Top > Belfast


Belfast

Last-modified: 2019-08-03 (土) 09:36:38

1945年 大英帝国 軽巡洋艦 ベルファスト Edit

96A9AF07-95F9-4855-826C-93B104B047E9.jpeg
アップデートVer.2.00.029にて実装されたイギリスツリー高ティア軽巡洋艦。
タウン級巡洋艦グループの一隻で、その後期型のエディンバラ級の二番艦である。
大戦を生き延びた本艦は、今もなお軍事博物館としてロンドンのテムズ川にその勇姿を留めている。

基本性能 Edit

※括弧がある欄は【改修後の数値(初期値)】

年代1945国家大英帝国
艦種軽巡洋艦対潜×
耐久値30250(27500)戦闘成績(BR)290
基準排水量(t)10545最大排水量(t)13175
最大速力(kt/h)31.2(29.8)最大舵角34.6(33.0)
可視距離(km)10.8(10.3)絶対視認距離(km)-
アンロック費985000S購入費用9850S
1700G

装甲防御 Edit

※単位はインチ(in)表示

防御区画前部中部後部装甲重量(t/0.1in)
甲板部3.03.03.030
舷側部4.54.54.530

※史実準拠の場合。購入時は無装甲・非武装状態。

搭載武装 Edit

主砲名称火力射程
距離
(km)
装填
速度(s)
重量(t)貫通力
6インチ 50口径 MarkⅩⅩⅢ 三連装砲72023.38.619248
6インチ 50口径 MarkⅩⅩⅡ 三連装砲72023.31015648
副砲名称火力射程
距離
(km)
装填
速度(s)
重量(t)貫通力
4インチ QF MarkⅩⅥ 連装砲40018.153.53755
魚雷名称火力射程
距離
(km)
装填
速度(s)
重量(t)雷速(knt)
21インチ MarkⅨ 三連装魚雷350012.36012241

艦載機 Edit

機種名称攻/防航続時間
(sec.)
巡航速度
(km/h)
機体重量
(t)
格納庫容量装備火力装備重量
(kg)
水偵Walrus Mk.Ⅰ50/7001350215360507lb HE爆弾1630230

※最大搭載数3機、パイロット数3名。

部品改修 Edit

改修段階火力索敵速度装甲
砲塔旋回装置新型望遠レンズ副舵輪側面装甲帯
強化弾頭電波探信儀新型艦首排水ポンプ
主砲装填装置精密探信儀変速機船体強化
××舵輪強化装甲
××ボイラー×

立ち回り Edit

主砲 Edit

主砲は装填時間が短くが旋回速度が低く重いタイプか装填は遅いが旋回速度が高くて軽いタイプの2種類がある。好みで選ぶといいだろう

だが、どちらとも対空砲弾を積んでないことは覚えておこう。

余談だが、ベルファストを始めとするタウン級シリーズの主砲である6インチ三連装砲は中央の砲のみやや短く見える。しかし異なる口径の砲ではなく、中央のみやや後ろにずらして配置してるためである。
そういった特徴も観察しながら本艦に乗り楽しもう。

副砲 Edit

例の如く精度は良くなく、対艦にはあまり使えない。
そもそも、主砲の発射レートが高いため、砲戦時に使用する事は少ないだろう。

魚雷 Edit

射程12km、3射線の魚雷発射管を両舷に装備できる。
射程、本数を考えると日巡のような積極的な雷撃は出来ないが、敵の進路上に牽制で流す事で、敵の動きを制限し、味方が集中砲火しやすくなったり、格上に接近を許した場合に撃退や場合によっては下克上なども狙える。
積んでおいて損は無い。

航空兵装 Edit

お馴染みウォーラスを3機搭載出来る。
ウォーラス自体、速度が速くはなく、パイロット1人につき1機であるため、扱いは慎重にしなければならない。
ウォーラスの視界を活かすならば、自艦上空に飛ばしているだけでも効果はある。

対空 Edit

はっきり言って貧弱である。
軒並み主砲によって強力な対空が可能な高ティア巡洋艦群の中で、本艦は副砲で片舷6門の対空しかできない。
幸い追従性は優れている為、自艦のみの防衛や牽制には困らないだろうが、艦隊の防空艦としては働けない。
ウォーラスの視界も利用して、敵航空機の動きには早目の対応をしよう。

装甲 Edit

元々軽巡であるため、頼れるものではない。
その為、積み増しするよりは、ある程度に留めておき速度に重きを置いた方が良いだろう。

機動性 Edit

軽巡ゆえの軽快な動きが出来る……のだが、それには少し工夫が必要である。
満載でも全改修していれば約28ノットは出せる。
そこから装甲を削れば30ノット突破も難しくはないのだが、なにぶん主砲の合計重量が重いせいか、周りからずば抜ける程の速力は得られない。
また、舵角34.7°と平均以下であり、転舵が思ったより重い。
敵弾回避には早目の対処が必要である。

総評 Edit

はっきり言って、癖が強めである。
火力については軽巡としては水準以上なのだが、それを生かせる環境を作るのが難しい。
戦艦はおろか、巡洋艦でさえ目を付けられれば無傷では帰れないため、前線は張れない。かと言って後衛で対空支援するほどの対空火力はなく、長射程の魚雷も持ち合わせていない。
戦場を駆け回れる程度の速力と、多少の被弾は耐えられる防御力の釣り合いを自分で見つけられれば、味方戦艦に随伴して放火役もしたり、敵駆逐艦を狩ったり、空母を直接殴ったりなど多彩な活躍が出来る。
何より、出来るだけヘイトを稼がない事が肝要である。
某有名海戦ゲームの影響か、時々血眼になって沈められるのである


歴史背景 Edit

[添付]



コメント Edit

コメントはありません。 コメント/Belfast?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White