消防士

Last-modified: 2021-10-19 (火) 11:03:43
  1. リリーフ投手のこと。
  2. 山川穂高(西武)の蔑称。

本項では2について解説する。

概要

2020年1月、山川は一緒に自主トレをしていた砂川リチャード(ソフトバンク)に対して、野球選手としての意識が低いと指摘、そのうえで、

野球やめたら?
野球やめて お前消防士なれよ

と、リチャードに密着中だったカメラの面前で言い放つ。
この映像は公開後、コンプライアンスを欠いた発言ではないかと物議を醸し、なんJでも「これはパワハラじゃないのか」「消防士に失礼」などの議論が起こったが、この時点ではまだ蔑称としては使われていなかった。

不振による蔑称化

2020年シーズンの山川は開幕こそ好調だったものの徐々に失速。さらに8月に右足首を捻挫した後も強行出場を続けた*1ことで不振に拍車をかけてしまった。
最終的に山川の成績は打率.205*2、24本塁打、73打点、OPS.807と新型コロナウイルスの影響で120試合制だったことを考慮しても山川にしては物足りないものになった。

なんJ民は不振の山川に対して「お前消防士になれ」と罵倒するようになったほか、山川が凡退することを「相手のピンチを消防士の如く火消し(凡退)する」と当てはめて山川を消防士と呼ぶようになった。

ちなみにリチャードは同年3月に支配下契約へ移行。ウエスタン・リーグではリーグ最多の12本塁打を記録し低迷する山川とは対照的に成長を見せ、一軍でも2021年9月5日のオリックス戦ではプロ初ホームランとなる逆転グランドスラムを放った。

動画

関連項目


*1 結局は10月に治療に専念するために抹消された。ちなみに10月の月間成績は打率.145、2本塁打、7打点、OPS.491。
*2 規定打席到達者中最下位。なお、四球は選んでいたため出塁率は.357と高かった