Top > アイテム > 【地図】


アイテム/【地図】

Last-modified: 2016-12-09 (金) 20:04:53

アイテム/【マップ】アイテム/【世界地図】アイテム/【妖精の地図】アイテム/【大氷河の地図】


全般 Edit

フィールドマップやダンジョン内部などの地形を記した地図。多くの場合、「だいじなもの」に分類される。
多くのRPGではこれを取得することによって地図の閲覧が可能となるが、
FFでは初代から「とくれせんたぼーび」で自由に地図を見られたり、
地図の代わりに周囲を確認するための魔法アイテムが存在していたりと、
意外と地図が「アイテムとして」登場することは結構、稀であった。

FF11 Edit

正式名称は「魔法の地図」。
その大半は、グィンハム・アイアンハートとその娘のエニッド・アイアンハートという人物が測量し完成させた地図が元になっているという設定。
入手方法は街のNPCからの購入やダンジョン内の宝箱クエストミッションの完了など様々。
魔法の地図

FF12 Edit

だいじなものの一種。
フィールドやダンジョンエリアでは、地図を手に入れるまで踏破済みの場所以外は地形が表示されない。
フィールドエリアのものは近隣の町にいる地図屋から購入できる場合が多いが、
ダンジョンのものの場合は大半がそのダンジョン内にあるトレジャーポットから取得できる。
なお、一部のダンジョンでは地図を手に入れただけでは明らかにならない部分もあり、
その場合はマップに対応した「キャンドル」を別途取得することで明らかになる。

FF13-2 Edit

だいじなものとして登場。実際には「○○の地図」(○○には地名が入る)というアイテムとなっている。
新しいエリアを訪れるとすぐに入手できる場所にあるので取り逃すことは少ない。


これがないと未到達の場所以外は地図が表示されない。
狭い場所ならともかく、広いエリアは地図がないと地形を掌握するのに非常に困難となる。
また、ミッション達成のために到達度100%にするためには地図を入手して未到達の場所を探さないと困難。


なお、新都アカデミアネオ・ボーダムは地図が2種類ある。
新都アカデミアはAF500年、ネオ・ボーダムはAF700年の地図が別に存在している。
それ以外であれば年が変わっても同じ地図が使用できる。