Top > 極麗六鳥 籠絡の胡喜媚

極麗六鳥 籠絡の胡喜媚

Last-modified: 2018-04-19 (木) 11:10:37

読み:きょくれいろくちょうろうらくのこきび

製品版 Edit

ゼクス
6/赤/ミソス/9000
[Lv]ウェイカーLv5(あなたのデュナミスに表向きの[ウェイカー]が5枚以上あると有効。)
"[常]【有効】すべて
   【効果】このカードはイグニッションアイコンと以下の能力を得る。
       "[起]【有効】スクエア【コスト】無0
          【効果】ノーマルスクエアにある相手のコスト5以下のゼクスを1枚選び、ゲームから除外する。
              この能力は1ターンに1回しかプレイできない。""


イラスト:柴乃櫂人
フレーバーテキスト:
お久しぶりです、妲己お姉様!ああ、変わらずお美しい毛並みですこと……。 ~極麗六鳥 籠絡の胡喜媚~

覚醒する希望で登場したゼクス

ウェイカーLv5イグニッションアイコンと、相手のゼクス除外する能力を得る。

パワー9000がイグニッションライフから登場する可能性があるのは相手からすれば脅威となる。
また、同じパワーを持つ甲虫女王ヘルソーンよりコストが1つ低く、同時に起動能力も得るので手札に引いてしまっても腐りにくい。

起動能力はノーコストでノーマルスクエアにある相手のコスト5以下を除外と扱いやすい。
相手のターンにも使プレイできるので、ライフから登場した場合には相手の追撃への牽制にもなる。
とはいえ、絶界の付与やコスト6以上を展開するデッキも増えているため過信は禁物。

すべてのゾーンイグニッションアイコンを持つため、イグニッションアイコン持ちを除去するカードは天敵となる。

  • 悪戯な九尾 妲己のP16-017版フレーバーテキストで示唆されていた「いもぉと」であり、話の通り「次の次くらい」でのデビューとなった。
    種族は違っているが、妲己は種族の数を参照するため、違っているからこそ同じデッキに採用しやすい。
    • 元ネタは中国の小説『封神演義』の登場人物で、キジの妖怪・九頭雉鶏精が人間に化けた姿。
      妲己とは血の繋がりはなく、すぐ下の義妹として登場する。

収録 Edit

関連ページ Edit