくまっていた。

時計塔 Edit

噴水広場の奥に見える、時計のついた巨大な建物。ワールドロゴやワールド選択画面にも描かれている。

  • レイドボス出現時には、マイページから見えるこの建物の周りに黒い雲が出現する。

街のシンボルといえる建物だが、詳しいことは住人達(キーブレード使い達)も知らず、外側からは入り口すら見当たらないなど謎が多い。

内部は沢山の歯車が組み合わさっている。
黒装束が通常の雑魚敵のように何体も存在する。

  • 歯車の部屋は更新予定だったダンジョン(仮)の開発画面で登場していたため、前々からこのエリアは製作されていたことがわかる。

最深部には研究室のような部屋があり、チリシィがプレイヤーに見せた夢では予知者の5人と黒コートの人物がここで密談をしていた。
 
闇の回廊トライアルでのみ、塔の外周部と振り子の裏側のガラス張りの部屋が登場した。

  • 塔の外周部はUχのメインストーリーでも訪れることが出来る。

更新により、ウィークリーユニオンランキングの結果発表画面の背景がこの時計塔の見える風景になった。


KHIIIのアーマー・ゼアノート戦において、水中ステージに移動した際、ゼアノートの背後にこの時計塔と思われる廃墟が姿を現す(画面を上下反転すると完全に一致)。戦闘中に建物に近づくと、印象的な巨大歯車も朽ちてはいるがはっきりと確認できる。
立地的にスカラ・アド・カエルムの裏側に鏡のように位置していると考えられる為、2つの世界は何か深い繋がりがあることは間違いない。

  • どうやらデイブレイクタウンの跡地(の逆さまに位置する場所)にスカラ・アド・カエルムがあるようだ。
    「かつてのキーブレード使いの都」という発言もここから来ているのだろうか。

地下水路 Edit

街の地下に存在する巨大な水路。
内部は暗く、管理用と思われる通路と何らかの装置の一部と思われる複数の歯車がある。
 
物語中では、時計塔に侵入するために2番街の水路の水を抜いて入ることになる。

入口から左側は歯車が通路を塞いでいるため、右側にしか行けない。
右側の奥は暗転しているせいで先に進めない。
 
Uχではモーグリの店に開いた穴から別のエリアに侵入することになる。
こちらは物語中で水が抜けて底まで降りられるようになる。
また、地下水路の端は臨海公園の灯台の地下室ともつながっている。

7番街 Edit

時計塔近くのエリア。マスター・グウラが出入りしている空き家がある。
時計塔・周辺のみと行き来が可能。
マップ右下の入り口から左へ進むと階段があり、階段を上って折り返すとマップ入口の上側へ行ける。その先とマップ入口すぐの奥側へ続く道の先には行くことはできない。
ストレリチアが襲撃されたのもここの空き家。

  • 3番街から6番街は登場していない。

街はずれの丘 Edit

街全体を見渡せる位置にある丘。
χではアヴァとルシュが、χBCではマスター・オブ・マスターとイラがここで会話をしていた。また、Uχではエフェメラスクルド、チリシィもここにいることが確認できる。