Top > 負け運って何?
HTML convert time to 0.005 sec.


負け運って何?

Last-modified: 2018-05-27 (日) 19:53:07

読売ジャイアンツ・菅野智之が、自分の運命に気付いた際に思わず出た発言のこと。


概要 Edit

「実況パワフルプロ野球2016」(KONAMI)のコラボ企画として、12球団の選手が自身の所属球団でプレイをする動画を撮影。巨人からは小林誠司と菅野の二人が選出された。
練習試合*1では小林が大先輩の阿部慎之助にビーンボールを投げるなど和気藹々としていたのだが、いざ本番が始まると自身の操作キャラである菅野の「特殊能力」表示を見た時、ある事に気づく。

「ねえ、この負け運*2って何?

その表情にはあまりにも悲壮感が漂っており*3、その状況を察しているプロ野球ファンの同情を誘った。

 

2016年は防御率2.01で最優秀防御率、加えて3つの勝ち越しなど一見負け運を払拭したように見えるが、澤村拓一のセーブ失敗(3回勝ちを消されている)やエラーなどもあり、肝心の勝ち星は9勝と勝ち運は相変わらず持っていないようである*4
更に体調不良によりCSには出る事が出来ず、チームも1stステージにて敗退。
最終戦の延長までもつれ込むギリギリの結果であり、ファンからは「菅野が居れば・・・・・・」との声が多数聞こえた。
ちなみに同年の菅野自身は打率.222(44-9)・3打点という打撃成績で上記の小林や代打陣よりも高く*5ジエンゴしても勝てない状態であった。

その時の表情 Edit

380b8c97-s.jpg
(現在この動画はYouTubeでは見られない。)


その後 Edit

2017年には、失策ではなく自責点のつく野選や失策のつかないプレーが絡んだため、防御率まで味方野手から被害を受けるようになった
一方でそれなりの援護を得られ交流戦前の時点で既に6勝を挙げ*6、前半戦終了時点で早くも前年に並ぶハーラートップの9勝と順調に勝ち星を重ね、同時期に行われたパワプロのアップデート後に菅野の特殊能力から負け運が消滅し、最終的に17勝を挙げ最多勝のタイトルを手にしたのだった*7
なお、2点以上取られた試合で勝ったのは一度もないため勝ち運*8はない模様。
更にこの17勝の菅野に加え、マイコラスや田口、畠といった強力先発陣*9を擁しながらチームは遂にBクラスへと転落。
「負け運」はチーム全体に伝染してしまったとでもいうのだろうか・・・・・・?

 

2018年になり、パワプロ2018の動画にも出演した菅野は、負け運が消滅したことで「赤いのが無い」とそれを喜んでいた。しかし東京ドームでの開幕戦でお得意様の阪神相手に7回5失点と大炎上。次の登板となったヤクルト戦では、これまた手玉に取っていたヤクルト打線からまたしても6回5失点と炎上してしまっため、単純に負け運以前の問題になっていたがその後の菅野は3戦目の広島戦で8回1失点と試合を作り、次の阪神戦では9回2失点と復調。28日のヤクルト戦では2塁をも踏ませず完封、その翌週の中日戦も前年を彷彿させる投球で完封と完全復活。*10
2017年オフにシンカーを習得した弊害で本来の投球が少しずつ狂ったとも言われていたが、あっという間にシンカーを封印したため、結局あの不調は何だったのか謎のままである。*11

関連項目 Edit



Tag: 巨人 ゲーム パワプロ






*1 動画では、操作に慣れさせるため本番前に一度プレイさせている。
*2 ゲーム内でその能力を持つ投手が登板すると味方打者の能力がダウンする効果がある。また、正反対の効果である「勝ち運」も存在する。
*3 菅野は2015年、16年は援護に恵まれず、防御率に反して勝利数が少ない投手であった(所謂ムエンゴ)。2015年は防御率1.91ながら10勝11敗と負け越し。
*4 援護率が2.88と低いのもあるが、クローザー・澤村拓一やセットアッパー・山口鉄也たちリリーフ陣の炎上により、菅野が降板した後に同点・逆転で勝利投手の権利が消失したり、菅野降板後に打線が奮起した事で試合に勝っても菅野に勝ちは付かなかった事も挙げられる。
*5 2017年も大体こんな感じだったため、これを理由に「ベイスターズの様に8番に投手の菅野を入れろ」という声も一部で上がっていた。ただ、ラミレス監督の作戦の真意を考えると8番の小林にバントをさせ、打撃の良い菅野の方を9番に置いた方が良いという事になる。ちなみに打率は小林が.206、菅野が.167。
*6 リーグ戦の5月28日まで援護率3.63。なお前年の6勝目は7月だった。一方、9試合中リリーフ5試合で先発再転向となった宮國椋丞は生贄に捧げられたのか、同日の時点で援護点が1点もなかった
*7 この他防御率は1.59で最優秀防御率、沢村賞も受賞している。
*8 ただし勝ち運は防御率が悪いわりに勝ち星がつくことが多い選手につくため、プラス能力だがこの特殊能力を持つ投手が優秀だとは言い難い。
*9 この年巨人は72勝68敗だが、この4人だけで50勝21敗(勝率.704、貯金29)している
*10 ただし8回無失点で勝ちがつかない、8回1失点完投負け等相変わらずのムエンゴでもあり、防御率5点台の田口と同じ3敗している。
*11 シンカーでリリースポイントが狂ったという説が濃厚になっており、菅野も二戦連続炎上から修正を図ったことを示唆している。なお、その修正段階でフォークの球速を上げて実用レベルにするというとんでもないことをしている。