技・魔法/【乱れ咲き】

Last-modified: 2021-04-18 (日) 19:32:57

KHIIFM

マールーシャの使う技。
フィールドの中央にワープしたのち、鎌を地面に突き立てて地面に3つの巨大な円を展開する。
花びらと茨が浮き出たいかにも危なそうな色をしている。
地上にしか判定が無いのだが円が巨大なのでフィールドの大半は地上での移動が封じられる。
ダメージを受けるので「ダメージ床」と呼ばれたりもする。そのまんまである。


この技を使用している間はマールーシャは無敵状態なのであらゆる攻撃を受け付けない。
しかしワープした直後から技を使うまでの一瞬は無防備になるのでその隙に攻撃を叩きこむ事も出来る。
タイミングはシビアだが、ワープしてくるところでファイア系の魔法をタイミングよく使えば簡単にとらえられる。

また、中央にワープした瞬間、スライドダッシュなどでダメージを与える事により回避できる。

  • アブセント・シルエット再現データでは直前のワープ→中央に出現→ダメージ床召喚の流れの行動速度が違っており、再現データの方が速い。
  • 技の性質的に前作のサークルリジェクトを意識していると思われる。
    発動時のモーションもCOMとRe:COM、それぞれの第一形態時のサークルリジェクト発動時のモーションを組み合わせたような動き。

KHIIIRM

再現データのマールーシャが使用する。
バトルフィールドが広くなった関係から最大4箇所にイバラが展開されるようになった。更には対空性能も得た。KHIIFMの時は乱れ咲きで行動範囲を狭めてから別の攻撃で攻めてくるという嫌らしさ満点の技だったがKHIIIRMにおいては一連の技となった。技の流れは「イバラを4箇所に展開し竜巻斬りを3箇所で行いフィニッシュにワープ連続斬りと4箇所のイバラを空中まで伸ばす」といった内容となっている。