リグル・ナイトバグ・夢

Last-modified: 2019-03-24 (日) 15:45:46

キャラ紹介文 Edit

キャラ紹介文

概要 Edit

  • バカルテットのツッコミ担当。新たに合体技と精神コマンド「かく乱」および固有スキルで「魂」を手に入れた。
  • 新固有スキル「ファイアフライソウル」および「バカルテット強化」により、チルノと並ぶ高威力なバカルテットスペシャルを放つことができる。
    特にファイアフライソウルはバカルテットに限らず、単体での攻撃力がぐんと上昇するため使いやすい。
    • もっとも前者はかく乱とのトレードオフ、後者は参加者の固有スキルを縛らなければ真価を発揮できず、
      そもそもリグル自身がオンリーワンな「虫の知らせサービス」を捨てる必要がある。
    • しかし魂を最も安く(消費SP60)使えることも事実。魂を連発する低コスト低燃費高威力アタッカーを目指すのも良いだろう。
      かく乱の消費がワーストで使いづらいのもある意味背中を押している。
  • 今作では魔界編が全編を通して夜ステージ。前作から強化され周囲3マスに昼地形をもたらすようになった「地上の恒星L3」が猛威を振るう。
    • 範囲が広がったことで複数の夜Bユニットを助けやすくなったのは強化点。
      とはいえここまで来ると「蛍火の珠」も相当数所持しているはずだし、夜Bユニットの使用を避けるという選択肢も出てくる
      (プラクティスがあるため育成に遅れが生じにくく、主力ユニットであっても気楽に留守番させられる)。
      必要性が薄くなったからこその大盤振る舞いな強化なのかもしれない。
  • 「必中」を使用する敵の増加や「閃き」を無効化されるケースにより、ダメージを大きく軽減する装甲虫の価値が増した。
    虫の知らせサービスも同じく切り札的な存在となっており、回避型ユニットに逆風が吹く今作においてリグルはむしろ追い風を受けたといえる。
  • 初めから高レベルの気合避けとかすりを持ち、回数制限付きとはいえ高軽減バリアも備えている。
    ボスが必中持ちでないならあえて援護防御を習得し、道中でHPを減らしてからボスに挑むのも一つの戦い方。
  • バトルウィングにバリア貫通、リグルキックはそれに加えてサイズ差補正無視を得た。
    特にリグルキックの強化が大きく、特殊技能としてのサイズ差補正無視を必ずしも習得しなくてもよくなった。
    • バリア貫通があるお陰で魔界蟲の相手は得意な方。虫は任せろー! ……と安心できたら良かったのだが。
      魔界蟲の火力はかなり高くサイズ差もあるため、防御せずに受けるとNormalでも装甲虫を使い切る前にリグルのHPが無くなる。
      高難易度では最悪即死もあり得る。虫の世界は喰うか喰われるかなのだ。

キャラクター性能 Edit

顔グラフィック_リグル.png

種族妖怪
気質強気
精神コマンド加速閃き直撃必中奇襲かく乱
レベル1816233060
消費151520206080
特殊技能L1L2L3L4L5L6L7
気合避け111111-
かすり11-----
低速移動1------
ステータス格闘射撃技量防御回避命中SP
Lv3316514917711222122892
Lv40172153182118234242101
Lv50181159189126252262112
Lv60190165196134270282122
Lv70199171203142288302130
Lv80208177210150306322137
Lv99225188223165340360151
信頼補正補正レベル備考
ルーミア+2
大妖精+2
チルノ+2
レティ0(+1)リグル→レティの一方通行
ミスティア+2
サニールナスター0(+1)リグル→三妖精の一方通行
ヤマメ+2(+1)ヤマメ→リグルは+2 リグル→ヤマメは+1

※特に注釈の無い場合は双方向

ユニット性能 Edit

ユニット_リグル.png

-初期値5段階10段階20段階上昇値
HP3640464056407640200
MP13018023033010
運動性1151401652155
装甲85010501250165040
コスト2.0
移動力(低速)6(3)
地形適応空A 陸B 水A 夜S
サイズS
装備スロット3
特殊能力装甲虫固有コマンド「装甲虫」で、被弾時のダメージを2000軽減。回数3
××
攻撃名称分類属性攻撃力(5・10・20段階)射程霊力弾数パワー命中CT地形適応支援攻撃特性
リグル・バトルウィング格闘P/S1800→2300→3000→48501-35--+30+35空A陸A水B夜Aバリア貫通
ファイヤフライフェノメノン射撃P2100→2600→3300→51501-410--+15+15空A陸A水B夜S
ナイトバグストーム射撃-2500→3000→3700→55503-6-12110+10+20空A陸A水C夜A
必殺!リグルキック格闘P2900→3400→4100→59501-330-110+20+20空A陸A水B夜Aバリア貫通
サイズ差補正無視
バカルテットスペシャル格闘P/合体3700→4200→4900→67502-435-130+15+20空A陸A水B夜A合体攻撃(チルノ、ルーミア、ミスティア)
バリア貫通
サイズ差補正無視
ファイナルバカルテットスペシャル格闘P/合体4400→4900→5600→74501-3-1140+25+20空A陸A水A夜A合体攻撃(チルノ、ルーミア、ミスティア、大妖精)
バリア貫通
サイズ差補正無視

※合体攻撃は参加キャラの強化段階の平均(切捨)が適用される

固有スキル Edit

能力名称習得Lv区分効果備考
バカルテット強化*能力武器「バカルテットスペシャル」の攻撃力に+200。
パワー140以上になると、同スキルをセットした
ユニット全員に効果を及ぼし、補正は重複する。
地上の恒星L3距離3マス、およびペア相手のいる地形を「昼」にする。
(地形適応「夜」がSのユニットには適用されない)
装甲虫+41固有コマンド「装甲虫」の発動回数に+3。
リグルキック強化47武器「リグルキック」の攻撃力に+300、射程に+1。
虫の知らせサービス-コマンド指定した味方ユニットに「被弾時ガード」の効果を付与。(使用回数2)
急襲-能力精神コマンド「奇襲」の消費SPが50になる。
ファイアフライソウル60精神コマンド「かく乱」が「魂」になる。(消費SPは60となる)

バカルテット強化 Edit

  • 今作で追加された合体攻撃をピンポイントで強化。
    • 通常のバカルテットスペシャルに加えて、73話で追加される「ファイナルバカルテットスペシャル」にも攻撃力+200の効果が及ぶ。
  • 合体攻撃メインで運用するならこれ。他のバカルテットの同スキルと補正が重複するため火力が凄まじいことになる。
  • 合体攻撃は参加者の攻撃強化率の平均を元に攻撃力が算出されるので
    特に参加人数の多いバカルテットスペシャルは強化費が嵩んでしまうが、このスキルをつければ手軽に攻撃強化が可能になる。
  • 特筆すべき点として、通常はこのスキルをセットしたユニットのみ攻撃力+200となるが、
    同スキルを二人以上がセットしており、更にその二人以上の内、パワーが140を越えたユニットに限り、攻撃力が+200ずつ重複される。
  • バカルテット強化の補正値
    (「バカルテット強化」所持者をA~Dとし、その全員が同スキルをセットしていると仮定する)
    各ユニットのパワーの状況ABCD
    全員のパワー140未満+200+200+200+200
    Aのパワー140以上+200+200+200+200
    A・Bのパワー140以上+400+400+200+200
    A・B・Cのパワー140以上+600+600+600+200
    A・B・C・Dのパワー140以上+800+800+800+800
    • パワー140以上が一人の時点では、他の同スキルを付けているユニットの攻撃力は変わらず、
      パワー140以上が二人以上になってから、パワー140以上のユニットに攻撃力が+200ずつ重複される。
  • どうせ付けるのならバカルテット全員に付けたいが、バカルテットは皆ユニークかつ強力な固有スキル持ちなため悩ましい。
    • 特にリグルの場合、ルーミアの「夜闇」と役割が対になっている為大半のマップでどちらかは欲しいところ。

地上の恒星 Edit

  • リグルにしかできないことその1。
  • 中盤の魔界は夜MAPなので、夜Bユニットのアイテム枠を蛍火の珠で取られたくない場合に使える。
  • リグルが前衛の時は後衛と範囲内の前後衛両方を「昼」に。一方、後衛の時は前衛のみ「昼」にする。(リグル自身は夜Sで除外)
  • 夜Sユニット以外に「昼」が適用されるのでデメリットはほぼない。天子(夜A)の緋想の剣(夜S)は、武器に対する「夜」の恩恵を受けられなくなるだけなので、損。
    • その仕様上、夜MAPに出現する夜Sの敵ユニットを範囲に入れても、その敵ユニットの夜Sを無効化して地形適応を下げることはできない。
      例:68話のコウモリ
  • ルーミアの「夜闇」と範囲が重複したときは、夜Sユニットは夜地形、他は昼地形になる。

装甲虫+ Edit

  • リグルにとって切り札である装甲虫を倍に増やすスキル。多少の被弾は問題外になるが、正直なところ使い切ることは稀で無意味になりやすい。
  • そもそも回避型であるリグルがそう何回も被弾すること自体が問題かもしれない。援護防御を習得して自分も味方も守れるようにすると良いだろうか。

リグルキック強化 Edit

  • リグルにアタッカーの役割を与える場合の候補。キックは燃費が良く、初期習得の低速移動でボス戦での位置取りがしやすいため援護に向く。
  • 威力は合体攻撃に届かないものの、そちらは編成や陣形の自由度を奪うため、そこを気にせずに撃てるキックを強化する価値はまだ十分にある。
  • 問題は他のスキルのような、リグル特有の動きが出来なくなること。リグルレベルのアタッカーなら他でも代えがきいてしまうのも問題。

虫の知らせサービス Edit

  • リグルにしかできないことその2。
  • このスキルで付与される「被弾時ガード」の基本的な仕様は前作「永」と変わらず、被弾した際に確実に防御状態となる効果で、
    最終ダメージを通常の防御時と同じく半減する。鉄壁や通常の防御とも乗算で重複する。
  • 敵全体の火力が増し必中持ちのボスが複数現れたことでますます価値の高まったスキル。反撃を確実に食らってしまうだろうアタッカーを守ったり、
    運が悪ければ撃破されるかもしれない状況で保険として掛けたりできる。
  • 援護防御や防御系精神といった身を守る手段を受けられない時が主な使い所。

急襲 Edit

  • 効果が優秀な奇襲を安価で使えるようになる。熱血に必中と加速が付いて消費50は破格。
  • ただしリグルのSPがそんなに高くないため奇襲の使用回数を増やすことは難しい。浮いた10や20ちょっとのSPをどれだけ有効活用できるかが鍵。
  • 単純な火力でいえばファイアフライソウル(魂)の方が優秀。急襲ならかく乱を使うこともできるが、奇襲とかく乱で掛かるSP130を賄えるのはレベル70とかなり遅い。

ファイアフライソウル Edit

  • 後衛からのFPM一発屋運用にさらに磨きがかかるスキル。リグルをバカルテットスペシャル目当てで起用しているならあり。
  • ただ、元々奇襲に熱血が含まれているため、瞬発力が劇的に跳ね上がるというほどでもない。
    • さらに、「かく乱」も非常に強力な精神コマンドであり、これが失われるのも痛い。
    • かく乱自体は貴重で強力な精神だが要所で使ってこそ真価を発揮する。他のかく乱使いに任せてリグルは攻撃に専念した方がいいケースは多い。
  • また、リグルの場合、「虫の知らせサービス」や「地上の恒星」といった、既存の固有スキルの輝きも失われていない。
    リグルに他の役割も求めるか否かで、採用するか決めよう。

運用参考例 Edit

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White