Top > システム > 【プリズン】


システム/【プリズン】

Last-modified: 2018-09-18 (火) 02:03:44

FF14 Edit

モルディオン監獄。ゲーム内でルール違反(差別的な発言や問題ある行動)を起こした時にGMに連れてこられる場所。いわゆる説教部屋。
普通にしていれば送られることもないし、行くこともない。というか行けない。

  • GMとの対話(主に反省)の後、程度によってはそのまま元の場所へ帰してもらえるが、そのまま利用権停止になることも。
  • 2017年の新生祭のイベントでここ(を模した同名の場所)へ行くことができた。そこでスタッフから4周年について感謝の言葉を述べられる。少し動くことができるので、参加した殆どのプレイヤーは「監獄へ送られた」SSを撮っていた。
    • 実際の監獄は行くこと自体不名誉なことではあるか、ロケーションそのものが凄くレアなので、対話の後記念にSSを取る人はいるらしい。

FFTA Edit

エンゲージでロウ違反し、ジャッジにレッドカードを出されると
強制的に山岳都市スプロムのプリズンに送られる。
ここに入れられた者は定められた期間の間、クランに復帰することができない。
また収容期間を終えても勝手に帰ってくる訳でもなく、迎えに行かないとクランに復帰することはない。
服役期間はカード累積枚数に比例する。


累積カード枚数が金額や服役期間の計算に使われる場合、レッドはイエロー2枚分として扱われる。


プリズンで行えること

  • 保釈
    ギルを払って違反者をすぐプリズンから出してもらうもの。
    金額はキャラクターのレベルと収容期間によって変動する。これまで受けた累積カードはそのまま残る。
     
  • 免罪
    みずからプリズンに入り累積しているイエロー、レッドカードを帳消しにしてもらう。
    一定期間(バトル○回)収容されるほか、同時にギルを支払わなければならない。
    期間はキャラクターのレベルに比例し、必要金額は累積カードと免罪使用回数に比例する。
    マーシュの免罪中はクラン活動を行えないので注意。

マーシュの免罪時に「クラン活動を行えない」というのは、服役期間分だけ日付を進められるということである。
進められる日数は、イエロー累積枚数×7日。
期限付きのクエストを受けている場合、免罪の間にその期限を過ぎると当然失敗となる。


ここにはジュリアンという囚人がいて、脱走の手引きの依頼をパブに出してくる。
スプロム限定で、サブクエスト「脱走お助け」として彼の依頼を受けることができる。
理由は「ワイフに誕生日プレゼントをわたすため」らしく、一度クリアしても毎年発生する。
看守が「大変だ、ジュリアンがまた脱走してるぞ!」と言っているので、紛うことなき常習犯である。


「正義と法が支配する場所」
FFTAは「ロウは守るもの」という世界だと、ここに来る度ヒシヒシと伝わってくるのだが、
そのためアウトローな輩はヤクトに集ったりする。