Top > 武器 > ディアブルジート
HTML convert time to 0.005 sec.


武器/ディアブルジート

Last-modified: 2017-11-24 (金) 16:24:03

MHXXにて登場した角竜ディアブロス素材のガンランス。

目次

概要 Edit

  • MHXXにて遂に登場した、本家シリーズで初の角竜ディアブロスを素材としたガンランスである。
  • ディアブロスの2本のが刺突部位となっていて、2本の角の間に火砲が配されている。
    それ以外の武器全体もディアブロスを模したデザインをしており、銃槍には襟飾りや背甲を模したパーツがあり、
    盾はディアブロスの尻尾を模して装甲に尾甲を使ったものとなっている。

性能 Edit

通常種武器 Edit

  • ジェネラルパルドのLV3から派生できるほか、
    G級素材を使うことで上位段階の最終強化であるLV2強化形の「ディアブルガルジート」の一発生産が可能。
    上位の最終強化、ディアブルガルジートの性能は
    • ディアブロス武器の伝統たる無属性
    • 上位武器としては高めの攻撃力220
    • 足を引っ張る会心率-10%
    • 斬れ味は素で青ゲージ50斬れ味レベル+2白ゲージ30
    • あって損は無い防御力+10のボーナス
    • 砲撃は拡散型LV3
    • スロットが1つ
    上位最後の武器としてはそこそこな性能である。
    優秀な斬れ味ゲージはガンランスとしては有り難いところだが、
    上位終盤まで進めて来たならばより使い勝手の良い属性ガンランスが多数あるはずなので、
    わざわざこれを選ぶことは無いだろう。
  • そしてG級の強化形だが、G級素材を用いた強化を3段階踏むことにより、
    究極強化形「角竜銃槍イーラホーン」となる。
    イーラホーンの性能は
    • 無属性だが高水準の攻撃力340
    • やはり付きまとう会心率-10%
    • 斬れ味ゲージは素で白ゲージ40を持ち、斬れ味レベル+2で紫ゲージ40とかなり優秀
    • 引き続きの防御力+10のボーナス
    • 砲撃は拡散型LV4に強化
    • やはりスロットが1つ
    マイナス会心率こそあるものの優れた攻撃力、充分な砲撃性能、優れた斬れ味、若干の防御ボーナスと、
    無属性武器として全体的に優秀な水準でまとまっており、なかなかな性能と言えるものとなった。
  • ではイーラホーンがガンランス全体から見て秀でているかというと、そういうわけではなく、
    無属性の拡散型ガンランスだけで見ても強力なライバルが存在する。
    • 最大のライバルがラスボスのアトラル・カ素材の「真名ウアスアンク」であろう。
      イーラホーンに肉薄する攻撃力に同等の砲撃性能、斬れ味の白ゲージこそ短いが素で紫ゲージ20を持ち、
      より優れた防御ボーナスとスロット数となっており、イーラホーンのほとんど上位互換と言えるものとなっている。
    • それ以外にも、素で斬れ味ゲージMAXで紫ゲージ20と白ゲージ50を持つ
      ティガレックス素材の「轟銃槍【大虎砲】」、
      高めの攻撃力にプラス会心率、素で白ゲージ30を持つジェネラルパルドの究極強化形「インペリアルオルデン」
      といった強力なライバルが存在している。
    また、高攻撃力で汎用属性の拡散型ガンランスを見ても が存在している。
  • 以上のように、イーラホーンは「悪くはない性能だが、対抗馬の方が優秀」といった形となっている。
    ただ、実戦に耐える性能を持つ優秀な一振りであることは間違いない。

二つ名武器 Edit

  • また、同作のメインモンスターの一体であるディアブロスの二つ名個体・鏖魔ディアブロスを素材としたものも存在する。
    生産状態の「マサクルルジート」から始まり、途中で「マサクルルジーダム」の銘を挟んで、
    LV5で究極強化形の「鏖銃槍クロムウェル」となる。
  • クロムウェルの性能は
    • 無属性だが圧巻の攻撃力370
    • 同時に足を大きく引っ張る会心率-30%
    • 斬れ味は素で白ゲージ30、斬れ味レベル+2で紫ゲージ30
    • 砲撃は通常種武器と同じ拡散型LV4
    • 防御ボーナスとスロットは無し
    • 二つ名武器のため狩技ゲージが溜まりやすいボーナス
    鏖魔武器の特徴である圧倒的な物理攻撃力が目を引く。
    しかし同様に鏖魔武器の恒例である大きなマイナス会心率が痛く、痛恨会心などのフォローが欲しいところ。
    素の斬れ味も微妙なラインなので、斬れ味レベル+2や業物も欲しいところである。
    しかしガンランスは必須スキルとされるものが多くてスキル負荷の大きな武器種であるため、
    必須スキルと共にこれらのスキルを発動させるのはかなり難しいのが難点である。
    逆に必須スキルと共にクロムウェル運用のためのスキルを発動できれば凄まじい攻撃能力を発揮できる。
  • こちらのライバルは、同じ二つ名武器で無属性拡散型ガンランスである、
    宝纏の「ブルトデアマンテ」と、荒鉤爪の「荒鉤爪銃槍RAGE」であろう。
    ブルトデアマンテは白ゲージこそないもののクロムウェル以上の凄まじい攻撃力を持つため
    青ゲージや鈍器スキルでも肉薄する物理火力を発揮し、さらに砲撃レベル5を持っている。
    RAGEは攻撃力こそ劣るものの、匠スキル不要で紫ゲージ30と白ゲージ60を持つため、
    スキル構成など運用についての柔軟性が非常に高い。

余談 Edit

  • 二つ名武器の銘の「クロムウェル」は、
    イギリス革命(清教徒革命もしくはピューリタン革命)の革命派指導者、オリバー・クロムウェルからと見られる。
    彼は市民階級に味方して当時の王政を打倒して、チャールズ王を追放、処刑したが、革命後はあろうことか自分が独裁者となり、
    反議会側が多かったアイルランドで虐殺を行う等ど強硬な政策をとっていた。
    そのため国民からは強烈な反感を買い、死後に墓を掘り返されて当時の要人共々絞首刑に処され、晒し首にされているつまり二度死んだということである
  • だが、「当時の要人共々処刑された」と言って勘のいい人はこう思うだろう。「誰が処刑したのか?」と。それは王政復古で帰って来た王達であり、彼らは専制君主制を行った。そしてその数十年後にまた名誉革命がおこって王が代わり…と、当時のヨーロッパはこのようにグダグダであったのだ。
    今では「イギリスの王権政治を打倒した革命家」として英雄として紹介されることが多いが、
    このような英雄的評価の一方で、「王殺しの反逆者」として長らく扱われてきた。

関連項目 Edit

モンスター/ディアブロス
モンスター/鏖魔ディアブロス
武器/ディアブロス武器
武器/フレアブロス - MHFにおける角竜素材のガンランス(ディアブロスとモノブロスの混合)