地名・地形/【水の洞窟】

Last-modified: 2020-06-11 (木) 05:54:06

FF3

水の神殿の北に位置する洞窟で、最深部に水のクリスタルが封印されている。
入ってすぐに、誰もクリスタルに近づけないよう作られた扉がある。
これは水の巫女にしか開けることができないので、エリアを仲間にしてから訪れる必要がある。
 
ここで出現するモンスターの多くは雷属性の攻撃に弱い。
FC版では1つの宝箱も無い。
 
最深部で水のクリスタルの光を取り戻すことに成功するが、そこにクラーケンが放った呪いの矢が光の戦士たちを襲う。
間一髪エリアが庇い難を逃れるが、彼女は致命傷を負ってしまい命を落としてしまう。
クラーケン撃破後、エリアから水のクリスタルの称号を授かり、新たなジョブにチェンジすることが可能になる。

  • 敵の出現数が多く勝利に時間がかかるのに加え、広い構造でエンカウント数も嵩む。
    そろそろ攻撃回数が増えるかというレベル帯で挑むことだろうが、順調な攻略は難しいだろう。
    ここを乗り切れば、アムルの町以降こちらの戦力が見違える程に強化される。

クラーケン撃破後に洞窟が崩壊し、主人公たちは気絶してアムルに運ばれることになる。
が、その後改めて洞窟に行くとどこも崩壊した様子はなく、奥のクリスタルルームも普通に入れる。
まさかあの崩壊はエリアの死体を埋めるためだけに…?

  • ここはクリスタルの魔力によって守られた聖なる空間であり、
    洞窟全体を含めて崩壊は免れたと考えればなんとか。
    • しかし、その理屈だと主人公たちもその場で気絶することになる。わざわざそんなとこまで来て発見し、アムルまで運んでくれたのは誰なんだ?実にご苦労な話ではあるが。
  • 実は落盤自体が狂言だったとか

ここのクリスタルルームでは、初回はクラーケン襲撃から世界浮上までの一連のイベントが発生するため、
水のクリスタルに直接話しかけたければ、世界浮上後に再びこのクリスタルルームに足を運ぶしかない。


封印されていたはずなのになぜか扉の向こうにもモンスターが出現する。

FF3(DS版以降)

DS版ではB2Fにクラス4の黒魔法ブリザガがあり、直後のボス戦で重宝する。


ここでブリザガが手に入るのはギサールの村で買えなくなった事への救済措置か。
それでもガルーダ撃破まではブリザガが買えないので、黒魔導士・赤魔導士を使用しているプレイヤーは是非手に入れておきたい所。そうでないと深刻な火力不足に泣く羽目になる。

FFRK

FF3のダンジョンとして登場する地名。ボスはクラーケン
ノーマルダンジョンでは2017/9/19のリニューアルから、ヒストリーの初回クリア報酬にアルクゥの記憶結晶が追加された。