創価ホモ

Last-modified: 2021-12-02 (木) 17:05:01
  1. 北海道日本ハムファイターズの蔑称。
  2. 侍ジャパン監督・栗山英樹の蔑称。
  3. 元千葉ロッテマリーンズ・寺嶋寛大の蔑称。


1.の概要

元々日本ハムには創価学会の信者を公言する選手や創価学会系列の学校(創価大学・創価高校・関西創価高校)出身の選手*1が多数在籍していたため、「日本ハム」をもじって「創価ハム」という蔑称があった。
さらに2007年、ゲイ向けアダルトビデオ出演疑惑のある多田野数人*2がクリーブランドインディアンス3Aから大学社会人ドラフト1位で入団したことで、「ハム」の部分もゲイの蔑称である「ホモ」に変化し、「創価ホモ」という蔑称が誕生した。
なお、当然のことながら信教・LGBT差別に繋がりうる蔑称なので、使用には注意が必要である。


しかし、近年はおハムうん公など、新たな蔑称が次々と誕生したこと、創価学会系列学校出身の選手が減った上ドラフト候補として出てきても日本ハムに指名されることが少なくなったことなどから創価ホモ自体が一時期ほど使われなくなっている。

2.の概要

日本ハムの蔑称として創価ホモが定着したのち、2012年に栗山英樹が日本ハム監督に就任した。
栗山は、創価高校出身*3であり、なおかつ独身で選手に対する愛情表現が生々しいことから同性愛者疑惑があり、「創価」と「ホモ」の2つの属性を一人で兼ね備える人物であった。
そんな栗山が創価ホモ球団こと日本ハムの監督であることは当然のようにネタにされ、栗山自身の蔑称としても創価ホモが使われるようになった。
なお、栗山は監督として長期政権を築き、大谷翔平の二刀流育成や日本シリーズ優勝などの実績を残して、創価ホモとしての側面だけでなく野球の側面でも日本ハムを象徴する存在となっていた。


3.の概要

2014年ドラフト4位でロッテに入団したイケメン野球選手寺嶋だったが、同年11月に「寺嶋と似た男性がゲイ向けアダルトビデオに出演していた」という話題で注目を集めてしまう。
同年オフに「ホモビデオ出演野球選手」の元祖である多田野が日本ハムを退団していたこともあって、寺嶋が後任のホモ野球選手の代表格に祭り上げられてしまう。
さらに寺嶋が創価大学出身だったことから、日本ハムのお株を奪う「創価」と「ホモ」の合わせ技ということになり、衝撃を受けたなんJ民やロッテファンは、これ以来寺嶋のことも「創価ホモ」と呼ぶようになった。
2017年に千葉ロッテマリーンズから戦力外通告を受け、プロ入りして一軍での試合出場がないまま退団した。
2018年からは東京都のクラブチームでプレーを続けている。


関連項目



Tag: 日ハム ロッテ 蔑称 TDN


*1 なお、栗山英樹のように系列学校出身だが信者ではないという者もいることに留意すべきである。このパターンには特待生など入学に際して優待的な扱いを受けているなどのケースが多く、2021年箱根駅伝総合2位の実績を持つ駅伝部においては過半数が非学会員という報道もある。
*2 なお、本人はゲイではないと公言している。また、多田野は八千代松陰高校→立教大学出身で創価学会系列の学校への在籍経験がなく、信者であるというソースもない。
*3 ただし、創価学会の信者ではないことを公言している。大学は国立の東京学芸大卒業。