いたずら貨車・いじわる貨車

Last-modified: 2021-05-10 (月) 13:57:31

「♪レベッカと一緒だ!レベッカと一緒だ!レベッカと一緒だ!ほらレベッカにドン!アハハハハハ!!」

名前いたずら貨車・いじわる貨車/貨車達
英名Troublesome Trucks
性別
茶色(荷台&バッファービーム)+(バッファー&骨組み&車輪)
灰色(荷台&バッファービーム)+(バッファー&骨組み&車輪)
灰茶色(荷台&バッファービーム)+(バッファー&骨組み&車輪)
薄黒(荷台&バッファービーム)+(バッファー&骨組み&車輪)
濃灰緑(荷台&バッファービーム)+薄黒(バッファー&骨組み&車輪)
所属鉄道ノース・ウェスタン鉄道
イギリス国鉄
分類貨車
原作初登場巻第1巻『三だいの機関車
原作初台詞「きゃー、うひゃー、ありゃー、どうなってんの?」
TV版初登場シーズン第1シーズンエドワードのおてがら
※『トーマスとゴードン』で正式初登場前にカメオ出演している。
TV版初台詞A:「痛たたたたっ!!」塩屋浩三さん初台詞
B:「何だ何だ?!!」里内信夫さん初台詞
C:「嫌だ嫌だ!」宮内幸平さん初台詞
D:「はあああぁぁ!!」高戸靖広さん初台詞
E:「あぁぁ…!」堀川りょうさん初台詞
F:「うわぁーっ!」佐藤佑暉さん初台詞
※正式には「ジェームスに仕返しする代わりにトーマスに悪戯してやろう!」
G:「うわぁーっ!」小林俊夫さん初台詞
※正式には「機関車なんてどれも同じさ!」
「押すなよ!」※81プロデュースに変更後の初台詞
「ヘヘヘヘヘヘッ…!!」※合成作品初台詞
※正式には「エヘハハッ、お馬鹿で間抜けなジェームス君♪雪から出られずさぁ大変♪」
「もっと速く!もっと速く!」※長編、CGアニメ初台詞
「ギャハハハハハハ~~!!」BWBAシリーズ初台詞*1
※正式には「押せ!押せ!押せ!ヒッハハハハハ!」*2
※現実では「♪レベッカと一緒だ!レベッカと一緒だ!レベッカと一緒だ!ほらレベッカにドン!アハハハハハ!!」
一人称
僕(第19シーズンなぞのきかんしゃジェフリー』)
二人称お前

あんた
説明ノース・ウェスタン鉄道貨車達
・その名の通り、悪戯や意地悪が大好きでトーマスは勿論、パーシーでもゴードンでも、さらにはディーゼルなどでも容赦無く悪戯をする。また、ディーゼルと共にダックヒロれた事があり、ベンの双子の兄弟のビル歌のネタで笑い者にした事もある。
・機関車を脱線させる事もあり、第1シーズンジェームスのだっせん』やリメイクした長編第10作では暴走したジェームス牛の野原付近のカーブに差し掛かった所で脱線させた。
・だが、貨車の扱いが上手いエドワードメイビスソルティーレベッカ等にはあまり悪戯しない。
・彼らの扱いを苦手とする機関車もいれば、得意とする機関車もいる。
・全ての貨車達は命知らずとも取れる行動をする事が多く、木っ端微塵になった時には顔が無くなっている*3
メイビスの代わりに働いていたデンが彼らの世話をした事がある。
・ブレーキは手動で作業員が解除するが、悪戯の為に止める事が何度もあり、自分の意思で勝手に外す事も出来るようだ。
・人形劇とCGアニメでは1エピソードに付き、基本10台も存在する。
・稀にフライング・キッパーの一部として扱われる事がある。
・顔のサイズや、貨車の種類は様々ある。
貨車は自力で動けない分お喋りで、自分達の取り扱いに煩い為、エドワード曰く「分からず屋でやかましい」上に、自分達が局長から説教を受けない事を良い事に機関車に迷惑を掛けては機関車が理不尽に局長から説教を受ける事を楽しんでいる。
・現時点で、彼らがトップハム・ハット卿に説教されるシーンは殆ど無い*4
性格ゴードンスペンサーと同じく傲慢な性格で、ノース・ウェスタン鉄道で働く機関車達を見下している。
・悪戯が大好きで、機関車の失敗を笑うのが欠点。
・一応、笑い事で済む範囲ではあるが、機関車に対しては意地悪な態度を執るが、まれに機関車の味方をする事もある。
・中には真面目な性格の貨車もいる。
・機関車の選り好みがあり、牽引される機関車によって態度を変える。
・非常に気まぐれ屋。
・のろのろ進むのが嫌いで、スピードが遅い機関車に体当たりをして無理やり猛スピードで走らせたりしている。
・機関車や良識のある貨車にあだ名をつけて揶揄る傾向がある*5
踏切のゲートが閉まってランプが点灯しただけなのに、幽霊と勘違いしたり、パーシー悪戯をし、ウルフステッド城の真下の鉱山の中に入った時、彼らも鉱山の中が怖かったのか、必死に助けを求めていたり、塗られた発光塗料が光っているヘンリーを怖がり、目をつぶっていた事から、意外と怖がりな面がある。
・急かされたり、乱暴にぶつけられるのが嫌い*6
TV版での経歴第1シーズンの頃はアニークララベルの様な顔だったが、第2シーズンから機関車達の様な灰色の顔に変わる*7*8
貨車の顔のバリエーションは多く、シーズン毎に増えている*9
第5シーズンではランプを装着した事があった。
・表情の関係で、トードスクラフィーバルストロード顏が使われる時があった。
・CGアニメ以降は、機関車に悪戯する事が少なくなった。また、自分達の悪戯で大破する事も減った*10
・そして、人形劇時代は有蓋貨車にも顔が付いていたが、CGアニメ以降は顔の付いた有蓋貨車はしばらく登場しなくなり、第20シーズンにて再登場する。
・フルCGになってから、声が高くなった*11
・日本語版では第18シーズンまで声の担当者が固定されていたが、最近では声の担当者が固定されなくなっている。
・目が動くようになってから、目を回転させるようになった。
第19シーズンで機関車を揶揄うシーンが復活し、喋る回数が多くなる。
第20シーズンでは寝顔が見られ、可愛らしい面もある。
第21シーズンではフィリップの横に集団で集まり、彼の車体番号の68番を再現するパフォーマンスを披露した
第23シーズンではレベッカが彼らを牽いた時はいつも通り、悪戯を仕掛けたが、彼女は彼ら以上に楽しんでいた為、唖然とした。
・CGアニメ以降はノース・ウェスタン鉄道(ソドー鉄道)だけで無く、アノファ採石場ブルーマウンテンの採石場にも姿を見せるようになった。
第7シーズン第10シーズン第13シーズン第22シーズンは一言も喋らず、機関車に悪戯する描写も無かった。
第14シーズン第15シーズンは出番は無い。
モデル・7型無蓋貨車(イギリス国鉄
関連項目スクラフィー
フレッド・ペレイ
リキティー
コーヒー豆の貨車
ブラジルの無蓋貨車
インドの無蓋貨車達
砂を積んだ貨車
石炭の貨車
タイルの貨車
石を積んだ貨車
小麦粉の無蓋貨車
魚の無蓋貨車
ミルク缶を積んだ貨車
スコーンの貨車
クリームの無蓋貨車
木箱を積んだ無蓋貨車
玩具プラレール/トラックマスター
木製レールシリーズ
トーマスエンジンコレクションシリーズ
・トーマスとなかまたち/新トーマスとなかまたち/げんきなトーマスとなかまたち/なかよしトーマス
アーテル
Take Along/テイクンプレイ/アドベンチャーズ
英米版CVベン・スモール第16シーズン-第18シーズン
クリストファー・ラグランドロブ・ラックストローウィリアム・ホープルーシー・モントゴメリーケリー・シェイルガブリエル・ポラス長編第10作-第21シーズン第23シーズン-)
日本版CV塩屋浩三里内信夫宮内幸平高戸靖広堀川りょう川津泰彦佐藤佑暉小林俊夫森功至増谷康紀沼田祐介龍田直樹江川央生麻生智久置鮎龍太郎石川英郎沼田祐介西田裕美平井啓二他(第1シーズン-第6シーズン第8シーズン
下屋則子酒巻光宏三宅健太神代知衣河本邦弘金光宣明小田柿悠太岩端卓也田所陽向中井正則新田杏樹西山宏太朗河杉貴志細谷カズヨシ坪井智浩山崎依里奈秋吉徹大井麻利衣斉藤美菜子小林大紀白石兼斗他(第9シーズン第11シーズン-第12シーズン第16シーズン-第21シーズン第23シーズン-第24シーズン
参照画像参照はいたずら貨車・いじわる貨車/画像

*1 但し、回想シーンのみ。
*2 但し、回想シーンのみ。
*3 意地悪なブレーキ車スクラフィーは除く。
*4 Wikipediaによれば、この時代のイギリスで使用されていた貨車は基本的に鉄道側ではなく荷主の所有物であり、顧客の手前叱れないという事情もあるとの事。
*5 ジェームスに『赤鬼(赤い乱暴者)』、オリバーに『お馬鹿さん』、ヘクターに『怒鳴り屋ヘクター』等。
*6 実際、エドワードディーゼルが彼らに暴力を振るった時に「貨車を乱暴に扱うのはやめて」と言って怒っていた。
*7 だが、『トーマスとパーシーとせきたん』や『ダックしごとをもらう』や『トーマス、だいかつやく』で第1シーズンの頃の顔の貨車が登場していた。
*8 第1シーズンの一部エピソードをCGアニメ化した長編第10作では第2シーズン以降と同じく灰色の顔である。
*9 そして、第19シーズンまでは以前に比べて、バリエーションが少なくなっている。
*10 因みに、第13シーズンでは1話の一場面(カメオ出演)しか登場せず、第14シーズン第15シーズンでは登場しない。
*11 第19シーズン以降高い声の貨車と低い声の貨車も登場する。