なんか変だな

Last-modified: 2022-05-02 (月) 07:22:59

北海道新聞に掲載された、元札幌ドーム社長・長沼修のコラムのタイトル。


経緯

2016年頃より札幌市との間で起きた、年間20数億円に上る札幌ドームの使用料の争い*1から北海道日本ハムファイターズが自前での新球場建設発表に至った、所謂『札幌ドーム問題』が発端である*2
日本ハムサイドは札幌市と協議を重ねるも、紆余曲折の事情から交渉決裂。すると今度は札幌市と隣接する北広島市との間で新球場建設の誘致合戦が繰り広げられるに至った。


なんか変だな

その最中、2016年6月23日付の北海道新聞朝刊に掲載されているエッセイ「朝の食卓」に、以下の記事が掲載された。

見ての通り、当事者中の当事者である元札幌ドーム社長の言い分のみを掲載という、極めて一方的な内容となっている。
しかも、

  • 全ての準備を日本ハムが行なっている事実を(単に知らなかった可能性もあるが)当然の如く記載していない
  • コンクリートに薄い人工芝を敷いただけのグラウンド*3やファウルゾーンの広さ*4、防球ネットの不備*5等構造上の問題点が再三指摘されていたにもかかわらず「野球を楽しめないほどの欠陥があるようには思えない」と断言。
  • 「傾斜が急な階段も、北広島や真駒内公園*6へ行くよりはマシ」という、利用客感情を度外視した斜め上すぎる擁護*7
  • 最後の最後に、実態のない市民の声に転嫁する姑息さ。

以上の点から(北海道新聞が行政寄りの情報機関であることを考慮しても)論ずるに値しない内容と言え、なんJでも拡散されるやいなや憤り疑問の声が噴出。記事の内容に同調する向きはまったくと言ってよいほど見られなかった。

その後

札幌市との交渉を重ねるも関係は改善されず、結局球団は2018年に札幌ドームからの撤退を決定、そして約600億円を投じて北広島市のきたひろしま総合運動公園内に『北海道ボールパークFビレッジ』と、その中核となる新球場『エスコンフィールド北海道』の移転建設を決定した。開場は2023年3月を予定している。
これにより札幌市は札幌ドームの一番の収入源となっていた日本ハムの観客動員を失うこととなり、今後の経営に大きく影響するものと見られている(参考記事*8。転じて、一連の出来事を広く知らしめたこのコラムのタイトル「なんか変だな」は、ドームないし市の対応の象徴として、皮肉的に使われるようになった

余談

2021年シーズンの日本ハムは一時期ホームでの勝率が凄まじく低かったのだが、6月13日に栗山英樹監督(当時)は「本拠地で負けるには実は理由がある。」と意味深な発言をしている。

日本ハム 東京五輪前最後の札幌ドームの試合で敗戦 今季は本拠で6勝18敗4分けの借金12
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/06/13/kiji/20210613s00001173642000c.html

 指揮官は本拠で大きく負け越す理由について「本拠地で負けるには実は理由がある。でも、それは言いたくない。そのことは把握している」とだけ話すにとどめた。ここから約2カ月札幌ドームを離れることになるが、東京五輪後の再開戦となる8月20日からの楽天3連戦では改善策に期待したいところだ。

なお最終的にはビジター勝率よりやや低い程度に収束している。


関連項目



Tag: 日ハム 球場 絶許 報道機関


*1 あまりに高額なため日ハムサイドから使用料値下げの要望が出るも、札幌市サイドは反対に値上げしたという。加えて警備費や広告費、清掃代からグッズ売り上げまで札幌ドーム側に支払う形式のため、なんJでは観客が入れば入る程日本ハム球団が損をする奴隷契約と揶揄されていた。
*2 2004年の札幌ドーム移転当初、日本ハム側は観客を最大2万人程度と予想しそれを基準として札幌ドーム側と使用料の契約を締結した。しかし実際は観客増により契約が実情に追いつかなくなってきたため、日本ハム側から値下げ交渉が行われていた
*3 特に外野手がこのグラウンドコンディションの影響を受けやすく、中田翔に至ってはこれが原因で膝を壊してしまい、外野手から一塁手への転向を余儀なくされている。さらに2021年9月11日の対ソフトバンク戦では、近藤健介が柳田悠岐の打球を追った際にフェンスにぶつかった勢いで後頭部からグラウンドに身体を強打し負傷退場、脳震盪特例措置で登録抹消に至っている。そういった経緯もあり、略称である札ドを捻った殺ドという蔑称も存在する。
*4 札幌ドームはサッカー、野球兼用のドームであり、それぞれの競技を行う際に球場内の設備を撤去もしくは移動する必要があるためファウルゾーンを狭くするための客席の増設や、いわゆるホームランテラスと言われる外野フェンス際に客席設置を行うことが現実的に厳しい作りになっている。
*5 これによりファウルボールが直撃して失明した観客がいた
*6 札幌市南区に位置する公園。後に移転先の候補として市から提案されたが、近隣住民からの強い反対にあい頓挫した。
*7 一応補足すると、札幌ドームは最寄の福住駅まで札幌駅や大通・すすきのなど中心街から地下鉄1本で行く事が可能で、中心街へのアクセスだけなら北広島より近いのは事実である。ただ、球場内の移動と球場までのアクセスとはまた別の問題とも言える。
*8 札幌ドームは建設当初からプロ野球誘致をしない限り経営は赤字必至と言われていた。札幌市サイドは日ハムも含んだ12球団の試合の誘致を検討しているが、日ハムが北海道内に本拠地を置く限りプロ野球地域保護権によって日ハムの許可がなければ札幌ドームで他球団主催の試合を行うことはできず、これまでの経緯を考えれば日ハムがどのような対応に出るかは想像に難くない。仮に許可しても、ドームのハード・ソフト両面の実情を知る他11球団が札幌ドームでの開催に消極的になる可能性もある。
*9 先述の通り行政の御用マスコミぶりではあるが球団の北海道移転時にグランドパートナーという形で出資していることから姉妹紙の道新スポーツと並びファイターズの大本営という側面もある。