きりのなかのできごと

Last-modified: 2020-10-20 (火) 20:55:16

「静かにしろぉ!僕は怖くなんか無いぞぉ!」
きりのなかのできごと

日本版タイトルきりのなかのできごと
英語版タイトルHaunted Henry
脚本ブリット・オールクロフト
デビット・ミットン
放送日・1998年9月28日(英国)
・1998年12月7日(オーストラリア)
・1999年1月25日(カナダ)
・2000年5月30日(ドイツ)
・2004年1月19日(韓国)
・2009年8月11日(ハンガリー)
話数第115話
第11話(シーズン内)
この話の主役ヘンリー
シーズン第5シーズン
機関車紹介エドワードゴードンヘンリー
登場キャラクターAエドワードヘンリー貨車達/防水布を被せた無蓋貨車LNERの顔付き有蓋貨車(タイプ1)
(未公開シーンのみ : ゴードン)
登場キャラクターBゴードン
登場キャラクターCトーマスジェームスアニークララベル
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿オールド・ベイリーヘンリーの機関士ヘンリーの機関助手ウェルズワーズ操車場の作業員
登場人物Bトップハム・ハット卿の付き人トーマスの機関士
登場人物Cウェルズワーズ駅長ウェルズワーズ駅の駅員
登場人物D無し
登場スポットウェルズワーズ機関庫
ウェルズワーズ操車場
ウェルズワーズ操車場の大型転車台(未公開シーンのみ)
ウェルズワーズ駅
古い石橋
ハーウィン・レーク踏切
ハーウィン・レーク高架橋(言及のみ)
ハーウィン湖
ハーウィン・レーク駅
あらすじヘンリーエドワードからと霧に纏わる怖くて恐ろしい話を聞いた。ヘンリーは信じようとしないが、霧の中を進んで行くと…。
メモ・冒頭のシーンの第3シーズントーマスとパーシーとりゅう』の使い回し映像。
・今回の梟の鳴き声は可愛らしい声で鳴いているのに、動物好きの筈のヘンリーは馬鹿にしている。
・未公開シーンではゴードンも喋っている。
・『仲間に怖いお話を聞かせてあげるのが好き』と言う設定が追加されたエドワード
・この話のエドワード第3シーズンやったねビルとベン』に続いて終始笑わなかった上に、『バイバイ ジョージ!』に続いて終始走行しなかった。
オールド・ベイリーと面識が有るヘンリーの機関助手
ランプを付けている先頭の貨車
ヘンリーウェルズワーズ駅を出発するシーンとその後とでLNERの有蓋貨車4両の編成が前後逆になっている。
に続いて幽霊を怖がるヘンリー*1
・落下した後のいたずら貨車・いじわる貨車の顔が取れかかっているシーンが有る。
オールド・ベイリーの行動を「親切な幽霊」と称するトップハム・ハット卿
に登場するファーディナンドも、トップハム・ハット卿に変な呼び方をする。
・この回で学べるのは「禍を転じて福となす」*2「対岸の火事」と言う事。
台詞ナレーター「月の輝く晩だった、ヘンリーエドワードと働いている。ヘンリーは貨物列車を引っ張って、湖の傍の駅に行く所だった。」
エドワードが鳴くと、深い霧になるんだ。霧の伝説には幽霊は付き物だ。ヘンリー、寂れた線路だから気をつけて走れよ…!」
ヘンリー「馬鹿なめ…!に、霧に、幽霊?本当にエドワードは間抜けな奴だ。霧なんて出てないじゃないか!」
ナレーター「でも、それは…間違いだった…。」
ヘンリー「あっ、あれは何だ!?」
ヘンリーの機関士黄色信号だよ。注意して徐行すれば良いんだ。誰か居るかーい?」
ナレーター「でも、返事は無い。ヘンリーはそろそろと前進した。は木の傍に止まった。看板には『陸橋につき注意』と書いてある。」
ヘンリーの機関士「何だって?そんな事誰も注意してくれなかったぞ!見ろよ、信号が赤に変わってゲートが閉まってる。あぁっ、線路係のコートが有るぞ。でも本人は何処に居るんだ?」
ナレーター「すると、の建物がぼーっと光っているではないか!」
ヘンリー「ゆ、ゆ、幽霊だ!エドワードの言った通りだ!!」
ヘンリーの機関士「何か様子が変だ。戻った方が良さそうだな。」
ヘンリー「ぼ…僕も戻りたい…。」
ナレーター「朝になって霧が晴れた、作業員達が陸橋が危なかったと話している。」
ウェルズワーズ操車場の作業員「昨夜、あれを渡らなくて大正解だったよ。」
ヘンリーの機関士「嗚呼、だけど、誰が危険を教えてくれたんだろう?」
ナレーター「その日遅く、機関士が言った。」
ヘンリーの機関士陸橋が修理されたよ。今夜、又あの古い路線を走ろう!」
ナレーターヘンリーは気が進まない。しかし夜になると、ヘンリーは気を取り直した。すると突然のが鳴き、ゴードンが凄まじい勢いで走って来た。」
LNERの顔付き有蓋貨車(タイプ1)「見ろよ!ヘンリーが怖がってるぜぇ!!」(初台詞)
ナレーター貨車が言った。他の連中も大笑いをしている。」
ヘンリー「静かにしろぉ!!僕は怖くなんか無いぞぉ!!」
ナレーター「でも、本当は怖い。暫くすると、濃い霧が立ち込めてきた。昨夜と同じ場所に着くと、また黄色信号が止まっている。」
ヘンリーの機関士「さっ、行くぞ!」
ナレーター「すると、ヘンリーの知らない間に、ゲートが一人でにギーッと閉まっている。そして信号がに変わった。貨車達は一部始終を目撃してガタガタ震えた。」
貨車達/防水布を被せた無蓋貨車「幽霊だぁ!急げぇ、急げぇえ!」
ヘンリー「ああっ、とっ、止まれ!!止まれったら!!」
ナレーターヘンリーの姿を、謎めいた人影がじーっと見ている。前方では、崖崩れが起きて線路を塞いでいた。ヘンリーは目一杯ブレーキを掛けたが、貨車が瓦礫を跳ねて、谷間に突っ込んだ…!」
(貨車が転落する)
ナレーター「…機関士が外に出て見ると、目の前に不思議な光景が見えた。」
ヘンリーの機関士「あれは何だ…?」
ヘンリーの機関助手「ハハっ、あれが幽霊の正体だ、線路係のオールド・ベイリーだよ。」
ナレーターオールド・ベイリーはプンプン怒っている。」
オールド・ベイリー「危ないって注意したのに、どうして聞いてくれなかったんだ!?」(初台詞)
ヘンリーの機関士「御免よ、折角注意してくれたのに…。君にどんなお礼をしたら良いだろう?」
オールド・ベイリーあの古い駅を再開したいんだ。そしたら、二度とヘンリーを脅かさないよ。」(最後の台詞)
ナレーター「暫くして、オールド・ベイリーの夢が叶った。」
トップハム・ハット卿「君と君の駅にはとても重宝してるよ。皆も心から感謝している。この島の…親切な幽霊にな。」
ナレーター「皆が喝采した。中でも、ヘンリーが一番嬉しそうだ。」
英国版CVナレーター/他:マイケル・アンジェリス
米国版CVナレーター/他:アレック・ボールドウィン
日本版CVナレーター森本レオ
エドワード高戸靖広
ヘンリー堀川亮
貨車達防水布を被せた無蓋貨車):遠藤守哉
LNERの顔付き有蓋貨車(タイプ1)江川央生
トップハム・ハット卿青野武
オールド・ベイリー徳山靖彦
ヘンリーの機関士島田敏
ヘンリーの機関助手木下尚紀
ウェルズワーズ操車場の作業員川津泰彦
シリーズ前回ながされたトビー
シリーズ次回なかよくやろうよ
参照画像・参照はきりのなかのできごと/画像

*1 ヘンリーはもっと怖い事を体験するになり、更に数十年後、今度はヘンリー自身が幽霊と間違えられる事となる。
*2 第3シーズンどろんこゴードン』も同様。