Pz.Kpfw. 35 (t)

Last-modified: 2016-01-24 (日) 10:14:58

Tier 2 ドイツ 軽戦車

公式紹介ページ

スペック

車体

HP150
車体装甲厚(mm)25/16/16
最高速度(km/h)35
重量/最大積載量(t)9,99/11,0
本体価格(シルバー)3,600
修理費(シルバー)

戦車パッケージ

パッケージ名
(必要経験値/購入シルバー)
PzKpfw 35(t) II
(860/14,330)
Pz. 38(t)
(1,250/33,000)
Pz. 35(t)
(120/3,600)
LT Vz 35 2cm
(35/1,910)
PzKpfw 35(t) Ausf V
(265/3,790)
PzKpfw 35(t) III
(820/13,900)

詳細

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回
速度
視認
範囲
HP通信
範囲
Pz.Kpfw. 35 (t)Skoda T-113.7 cm KwK 34 (t) L/40PzKpfw-35-(t)-StandardkettenPzKpfw-35-(t)-Standardturm150290
120AP
APCR
HE
40
69
18
40
40
45
7214
2G
8
26.09
1.70
0.47
4625/16/1632290
LT Vz 35 2cmSkoda T-112 cm KwK 30 L/55PzKpfw-35-(t)-StandardkettenPzKpfw-35-(t)-Standardturm150310
120AP
APCR
23
46
11
11
3003
1G
95.24
1.70
0.58
4625/16/1632290
PzKpfw 35(t) Ausf VSkoda T-112 cm KwK 38 L/112PzKpfw-35-(t)-VerstärktekettenPzKpfw-35-(t)-Standardturm150310
120AP
APCR
39
51
11
11
3003
1G
113.21
1.60
0.44
4825/16/1632290
PzKpfw 35(t) IISkoda T-152 cm Flak 38 L/112PzKpfw-35-(t)-VerstärktekettenPzKpfw-35-(t)-Verstärkteturm180525
220AP
APCR
39
51
11
11
3003
1G
122.45
1.60
0.44
4835/16/1632320
PzKpfw 35(t) IIISkoda T-153.7 cm KwK 38(t) L/47PzKpfw-35-(t)-VerstärktekettenPzKpfw-35-(t)-Verstärkteturm180525
220AP
APCR
HE
42
74
18
40
40
45
7214
2G
8
26.09
1.70
0.40
4835/16/1632320

外観


Pz.Kpfw. 35(t) - 3.7 cm KwK 34 (t) L/40
 

LT Vz 35 2cm - 2 cm KwK 30 L/55
 

PzKpfw 35(t) Ausf V - 2 cm KwK 38 L/112
 

PzKpfw 35(t) II - 2 cm Flak 38 L/112
 
PzKpfw 35(t) III - 3.7 cm KwK 38(t) L/47
 
パッケージ前半の砲塔Standardturmと後半のverstarkteturmの外観は、国籍マークの位置が違うのみで形状自体に差違はない。

解説

史実

1920年、共和国憲法を制定しチェコスロバキア共和国が誕生。
1930年代には世界第7位の工業国であり、戦車等の兵器開発と生産を自国で行える程にまで発達していた。
当時チェコはフランス軽戦車Renault FT-17を配備していたが、1918年に生産された車両の為、国産新型車両の開発が求められた。
1935年にLTvz.34軽戦車(Light Tank VZ型 34年式)が配備されたが、緊迫する世界情勢から更なる新型車両の開発が求められ、軍はCKD社とシュコダ社に開発を打診。CKD社はLTvz.34の改良型であるP-II-aを提示。対してシュコダ社は新規設計のS-II-aを提示した。
軍のテストの結果、シュコダ社のS-II-aに決定した。1935年10月30日、LTvz.35として制式採用された。
S-II-aの採用に関しては色々と説があるが、シュコダ社はオーストリア=ハンガリー帝国及びチェコスロバキア共和国では最大の財閥である。財閥、軍、政府が何らかの形で繋がっているのは珍しくもない話である。
LTvz.35は1937年にはチェコの主力戦車となっており、イギリスのヴィッカース Mark E、ポーランドの7TP(ヴィッカース Mark Eのライセンス生産)、ソ連のT26、イタリアのM11/39及びM13/40、ドイツのPz.Kpfw.III等当時のヨーロッパの戦車に匹敵していた。
しかし1938年から段階的にドイツによるチェコ併合が進められ、1939年3月、チェコはドイツと併合した。
LTvz.35はドイツ軍によって接収されPz.Kpfw.35 (t)の名前を与えられた。(ドイツ語ではチェコの頭文字はcではなくt =Tschechoslowakei)
Pz.Kpfw.IIIに匹敵する能力はドイツ軍兵士に歓迎され、また質・量共に力不足であった第二次世界大戦開戦初期のドイツ軍にとって貴重な戦力となった。
Pz.Kpfw.35 (t)は第1軽装甲師団(後の第6装甲師団)に配備され、1939年のポーランド侵攻を皮切りに、1940年のフランスの戦い、1941年のバルバロッサ作戦にも参加していたが、本作戦で赤軍の装備していたKV-1とドイツ兵から「ギガント」と呼ばれたソ連重戦車KV-2の前になす術もなく149両中40両を失い、その後登場したソ連中戦車T-34の前には性能不足であり1941年12月10日までに全車を損耗した。
LTvz.35はルーマニアを始めとする、諸外国にも少数が輸出された。

日本に余り馴染みのないシュコダ(スコダとも)社は、チェコにおいて自動車の一大メーカーである。(日本には輸出してない為、知名度がない)
現在はアウディの傘下となっているが、自動車や鉄道などの開発を古くから行っており、冷戦時下では警察車両の他、KGBや秘密警察車両にも使用された為、スパイ小説などで度々登場する。
熱心なモータースポーツファンなら、2005年のラリー北海道でシュコダ・ファビアWRCの左面のSkodaのロゴをわざわざ日本のファンの為に「シュコダ」とカタカナに替えたのは記憶にあるだろうか。

コメント