ヘンリーの機関士

Last-modified: 2024-01-20 (土) 06:37:10

「急かすどころか宥めるのに大変ですよ。」
原作第28巻のヘンリーの機関士 TV版第4シーズンのヘンリーの機関士 TV版第15シーズンのヘンリーの機関士

名前ヘンリーの機関士
英名Henry's Driver
性別
原作初登場巻第1巻『三だいの機関車』第3話「なさけないヘンリー」
※初めて喋ったのは第5巻『やっかいな機関車』第1話「ヘンリーとサーカスのぞう」
原作初台詞「ぼくだってはいりたくないさ。でも、トンネルをなおさなくてはね」
TV版初登場シーズン第1シーズンでてこいヘンリー
※『トーマスとゴードン』で正式初登場前にカメオ出演している。
TV版初台詞「おーいヘンリー、出て来いったら!」
一人称
私(第1シーズン『きてきとクシャミ』)
説明ヘンリーを運転する
・ヘンリーの相棒的存在。
機関助手とは違い、名前は不明。
一部のエピソードでは、パーシーの機関士として登場した。
・現時点ではCGアニメ移行後は台詞は与えられていない。
性格・ヘンリーの良き理解者で、の事をとても大事にしている*1
・穏やかで紳士的で責任感がある性格で、緊急時にも焦らず冷静に対応が出来る*2
・その反面、器は小さく好戦的な性格*3。更に子供に対して若干厳しい。
・心霊物への耐性がある模様*4
TV版での経歴・初登場時はヘンリーがトンネルに引き籠った際、出てくる様説得に悪戦苦闘した*5
フライング・キッパー牽く事になった時、雪の所為でポイントが凍っている事に気がつかなかったが、事故直前に飛び降りた為、怪我はしなかった。
第3シーズンではお気に入りの森に休憩しに行った時、ヘンリーの質問に「優しい木々に囲まれるからさ。」と答えた。
日本語版CV田中亮一第1シーズンでてこいヘンリー』、第4シーズンさかなにはきをつけろ』)
里内信夫(第1シーズン『ヘンリーのせきたん』、第4シーズン『トンネルのなかのかいぶつ』、第7シーズン
遠藤武(第1シーズン『フライング・キッパー』)
塩屋浩三(第1シーズン『きてきとクシャミ』、第3シーズン
島田敏第5シーズン
参照画像参照はヘンリーの機関士/画像

*1 トップハム・ハット卿から「お前が駄目なら代わりの機関車に仕事をさせるぞ」と言われた時、機関助手と共に悲しんだ。
*2 悪戯坊主が石を投げて窓ガラスを割った事に対して乗客から警察を呼ぶように言われたが、「自分とヘンリーに任せて欲しい。」と言って宥めた。
*3 ゴードンがヘンリーに力比べの挑戦状を叩きつけて来た時に止める事は無く、イギリス本土開催されるレースへの出場権を獲得した時に大喜びだった。
*4 湖の傍の駅行った時、怯える様子もなく平然と辺りを見渡し、二度目の走行の際、ヘンリーを奮い立たせていた。
*5 一度は諦め、を閉じ込めることにしたが、ゴードンが故障し、ヘンリーをトンネルから出した際には再びの機関士に戻った。