Top > T-70

T-70

Last-modified: 2017-02-25 (土) 13:01:13

ussr.t-70.png

Tier 3 ソビエト連邦 軽戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

車体

HP210
車体装甲厚(mm)35/15/25
最高速度(km/h)45
重量/最大積載量(t)9.12/9.5
本体価格(シルバー)39,300
修理費(シルバー)

戦車パッケージ Edit

パッケージ名
(必要経験値/購入シルバー)
T-70M
(5,780/28,150)
SU-76M
(2,550/35,500)
T-80
(3,900/140,000)
T-70
(1,150/39,300)
GAZ-70
(5,090/11,860)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
T-70GAZ-20345 mm 20KT-70T-70210325
140AP
APCR
HE
51
88
23
47
47
62
9014
2G
14
25
2.29
0.46
4835/35/3536300
GAZ-70M-8037 mm ZiS-19T-70 enhancedT-70M230525
170AP
APCR
HE
58
92
19
40
40
50
15035
2G
10
26.09
2.09
0.38
5235/35/3540310
T-70MM-8045 mm VT-42T-70 enhancedT-70M230525
170AP
APCR
HE
75
110
23
55
55
65
9035
3G
19
24
2.29
0.37
5235/35/3540310

解説 Edit

史実 Edit

T-70はソ連の開発した軽戦車で、1941年末から開発され、1943年10月までに8,226両が生産されました。
T-60軽戦車の武装が貧弱だったので、45mm戦車砲M1938を搭載し、前面装甲も45mmの傾斜装甲として、ドイツ軍が使用する37mm対戦車砲に耐えられるようにしたタイプで、砲塔は左にオフセットされており、防楯には60mm厚の装甲を奢られました。
下部転輪は片側5枚、起動輪は前部、誘導輪は後部にあり、上部転輪3枚を持っています。
戦闘重量10t、エンジンはトラック用GAZ-202(70馬力)2基で、路上最大速度50km/hを発揮、しかし、エンジン2基で左右それぞれの履帯を駆動させる方式が、左右の同期が上手く行かず不調に終わり、1942年3月に駆動方式を変更したT-70M型が開発されました。

T-70MではGAZ-203エンジン(85馬力)を串形に連結し、1つのトランスミッションを介して左右の履帯を駆動する方式に変更しましたが、最大速度は45km/hに下がってしまいました。
また、砲塔を平板装甲の溶接組み立て式1名用砲塔に換えて生産性を上げています。 1942年9月からはT-60から生産が完全に切り替えられ、1943年10月まで生産されました。
なお、ソ連戦車といえばディーゼルエンジンを採用していると一般に思われがちですが、T-60シリーズはガソリンエンジンを採用しています。

独ソ戦緒戦で戦車が足らなかったため、主力戦車替わりとして、ドイツ軍のIII号IV号戦車の相手をさせられて大損害を出しました。
車体前面が大きく傾斜しているため、遠方から見るとT-34と誤認されることが多かったそうです。

1943年まで、ソ連戦車旅団の30%前後が本車で占められていましたが、レンドリースで譲り受けた米英の戦車に役割を譲った後、SU-76の車体として使用されました。
全長4.28m、全幅2.42m、全高2.04m、重量9.8t、航続距離350km。
乗員2名。

色々と不評はあったものの、愛着とそれなりの信頼は得ていたようで、しばしばソ連側の記録写真に写っていたりします。

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • ソ連Tier3LTの防御担当(T-46が火力担当 BT-7が速力担当)。最終砲のVT-42は照準速度が装填速度に追いついていない為、遠距離では火力の最大発揮は難しい。速度は普通レベルだが、履帯旋回は良好なので旋回高めのMTのような乗り心地。本車最大のウリである防御面は、正面装甲35mm(傾斜付きのため約50mmクラス)は同格車輌の37~40mm砲であればかなり弾く(貫通60mm以上は流石に無理があるが)。が、側面装甲が15mmと極端に薄いため、敵に対して側面が見える動きは避けるべき。なお、車体正面に付いてるハッチ(多分操縦手用)は50mm以上の厚みがあるようで、敵対した際には注意が必要(実質70mm以上の装甲になる)。砲塔装甲も35mmだが、防盾部分で60mm後半くらいは耐える事も。傾斜がついてる部分が多いので数字以上に耐える場面もそこそこ見受けられる。しかしTier3はTier5マッチに入る機会も多く、Tier5相手では傾斜装甲もアテにはできない。更に本車のエンジンは車体前方にある為、車体正面に被弾した際にエンジンが止まる事も多い。ボトムの際には主力部隊と距離を取るように随伴し、撃たれないような立ち回りが要求される。幸いVT-42はAP貫通75mm(金弾APCRで110mm)と、ボトムでも貫通弾が出せる性能なので腐らずに精一杯戦おう。同格格下には装甲で圧倒し(一番嬉しい点はPz.1cのMGが効かない厚みである事)、格上には機敏な脚と貫通力良好なVT-42で主力支援と、立ち位置によって振る舞いが変わる楽しい車輌である。 -- 2016-08-19 (金) 17:58:27
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White