Top > サイパンの住み心地


サイパンの住み心地

Last-modified: 2017-01-10 (火) 01:42:55

2011年のオープン戦で3番に起用された横浜ベイスターズ・石川雄洋が放った言葉。
その由来は、尾花高夫監督(当時)との会話で石川が聞き間違えた事から。


初出記事 Edit

紅白戦が終わった直後のベンチで、尾花監督がこの日初めて3番で起用した石川に声を掛けた。
「おう石川、3番の居心地はどうだ?
ニコニコと言葉を掛けたにもかかわらず、石川の表情は「?」。監督が「ん? どうなんや?」と追い打ちをかけると、
けげんそうな顔で「はあ、頑張ります…。練習してきます」などと、あいまいな言葉を返した。
石川いわく「『サイパンの住み心地はどうだ』って聞こえた」。聞き返すのも気まずく、受け流してしまったという。
選手と積極的にコミュニケーションを図る監督だが、「空耳」による誤解にご注意を。
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1102170013/

なお、前年までプロ通算3本塁打の石川を3番で起用するこの構想は、半年以上経ってから実現した。


関連項目 Edit



Tag: 横浜