流産キック

Last-modified: 2021-09-16 (木) 19:52:39

元福岡ソフトバンクホークス・斉藤和巳の行為(とされるもの)。

概要

2007年、妊娠中だった当時の妻に対して「流産目的のキックをしていた」と、2011年になって週刊誌で記事にされ話題となった事が由来。

また、前妻との離婚後も慰謝料を一切払わないなどの畜生行為も出たが真偽は不明である*1


記事

http://www.news-postseven.com/archives/20111214_75330.html

「多額の慰謝料や養育費といわれてますが、Nさんは離婚後、斉藤さんから1円も支払いを受けていないといっていました。それどころか母娘は母子手当をもらって生活している。(こうした報道がなされることで)あの母娘は、本当はお金を蓄えていると思われて(役所から)給付をとめられたらどうしよう、とNさんは嘆いていました。福岡はホークスの本拠地で、何かと人の話題にのぼりますからね」

現在、Nさんは福岡市内にひっそりと佇む6畳一間のアパートで長女とともに生活している。

その後、タレントのスザンヌ*2と2011年に再婚した斉藤だったが2015年に離婚。バツ2となり「離婚王」*3という蔑称を付けられた。


関連項目



Tag: ソフトバンク 報道機関


*1 斉藤自身は2019年に斉藤、杉内、和田、新垣で対談した時、杉内からの弄りに対して慰謝料は既に払い終えたと発言している。
*2 最初の妻もタレントだった。
*3 かつての同僚だった新垣渚が「暴投王」と呼ばれていたこととの対比もある。なお野球界では石毛宏典(元西武→ダイエー。1998年のみダイエー二軍監督として斉藤と関わりがあった)が斉藤を上回る3回の離婚をしている。