VK 28.01

Last-modified: 2017-10-21 (土) 02:54:54

Tier 6 ドイツ 軽戦車


公式紹介ページ

スペック

車体

HP550
車体装甲厚(mm)50/30/30
最高速度(km/h)68
重量/最大積載量(t)25.01/26.5
本体価格(シルバー)945,000
修理費(シルバー)

戦車パッケージ

パッケージ名
(必要経験値/購入シルバー)
PzSfl 2801
(25,590/95,380)
Spahpanzer I C
(43,100/1,360,000)
VK 28.01
(28,500/945,000)
Leichter Mehrzweckpanzer
(800/10,450)
Mehrzweckpanzer Lange
(7,740/40,000)
PzJgr 2801
(20,250/77,880)
VK 2801 F II
(25,990/96,000)

※ゲームではMerhzweckpanzer Langeの綴りが誤植(rとhが逆)のため訂正してます。
(Mehrzweckpanzer:多目的戦車の意味)

詳細

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
AufklPz 2801Argus 12LD330H5 cm KwK 39 L/60VK-2801-Ketten Ausf. AVK 28.01 Ausf. A550310
550AP
APCR
HE
67
130
25
70
70
90
12030
5G
18
26.09
1.70
0.38
4450/30/3044370
Leichter
Mehrzweckpanzer
Argus 12LD330H7.5 cm KwK 37 L/24VK-2801-Ketten Ausf. AVK 28.01 Ausf. A550415
550AP
HEAT
HE
43
87
38
110
110
175
8030
5G
38
15.79
1.70
0.55
4450/30/3044370
Mehrzweckpanzer
Lange
Argus 12LD330H7.5 cm KwK 40 L/43VK-2801-Ketten Ausf. BVK 28.01 Ausf. A550700
550AP
APCR
HE
103
139
38
110
110
175
8770
7G
38
15.79
1.70
0.40
4850/30/3044370
PzJgr 2801Maybach HL 210 TRM P307.5 cm KwK 40 L/48VK-2801-Ketten Ausf. BVK 28.01 Ausf. A550710
650AP
APCR
HE
110
158
38
110
110
175
8770
7G
38
15.79
1.70
0.38
4850/30/3044370
PzSfl 2801Maybach HL 210 TRM P307.5 cm KwK 40 L/48VK-2801-Ketten Ausf. BVK 28.01 Ausf. B610710
650AP
APCR
HE
110
158
38
110
110
175
8770
7G
38
17.64
1.70
0.38
4850/30/3044390
VK 2801 F IIMaybach HL 210 TRM P3010.5 cm KwK 42 L/28VK-2801-Ketten Ausf. BVK 28.01 Ausf. B610710
650AP
HEAT
HE
64
104
53
350
350
410
42120
10G
128
7.50
2.29
0.55
4850/30/3044390

外観


AufklPz 2801 - 5 cm KwK 39 L/60
 

Leichter Mehrzweckpanzer - 7.5 cm KwK 37 L/24
 

Mehrzweckpanzer Lange - 7.5 cm KwK 40 L/43
 

PzJgr 2801 - 7.5 cm KwK 40 L/48
 

PzSfl 2801 - 7.5 cm KwK 40 L/48
 

VK 2801 F II - 10.5 cm KwK 42 L/28

解説

史実

1943年、ドイツの戦局は不利に傾いており、ハインツ・グデーリアン上級大将の反対で改良の限界を迎えていたPz.Kpfw.IVの生産は続けられた。
Pz.Kpfw.IVは当時そのバリエーションとしてStrumpanzer IV(突撃戦車ブルムベア)、駆逐戦車JagdPz IV、StuG IV(4号突撃砲)、自走砲Hummel、駆逐戦車Nashorn等を生み出した。
そこでグデーリアン上級大将は生産が続けられていたPz.Kpfw.IVと交換する予定で同年6月に多目的戦車を提案した。
これは偵察戦車、砲兵観測戦車、対空戦車、軽戦車駆逐戦車、軽自走砲の他に特殊車両として使用される事が前提であった。
この新型車両は28t級新型戦車。開発コードVK 28.01と命名され、これを受けて兵器局第6課が開発を命じたクルップ社によって設計される事となり、クルップ社はアルグス社製12LD330H空冷12気筒ガソリン(550馬力)にオルヴァー55 11 17トランスミッションを組み合わせ、6枚の下部転輪と幅600mmの履帯、前方配置の起動輪を持つ車両を設計した。

1945年4月には生産が開始される予定であったが、同年10月に計画は中止となり、Pz.Kpfw.IVの生産が継続される事となった。
また同年7月16日にはクルップ社は4連装2cm機関砲Flakvierling38をオープントップに搭載した対空戦車案のVK 28.01を提案するが、結局は採用されなかった。

コメント