俺たちの席を返せ!

Last-modified: 2020-10-11 (日) 01:33:36

2015年5月16日、広島東洋カープvs横浜DeNAベイスターズ戦(マツダスタジアム)で、DeNAファンが掲げたボードの文句。

経緯

事のきっかけは広島球団が『常車魂~RED RIDING~』として打ち出した、首都圏のファンに向けた貸し切り新幹線による観戦ツアーである。
いわゆるカープ女子ブームもあって広島の人気が高騰していたこともあり、ファンの需要に応えたこの企画自体は責められるべきものではないのだが、問題なのはそのために用意された座席。
なんと球団は、本来はビジターファン専用のビジターパフォーマンスシートのおよそ半分をカープファンのために割り当てるという暴挙に出たのである*1
当日横浜ファンにあてがわれた座席数はわずか300。十分な説明もなくビジターファンの締め出しを行い、しかも横浜ファンに宛てた公式サイトの謝罪メッセージにて『横浜DeNA ベースターズ』と球団名を誤植するという失態もあり、あまりにも失礼かつ不誠実な対応ぶりに横浜ファンはもちろんのこと、他球団ファンからも轟々たる非難の声が上がった。

当日の座席割り当てを表した画像

なお締め出しも虚しく、広島打線は横浜先発・井納翔一の前に沈黙。1-2で完投負けを喫したのだった

俺たちの席を返せ!

この措置に不満をあらわにしたDeNAファンが掲げたのが、「俺たちの席を返せ!」と書かれたボードだった。

偶然にも上段にホセ・ロペスの応援タオルを掲げたDeNAファンがいたため、あたかもロペスが席を奪ったかのように見えてしまいネタにされた。

関連項目


*1 近年、ホーム側のチケットを取れなかった広島ファンがビジター席のチケットを購入し、ビジター球団のファンとトラブルを起こす問題が発生しており、その行為に対し対策を打つどころかビジター専用席を減らした球団の対応も批判された。