Top > 全職業簡易まとめ
HTML convert time to 1.014 sec.


全職業簡易まとめ

Last-modified: 2017-04-13 (木) 05:43:42

このページは「使用者の体感」というような主観的なものを含みます。
十分なメディア・リテラシーを身につけている方のみ、あくまでもちょっとした参考程度にご利用ください。

 

※コメントを書く際やページを編集する際は、具体的かつ信憑性のある客観的な内容を心がけてください。
○○は最強など曖昧な表現は誤解を招く恐れがありますので注意してください。

 

職業毎のステータス(公式設定) Edit

TERAの場合、職性能よりも中の人のPSのほうがDPSに大きく影響します。
職バランス調整」により、強職や弱職が定期的に入れ替わるので、好きな職を選ぶのが一番です。
防御力は高い順に重鎧>軽鎧>ローブ。また、近接より遠距離のほうが防御力が低い傾向にある。
※ただし2016/3/9に被ダメ計算式が変更されたので、現在は大きな被ダメ差はないと思われる

クラスPTでの役割操作難度守護性能攻撃性能回復性能補助性能
ランサー盾職★★★★★★★★★★★
ファイター盾職★★★★★★★★★★★★★★
ウォーリアー近距離火力/盾職★★★★★★★★★★★★★★★
バーサーカー近距離火力/盾職★★★★★★★★
スレイヤー近距離火力職★★★★★★★★★★
ソウルリーパー近距離火力職★★★★★★★★★★★★
くノ一近距離火力職★★★★★★★★★★★★
ムーングレイバー近距離火力職★★★★★★★★★★★★
ソーサラー遠距離火力職★★★★★★★★★★
アーチャー遠距離火力職★★★★★
ヘビーガンナー遠距離火力職★★★★★★★★
プリースト回復職★★★★★★★★★★★★★★
エレメンタリスト回復職★★★★★★★★★★★★★★★★
※上記のステータス表はキャラ作成画面にも表示される公式評価です。

一般的なIDでの、各職の基本的な動き方

アンケート・集計 Edit

投票の総計は「職バランス調整」毎にリセットします。短時間での連続投票は控えましょう。
初心者向けの参考用なので、投票する場合は一般的なPTプレイ時を基準に投票してください。
飽くまで一個人の主観的な意見の集まりなので、投票結果は参考程度にとどめておきましょう。

Q.実際に使用してみて、DPSが高いなと思う事のあるクラスはどれ?

選択肢 得票数 得票率 投票
ウォーリアー 7 36.8%
ソーサラー 3 15.8%
ムーングレイバー 3 15.8%
バーサーカー 2 10.5%
くノ一 1 5.3%
アーチャー 1 5.3%
ヘビーガンナー 1 5.3%
ランサー 1 5.3%
スレイヤー 0 0.0%
ソウルリーパー 0 0.0%
ファイター 0 0.0%
その他
投票総数 19

クラス使用率一覧(運営集計) Edit

60Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(14.09.21~14.09.27)

65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(15.03.21~15.03.27)
65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(15.05.20~15.05.26)
65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(15.10.30~15.11.06)

65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(16.01.13~16.01.20)
65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(16.08.31~16.09.07)
65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(16.10.19~16.10.26)
65Lv(カンスト)限定の使用クラス割合統計(16.12.07~16.12.14)

中級者〜上級者向け情報まとめ Edit

職バランス調整まとめ
職バランス調整パッチのまとめ
装備オプション
可変OPの種類や各職のお薦めOPまとめ。
クラス講座
各クラスの詳細な立ち回りやスキル回し等
現在は情報が古い場合が多い。
TIPS
その他、様々な情報についてはTIPsなどを参照。

ランサー Edit

パーティーではモンスターのターゲットを自分に固定し続けるという役割がある。
固定できなかった場合はひと目でわかる上に、メンバーが死ぬ確率が高まるため、
アタッカーと比べると責任は高くなりがちで、初心者が1stキャラとして選ぶには難易度が高め。

ランサー
特色
安定性の高いタンク職
長射程スタン、自己回復など戦線維持や妨害に長けたスキルも持ち、あらゆる状況に対応できる。
純盾職なだけあって、敵の固定だけに留まらずに味方の耐久力上昇など多彩な補助スキルがある。
ダンジョンの進行
タンク職ということもあり、インスタンスダンジョンでは進行役を任される。
そのため、初心者はわからなければ経験者のアドバイスを受けよう。
タンクとしての役割
パーティーではアタッカーと違いMobのヘイト維持という明確な基準があります。
そのため、火力と比べると責任の度合いが高くなりがち。
プレイヤー人口は少なめだが、パーティーでは必須の職業なので需要はかなり高い。
 

もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
ランサー(新規・初心者向け)ランサー講座(中級~上級者向け)


ランサーのコメントを開く

ファイター Edit

パーティーではモンスターのターゲットを自分に固定し続けるという役割がある。
固定できなかった場合はひと目でわかる上に、メンバーが死ぬ確率が高まるため、
アタッカーと比べると責任は高くなりがちで、初心者が1stキャラとして選ぶには難易度が高め。

ファイター
特色
ガード効果付きの攻撃が多いタンク職
盾にしては攻撃力が高いが、補助スキルが殆ど無い。代わりに一般/小型Mobを纏める能力が優秀。
タゲ維持力がランサーより低いので、盾職をプレイしたいなら先にランサーで慣れたほうが良いかもしれない。
ダンジョンの進行
タンク職ということもあり、インスタンスダンジョンでは進行役を任される。
そのため、初心者はわからなければ経験者のアドバイスを受けよう。
タンクとしての役割
パーティーではアタッカーと違いMobのヘイト維持という明確な基準があります。
そのため、火力と比べると責任の度合いが高くなりがち。
プレイヤー人口は少なめだが、パーティーでは必須の職業なので需要はかなり高い。
 

もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
ファイター(新規・初心者向け)ファイター講座(中級~上級者向け)


ファイターのコメントを開く

ウォーリアー Edit

アタッカータンクの役割を臨機応変に切り替える事ができる職
どちらもこなせるハイブリッド職という関係上、アタッカーとタンクの両方の役割を求められやすい。
連係次第で大きくDPSが変わる事やハイブリッドと言う事で、初心者が使うには難易度が高め。

ウォーリアー
特色
近接アタッカー/タンク。1発のダメージは小さく、多彩な手数で攻めていくタイプ。
スキルの数が多く、操作難易度は高い。PS次第で弱職にも強職にもなりうる。
以前はストックシステムの関係によるヲリ被りが問題だったが、17/02/01のアプデで改善され、問題なくなった。
ハイブリッド
ハイブリッド職のため、アタッカーとしてではなくタンクとしても動かなければいけない時も多い。
また、両用の半端なクリスタル/紋章構成にすると他職の完全な劣化版となってしまうので注意が必要。
火力時にはブレードスタンス盾時にはディフェンススタンスを使い、役割に応じてクリスタルや紋章を切り替えよう。
回避性能
大きな特徴としては回避スキルが豊富で、スタミナを利用した連続回避(3〜4回)も可能。
そのため後方に回り込みやすくなっており、ソロでの対中型性能はずば抜けている。
MPを消費せずに回避を多用できる、唯一の職。
 

もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
ウォーリアー(新規・初心者向け)ウォーリアー講座(中級~上級者向け)


ウォーリアーのコメントを開く

バーサーカー Edit

覚えるスキルも少なくガード持ちなため、以前は初心者向けの近接火力として薦められていた。
だが回避に独特の癖があり、回避発動までに若干の手間が必要なのが現在は大きな弱点。
17/02/01現在のカンスト基準だと、回避が必要な場面が多いため初心者向けとはいいづらい。

バーサーカー
特色
近接アタッカー
チャージ系のスキルにより、重い一撃を叩き込むタイプの職業。広範囲攻撃なども備える。
65Lvからは簡易的とはいえタンクも可能になるのだが、タンクとしては殆ど見かけない。
ガード
ランサーやウォーリアーほどの防御性能はないが、ガードスキル持ちの重鎧装備なので生存性も高い。
また、バーサーカーのみガードの時間制限がなく延々とガードした状態で居ることも可能。
ただし、後半のIDからはガード不可の攻撃や防御不足による貫通も増えてくるため、過信は禁物。
操作難易度
使用スキルも少なく、ガード持ちの火力なので、育成中はダンジョンを含めてとても楽。
しかし、回避スキルに癖がありスキル使用中/棒立ち時で回避スキルを使い分ける必要があるので
ガード貫通の即死攻撃が増えてくる後半のダンジョンからは、難易度の最も高い職になる場合がある。
 

もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
バーサーカー(新規・初心者向け)バーサーカー講座(中級~上級者向け)


バーサーカーのコメントを開く

スレイヤー Edit

育成中はスキル威力の低さや回避性能の乏しさから難易度が若干高めな傾向にあるが
61Lvからは回避性能やスキル威力も大きく上がり、それまでとは打って変わって大幅に楽になる。
突出した特徴はないが、可もなく不可もない堅実なバランスタイプで、比較的初心者向けな職業。

スレイヤー
特色
近接アタッカー。61Lvから急成長を遂げる大器晩成型。
攻撃力もそこそこあり、手数もそれなりに多いバランスタイプ。
「これぞ」というスキルこそないが、所謂「死にスキル」が少ない。良くも悪くも平凡な職。
スキル
張り付きながらスキルを連発することで真価を発揮する。
しかし、スキル威力が低めなために序盤は苦労する。
61レベルから入手可能な所謂「必殺紋章3種」の入手がスタートラインと言われる。
操作難易度
軽装備で防御力が低く、後半になるまで回避手段が少ないため攻撃を受けやすく苦労する。
回避性能に乏しい間は、パーティーでの対中型戦で公式評価に反して高い技量を要求される。
61Lvからは回避性能も大幅に上昇しとても楽になるが、全般的にMP消費が高いのがネック。
 

もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
スレイヤー(新規・初心者向け)スレイヤー講座(中級~上級者向け)


スレイヤーのコメントを開く

ソウルリーパー Edit

回避スキルが多く、微量ながら回復効果付きのスキルもあるため死亡率は低めだと思われる。
スキルの数も少なめだが、操作難易度については人によって評価が分かれる。
「死なない」だけなら楽かもしれないが、熟練度次第では大きくDPS差が付く。

ソウルリーパー
特色
中距離アタッカー。スキルの判定は近接型。
トリッキーな動きが特徴のエリーン専用職。
攻撃力も手数もそこそこなバランスタイプ。
キャラクター作成
作成の際は40Lv以上のキャラクターが別にいる必要がある。
また、ソウルリーパーは50Lvからのスタートとなる。
この職のみ専用ストーリーから物語が始まり、専用ストーリーを終える頃には58Lvになっている。
操作難易度
スキル数が少ない割にクールタイムが長く、既存の火力職とは操作感が違う。
なので、ある程度使いこなすには相応の熟練度が必要。
 

もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
ソウルリーパー(新規・初心者向け)ソウルリーパー講座(中級~上級者向け)


ソウルリーパーのコメントを開く

くノ一 Edit

ローブ職のため防御力が低いので、慣れない内は死にやすい。
しかし回避系や防御系のスキルが多く、使いこなせれば他職と比べてもグンと生存率は高くなる。
スキル回しも簡単で、機動力の高さや回避スキルの多さから初心者にかなりオススメな職。

くノ一
特色
近接アタッカー。機動力がかなり高い職。
殆どのスキルが前スキルの硬直をキャンセルしてスムーズな連携を繋ぐことができる。
ローブ職のため被ダメは高いが、無敵スキルが4種類あるので使いこなせれば生存率はグンと上がる。
スキル
くノ一は他の職と違い、スキル回しが多彩だと開発が言及しています。
どの職でも死にスキル扱いの「連撃」がくノ一では死にスキルでは無かったり、自由なスキル回しが特徴です。
敵の後方に回り込みやすく回避も多いので、初心者がTERAの基本動作を覚えるのにオススメな職。
操作難易度
DPSを出すにはチャクラスキルをうまく活用したり、
高火力を出すには、「極功術」の特性上、被弾を抑えるPSが求められます。
防御力は低いが回避性能が高く、スキル回しも比較的簡単で一定のDPSは出るので初心者向け。
 

もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
くノ一(新規・初心者向け)くノ一講座(中級~上級者向け)


くノ一のコメントを開く

ムーングレイバー Edit

4/12に実装予定の新職。

ムーングレイバー
特色
近接アタッカー
 

もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
ムーングレイバー(新規・初心者向け)ムーングレイバー講座(中級~上級者向け)


ムーングレイバーのコメントを開く

ソーサラー Edit

アーチャーと比べると防御力が低いため、慣れない内は死にやすい。
しかし回避系や防御系のスキルが多いため、うまくスキルを使えば生存率は高くなる。
PS次第だが、生存率だけで言えばダンジョンによってはアーチャーより楽かもしれない。

ソーサラー
特色
遠距離アタッカー
高威力のスキルが多く、範囲攻撃も出来るかなり強力な職。
生存率
柔らかいローブ職なので被ダメージが高く、慣れないうちは死にやすい。
だが回避スキル3種類と防御バリアを纏うスキルもあるので、PS次第で生存率も大きく変わる。
DPSを高める場合は「メテオインパクト」を可能な限りねじ込む必要があり、状況に合わせた判断力が問われる。
操作難易度
高火力の反面MP消費が多く、「スキル回し」が全ての生命線を握るクラスとなっている。
遠距離職の中では一番スキルの数が多く、使いこなすには相応の熟練が必要。
PS次第でDPSの強弱や生存率が大きく分かれる、操作難易度の高い職。
 

もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
ソーサラー(新規・初心者向け)ソーサラー講座(中級~上級者向け)


ソーサラーのコメントを開く

アーチャー Edit

ソーサラーと比べるとスキル回しも楽で防御力もそこそこ、回避スキルは2種類ある。
モンスターから距離をとることで攻撃も受けにくく、防御力も高いため簡単なIDでは比較的容易。
チャージ系のスキルがメインなので、回避によって攻撃が中断させられることも。

アーチャー
特色
遠距離アタッカー。チャージ系のスキルにより、重い一撃を叩き込むタイプの職業。またデバフスキルも豊富。
アーチャープルーフというスキルの関係上、アーチャーが既に居るPTには入りづらい(嫌がられる)のが難点。
2016/11/30の職調整でアーチャープルーフの欠点は改善され、アチャ被りを気にする必要はなくなった。
生存率
HPが少ない弱点を抱えるが、軽鎧装備可能のためそこそこの防御力があり、回避スキルも2つある。
遠距離型なのでボスの攻撃も見極めやすく、序盤から中盤にかけての生存率は高い。
しかし近/遠の両スキルを使う職のため、終盤に増えてくる動きの多いMOBに対しての相性は悪い。
操作難易度
分類上遠距離火力に位置するが、スキルは遠距離と近距離それぞれの特徴を持つものが有り、
状況に応じて遠・近両方のスキルを扱い分けることが出来ないと本来のスペックは引き出せない。
その為、使いこなそうとすると難易度は上がる
 

もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
アーチャー(新規・初心者向け)アーチャー講座(中級~上級者向け)


アーチャーのコメントを開く

ヘビーガンナー Edit

クセの強い遠距離職。遠距離職の中では一番使いづらいと思われる。
攻撃の反動でキャラが後退したり、回避スキルに他スキルのCT初期化効果があるせいか、
ヘビーガンナーを扱いきれておらず、変な位置から攻撃している人をよく見かける。

ヘビーガンナー
特色
遠距離アタッカー
クリティカル率補正の高いスキルが多く、装備が揃ってない頃からもそれなりな威力を出せる職。
アルケインエネルギーを貯めることで「アルケインスキル」という必殺技的なスキルが使用可能。
生存率
遠距離職では初の重鎧職。防御力が一番高いので、生存に徹すると他の遠距離職よりは死にづらい。
一度だけ死亡を回避するパッシブスキルが存在するため、さらに生存率は上がる。
ただ、無敵回避スキルが主力スキルと密接に絡んでいるため、慣れてないと死亡率は高まるかも。
操作難易度
スキル数が少ない割にクールタイムがとても長く、円滑にスキルを回す場合はCT初期化が必要になってくる。
攻撃スキルを初期化すると回避がCT中で攻撃を避けれなかったりと、使いこなすには相応の熟練が必要。
DPSに拘らない場合は回避スキルも多くて楽だが、最大限のDPSを発揮する場合の操作難易度は高め。
 

もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
ヘビーガンナー(新規・初心者向け)ヘビーガンナー講座(中級~上級者向け)


ヘビーガンナーのコメントを開く

プリースト Edit

味方の生死に直結する職業なため、アタッカーと比べると責任は高くなりがち。
ただし味方が被弾を抑えることで解決するため、その点はタンクよりは楽かもしれない。
ヒーラー同士で比較するとこちらのほうが回復が簡単で初心者向き。

プリースト
特色
ヒーラークラス
多彩で強力な回復スキルが売りの職業。
HP回復スキルの多さ・状態異常解除範囲の広さから対人戦(PvP)では重要なポジションを担う。
回復性能と補助性能
持続回復、瞬間回復、状態回復なんでもござれ。効果範囲も広く扱いやすいものが多い。
基礎ステータスを長時間アップさせるバフも持ち、PTの安定性を格段に高めてくれる。
レベル58以上から紋章の効果を利用したMP回復能力や自己復活スキルも習得できる。
ソロ性能
パニッシュメントハンドやスカージングハンドなど攻撃手段にも長けており、ソロ性能も優秀。
2016/01/13のアプデでダメージ補正が増加され、フィールドソロ性能がさらに上昇した。
 

もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
プリースト(新規・初心者向け)プリースト講座(中級~上級者向け)


プリーストのコメントを開く

エレメンタリスト Edit

味方の生死に直結する職業なため、アタッカーと比べると責任は高くなりがち。
ただし味方が被弾を抑えることで解決するため、その点はタンクよりは楽かもしれない。
ヒーラー同士で比較するとこちらは上級者向き。

エレメンタリスト
特色
ヒーラークラス
精霊召喚とエネルギー玉設置、多彩なデバフスキルが特徴。
  • エネルギー玉をフィールドに設置し、タンクやアタッカーは好きなときに拾って回復することができる。
    状態異常解除・HP回復用の「ヒールエネルギー」と、MP回復用の「マナエネルギー」の2つが存在する。
回復性能と補助性能
プリーストと比較すると回復能力が低い。デバフスキルは多いが、終盤のIDの敵へは9割通用しない。
本人の技量と他のメンバーの技量を要求するものとなっているので、良くも悪くも上級者向けである。
範囲内の味方に効果を与える特有のスキル「オーラ」によってMP回復やクリティカル発生上昇等を付与する。
  • 回避スキルがテレポートのみなので、基本移動での素早い立ち回りが要求される。
ソロ性能
ソロ能力が低く中盤から一般モンスターにも苦戦を強いられることも。
自身の火力、自己回復能力を補うため、4種類の精霊の中から1体を召喚して支援させることが出来る。
精霊の性能が一新されたことで、性能が大幅上昇しているのでソロ能力はかなり向上した。
2016/01/13のアプデでダメージ補正が増加されたので、エレ自体のソロ性能もかなり向上。
 

もうちょっと踏み込んだ情報は下記のページ参照
エレメンタリスト(新規・初心者向け)エレメンタリスト講座(中級~上級者向け)


エレメンタリストのコメントを開く

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 上の表が意味不明。リーパーが回復1で槍やバサが0?スレとプリの補助能力が同じ?守護能力って何だ?せめて全職カンストさせてから作ってくれ -- 2014-04-19 (土) 13:41:34
    • キャラ選択画面の公式設定なんだが。開発に言ってくれ。 -- 2014-04-19 (土) 14:00:34
    • キャラ選択画面の丸々コピーならこのページいらないんじゃない?というよりその表キャラクターページと同じのでしょ、キャラクターページの各色にコメント挿入するだけでいいんじゃない? -- 2014-04-19 (土) 14:13:21
      • 丸々コピーはステータス表だけ。このページは旧Wikiの初期から初心者向けの比較用ページとしてあったもので、初心者から職に関する質問が消えない以上は残しておくに越したことはない。
    • 割と正確な評価だよ 意見してる人は全職持ってる?CTの違いや自己バフのこと考えてる? -- 2014-05-11 (日) 00:58:16
  • タンク→先陣を切ってMobを纏めたりしてタゲ維持
    火力→盾の後について行って纏め終えたら討伐開始
    回復→盾の後について行って味方の回復や補助
    盾より先には進まないようにして回復が狙われてたら率先して助けよう -- 2014-07-21 (月) 19:01:54
  • 文句言うだけのクズはどこにでも沸くんだね と一年前の文章みてオモタwww -- 2015-03-26 (木) 00:14:55
  • 勝手にこんなの作りやがってと思ってレス付けたら公式のものでした、って返されちゃってw -- 2015-03-28 (土) 18:57:50
  • こういったページも自分のような初心者には大変ありがたいですよ -- 2015-04-28 (火) 13:37:03
  • 色々あるのでしょうが、初心者としてはこういうページは参考になります。 -- sakua? 2015-06-02 (火) 20:18:13
  • 色々あるのでしょうが、初心者としてはこういうページは参考になります。 -- sakua? 2015-06-02 (火) 20:18:14
  • 私見で今の情報に合わせていろいろ調整 -- 2016-01-27 (水) 15:48:15
    • &動画見た感じ近接っぽいので近接職の最後のほうにくノ一の項目追加 -- 2016-01-27 (水) 15:48:24
      • KTERAのキャラ作成画面を参考にくノ一の公式ステータス追加 -- 2016-02-13 (土) 23:03:19
  • 新規用のページなんだからDPS高いのより先に使いやすい職投票するべきじゃねえ? -- 2016-04-30 (土) 18:15:59
    • 確かにDPS高い職でもつなげるのが難しかったら初心者向けでは無いね -- 2016-05-06 (金) 11:03:30
    • 使いやすい職はひとそれぞれだろうし一応無難なスレイヤ―を初心者向けで紹介されてるからなぁ -- 2016-05-06 (金) 12:41:10
  • 環境によっては見えにくいかもしれないけど、以前の投票の締め切り方がわからない&未だに投票してる人が居たようなので、以前の投票を画像に差し替えてます -- 2016-10-19 (水) 19:17:31
お名前: