Top > 【さいごのかぎ】
HTML convert time to 0.011 sec.


【さいごのかぎ】

Last-modified: 2017-11-12 (日) 13:56:57

概要 Edit

DQ3以降に登場する【道具】
【とうぞくのかぎ】【まほうのかぎ】に続くカギ御三家の最後の一本。
どんな扉も開けてしまうすごい鍵で、【マネマネ銀】という特殊金属で作られているとのこと。
一部作品では「この鍵を鍵穴に差し込むと、先端がその鍵穴に合った形状に変化する」という恐ろしい説明がある。他のカギ御三家に比べて、シナリオの途中で強制入手の確率が高い。
 
それまで開けられなかった鉄格子の扉すらもたやすく開けてしまえるため、
これを手にいれた途端に、【盗賊】の如く世界中の宝物部屋を荒らし回ってアイテムを漁るのはもはやお決まりのパターンである。
また世界中の【牢屋】をこじ開けて【囚人】を解放出来るが、真面目に服役している奴が多く、脱走する者はほぼいない。
 
初登場のFC版DQ3を除けば、基本的にこの鍵を持っていても開かない扉が登場する。
恐らく閂等で鍵をしているために外側からでは物理的に開けられないのだろうと思われるが、最後の鍵でも開かない扉を開ける専用の鍵があるケースも中には存在する。
あくまで鍵自体の形状を変化させているだけなので、現実世界の認証機能よろしく何らかの魔法的な処理が施された扉は開けられないのかもしれない。
 
そのあからさまなネーミングから、ストーリーの進行度がバレバレかと思いきや、実は各作品ごとに入手時期は結構まちまちである。
初登場のDQ3からして上の世界にいるうちに手に入るし、これを手に入れた後にまだ別の鍵が手に入る作品もある。
意味合いとしては「最後まで使う鍵」といったところか。
 
容量に制限のあった初期シリーズでは、アイテム所持数も限られており、その中で【ぎんのカギ】【きんのカギ】【ろうやのカギ】という複数の鍵が別々の扉に対応していては、その全てを持ち歩かねば満足に扉を開けられず、アイテム欄を圧迫する問題があった。
そこで、とうぞくのかぎ<まほうのかぎ<さいごのかぎの順に上位互換にすることで、基本的には上位の鍵を常に1つ持ち歩けばよいシステムに変更したため、このような極端な性能の鍵が登場したと考えられる。
しかし、容量が増えて【ふくろ】の登場などシステムも進化した現在では、1個の鍵ですべてを賄う必要性はなくなっており、この鍵の存在意義は薄れつつある。

DQ3 Edit

【浅瀬のほこら】で入手。
【アバカム】があるのでゲームの進行にはさいごのかぎとアバカムの一方のみが必要である。
【サマンオサ】への【旅の扉】を使う時と【グリーンオーブ】【ブルーオーブ】の入手に必要でこれらはゲームの進行に必要である。
【バハラタ東の洞窟】【カンダタ】【カンダタこぶん】を倒した後さいごのかぎ入手までは必須戦闘がなく、その気になれば【バハラタ】の事件解決後すぐにさいごのカギが手に入る。
早期に入手すればその後の展開が楽なので、入手方法を知っているならばすぐに取りに行くといい。
周辺海域ではたまに【テンタクルス】3匹に襲われたりするので要注意。

リメイク版 Edit

【アリアハン】【ロマリア】などで【ちいさなメダル】【ふうじんのたて】を回収できる。
また、【○○○○バーク】の発展条件、すなわち【イエローオーブ】の入手条件の一つに「最後の鍵を入手する」があるので、使わずにクリアすることは可能でも、入手はしなければならない (GBC版で邪道な手を考慮した場合は例外) 。
 
ロマリアの【宿屋】裏口と【ゾーマの城】1階【玉座】手前の部屋に閉じ込められた際はこの鍵でも開かない。
前者は内側から、後者は魔力で閉められているため。
また、【メダルおじさん】の家にある宝箱はこの鍵でも開けられない。
 
他2つの鍵は、【商人】鑑定させるとどちらも「色んなドアを開けられる」とコメントされる。
それに対しこの鍵は独自のセリフが用意されているのだが、男商人は「ほとんどのドアを開けられる」、女商人は「どんなドアでも開けられる」と言う。
男商人の方が目の効きは正確なようだ。

DQ4 Edit

【ガーデンブルグ】女王から入手。
ガーデンブルグでの【てんくうのたて】入手や、【王家の墓】【魔神像】に入るために必要で、てんくうのたての入手も【へんげのつえ】の入手も魔神像を進む事もゲームの進行に必要である。
また、【ブランカ】【レイクナバ】【コナンベリー】などでアイテム回収ができる。
 
なお女王は人質として捕えた仲間を助けなさいと言ってこのカギを渡してくるが、わざわざ牢屋まで行かなくても、城の外に出ると人質になっていた仲間は自動的に馬車に復帰している。
いらない仲間をわざと置き去りにしようとしても無駄である。
しかし牢番の兵士に連絡して開けとけばいいだけのところを、こんな物騒なものを渡す意味はあるのだろうか?
あるいは、遠まわしに褒美として持たせたのかもしれない。
 
登場2作目にして、さっそく開けられない扉が登場。
【湖の塔】の子供達を閉じ込めていた大きな扉と【レイクナバ北の洞窟】【コーミズ西の洞窟】【裏切りの洞窟】の三か所に設置されている「ひびわれた石壁」である。
このうち、イベントも含めて完全に開けられない(壊せない)のはコーミズ西の洞窟のみ。

DQ5 Edit

【ブオーン】撃破後に入手。SFC版ではブオーンを倒した後の宝箱を調べて入手する。
牢獄の扉と【海の神殿】の扉を開けるのに必要。【魔界】に行くには必須。
また【メダル王の城】【オラクルベリー】でアイテム回収が可能なほか、【封印の洞窟】に入ったり【大神殿】【てんくうのよろい】を取ったりするのにも要る。
 
【エルヘブン】で魔法の鍵さえ入手すれば即ブオーンと戦えるため、進め方によってはまほうのかぎの出番がほとんどないままこれに切り替えられることになる。
その一方で、イベント上必須となるのは魔界突入時のみなので、手に入れずにかなりイベントを進めることもできる。
とは言え、【おうじゃのマント】【おうごんのティアラ】といった強力装備を入手するのに必要なので、あまり後回しにしすぎるのも考えもの。
リメイク版ではイベント中の妻の台詞もあるので、これを聞くために後回しにした人もいるだろう。
 
ブオーンを倒すと特に何の説明もなく横に宝箱がいつの間にか出現しているが、これは【ゴロステ】という人物が所持していたもので、ゴロステがブオーンに食われて以降ずっとその腹の中にあったのだという話が【ポートセルミ】で聞ける。
 
このカギでも開かない扉は以下の通り。

DQ6 Edit

【沈没船】で入手。
これまた入手せずにガンガンイベントが進行できるが、ゲームの進行には【天馬の塔】にも入る必要があり、それにはさいごのカギが必要である。
強敵と戦う必要もないので、【あわあわ船】を手に入れたらさっさと手に入れるのに向かおう。
世界をめぐって片っ端からお宝を回収できるが、調子に乗ると思わぬ目に遭うことも…。
 
【ろうごくのカギ】に対応する扉・錠前を開けることはできない。
このカギは前作の【ラインハットのカギ】と違い、最後の鍵よりももっと後で手に入るため、最後の鍵という名前ではありながら最後ではなくなってしまった。

DQ7 Edit

【クリスタルパレス】で入手。一見見張りがいて取れないように見えるが問題なく取れる。
クリスタルパレスに初めて訪れてすぐに入手できるが、パレス内のベッドで寝てイベントが起こってしまうとその後様々なイベントを経て【ダークパレス】に変貌するまでクリスタルパレスに戻ってこれない。
ダークパレスになってからでも入手できるので取り返しはつくが、先に取っておくと【王者のつるぎ】なども先に取れるので、忘れずに取っておこう。
 
DQ9まででは唯一、クリアするのに入手が必須ではない。
しかも、入手は飛行手段を手に入れてからという珍しいケース。
但し、クリア後ダンジョンの【謎の異世界】に行くのには必要。
また、エンディング時点でさいごのカギが【メルビン】の手持ちにあった場合、石版入手に必要なある作業が不可能になってしまうので注意。
 
【封印のほこらのカギ】【しゃくねつのカギ】に対応する扉は、この鍵でも開かない。
他にも、【リファ族の神殿】にあるリファ族の血を引く者しか開けない扉やダークパレス1Fの出入り口の扉も、この鍵が通用せず別の手段で開けることになる。
また、【フィッシュベル】【グランエスタード】の道具屋には、この鍵を以てしても開けられない宝箱が存在する。
【とうぞくのはな】【レミラーマ】にも反応するのだが、最後の鍵を持っていても鍵が掛かっていて開けられない、と出る。
一体エスタード島の住人の施錠技術はどうなっているのだろうか?

リメイク版 Edit

入手タイミングは特に変わっていないが、
【移民の町】最終形態の宝箱にはこのカギでしか開けられないものがある。
上記のエンディング中の石版入手手順は変更され、さいごのカギを使わなくなった。

DQ8 Edit

【メディばあさん】から入手。
迫る自身の死を悟ったメディばあさんから主人公の手に託されるシーンにはグッとくるものがある。最期の鍵、と来たか。
しかし手渡された瞬間に「○○はさいごのカギを手に入れた!さいごのカギをふくろに入れた。」と、いきなりふくろに入れました表示するのは味気がない(実際にはまだ入れていないが)。
 
シナリオ上では【海賊の洞窟】に入るのに必要。
ある意味本命である宝物庫漁りは【パルミド】【ゲルダのアジト】【トロデーン城】【メダル王女の城】【サザンビーク】【リブルアーチ】で行えるほか、【ぱふぱふ】屋にも入れるようになる。
また、何の意味も無いが【レオパルド】の犬小屋や【マイエラ修道院】の地下牢も開けられる。
【バトルロード格闘場】の扉はこれでも開かないので、素直に【モリー】に話しかけよう。

DQ9 Edit

【カデスのろうごく】【ゴレオン将軍】を倒した後入手。下の階の天使を助けるのに必要。
【天使界】【サンマロウ】の井戸、【カズチャ村】などでも鉄格子を開けてアイテム回収ができるほか、【カラコタ橋】では秘密の店が利用できる。

DQ11 Edit

過ぎ去りし時を求めた後、【神の民の里】の宝箱から入手。
一度【エンディング】を見た後までお預けという今までにないケース。クリアするのに必須ではないが、【ふしぎな鍛冶】のレシピを埋めるためには必須。
必須ではないとはいえ、このカギで手に入るアイテムは邪神討伐へ向けた下準備の活動に大きく貢献してくれるだろう。
3DS版では【冒険の書の世界】【クエスト】を全てクリアする為にも、このカギが必要になる。
 
なお、あまりにも無造作に置かれているため見落としてしまうこともあるかもしれないが、【よみがえる聖賢の竪琴】を受注するときにヒントをくれるので安心。

イルルカ Edit

外伝初登場。表記は「さいごのカギ」。
【名もなき闇の王】を撃破すると【ドーク】から貰える。
これを使って異世界への扉を開くと【溶岩の洞窟】に入れる。
ここで【エスターク】を倒すのを以って本作のシナリオは完全クリアしたと言えるだろう。
シナリオ上で手に入るカギとしては名実ともに「さいごの」カギとなる。

DQB Edit

ラダトーム編で【にじのしずく】の材料が眠る穴蔵の扉を開ける鍵。
【シャナク魔法台】【せいすい】【マネマネ金属】【ふしぎな宝石】で作れる。
竜王の部屋にはこれが無いと開かない扉が二つあるが、鍵の材料のふしぎな宝石は【ムツヘタ】から1個しか貰えないため、どうやっても開けることができない。
チート等で開けても奥には破壊不可な壁があるだけで何もないただのギミックなので気にしなくていい。

アイテム物語 Edit

アッサラームで不思議な宝飾品や飾り物、錠前等を作っていた稀代の職人であるメルキアデスの作。
金持ちの貴婦人に化けた【まほうおばば】に騙され、メルキアデスは魔族にのみ伝わるマネマネ銀をよこされ、それを熱したりさましたりしてこの鍵を作り上げる。
この鍵を貴婦人(に化けたまほうおばば)に届けようとした矢先
何とこの鍵が「屋敷中のどの扉の鍵も開けられるように」というのは建前で、その実「世界中の旅の扉が勝手に使えるようにする為」に作らせた事を偶然耳にする。
これまでにも「魔法を知らない者にも使える護身用の電光が出る杖」や「魔力の消費を抑える帽子」を作らされたが、
全ては自分が魔王の世界征服計画の為に利用されていた事を知り、自分の迂闊さを呪うや否やそのままこの鍵をどこかへ処分すべくアッサラームをあとにした。
 
あれから世界中をさ迷ってこの最後の鍵を処分する場所を求め続けていたが、とある山の中腹で野宿をしていた時に不思議な夢を見た。
夢の中で美しい女性(恐らく正体は【ルビス】)が現れ、その鍵を捨ててはならないと告げられ
その後鍵が無くては出られぬ場所にいる事と、そこで一人の男と出会うであろう事を予言された。
それから2日後、メルキアデスはテドンの村の付近で行き倒れていた所を留置所で安置され、
そこで村の法によって拘留中だった青年・アルカディオと出会う。
拘留期間中、村長に頼まれてアルカディオはメルキアデスの看病を請け負うこととなり、親身になって看病を続けた。
拘留期間の10日が経つ頃にはメルキアデスもすっかり元気になった。
 
アルカディオの誠意を見込んだメルキアデスは、アッサラームから持ち出した最後の鍵を彼に見せて
夢に出てきた女性の導きに従って「この鍵を持ってこの世で最も貴重な最後の宝を探しに行って欲しい」と話を持ちかけ、アルカディオを半ば騙す形で最後の鍵の封印場所へと導いた。
それから半年近く経った頃、紆余曲折を経て目的の地へと近づいた時、メルキアデスを騙したまほうおばばとその忠臣である【デスストーカー】が現れ
メルキアデスを人質に取ってアルカディオを誑かし、彼の持つ最後の鍵を奪い返そうと目論んだ。
然し、メルキアデスの決死の説得によりアルカディオは意を決してデスストーカーとまほうおばばを纏めて退治した。
 
その後、目的の地である浅瀬のほこらに辿り着くと、メルキアデスは事の真相を一部始終語ると同時に彼にこれまでの非礼を詫び
テドンの村でもう一つのお告げに従って、この先世界を救う勇者が訪れるその日までこの鍵をここに封印し
魔物の為に様々な道具を作ってしまった事への罪滅ぼしと、この鍵を必要とする勇者たちのしるべとなる事を決意し、
このほこらごと海へと沈んでいった…。
アルカディオはその時「オレはここで確かに大事な宝を見つけたよ。人生の目的って宝をナ!」と言葉を返す。
それからアルカディオはいずれ出会うであろう勇者の助っ人となり、
『勇者と共に魔王を倒す』という人生の目的を胸に沈みゆくこのほこらを後にするのだった。

その他 Edit

2006年にスクウェア・エニックスから「DRAGON QUESTシリーズ キーホルダー<さいごのカギ>」
がとうぞく・まほうのカギと共に発売された。