Top > 温水ちよ


温水ちよ(ぬくみずちよ)

Last-modified: 2019-02-10 (日) 18:51:25

 劇団アタッテ砕けろの団長。主人公(9)を劇団に誘ったことがきっかけで知り合う。
 ブギウギ商店街の倉庫を練習場所としている。武美によると3年前に遠前町に来たようだ。
 ある日友人に誘われて観たお芝居がきっかけで、女優を志すようになった。
 演劇を続けるためにアルバイトを掛け持ちし、安アパートで暮らし、流し台を風呂代わりにする生活を送るが、「女優の夢がだめになってしまったとき、わたしはどうなるんだろう」と、主人公(9)には将来への不安も吐露する。
 親の事業の失敗が原因で、幼いころに両親と姉と生き別れている。姉からはたまに連絡があるが、両親は現在音信不通である。有名になって両親に見つけてもらうのが女優を目指すもともとの動機である。
 主人公(9)が彼女に芸名をつけられる時、(彼女の芸名を笑ったのが原因で)下品な芸名を提案される。

 

 商店街とタイアップした第5回公演「怪傑とぐろ金属バット」は成功を収めるが、劇団員の一人・若木が主人公(9)とちよの仲に嫉妬し、初日の公演後に劇場代わりの倉庫に放火してしまう。
 悲しみに暮れる中、テレビプロデューサーと名乗る男に声をかけられオーディションに誘われるが…。

 

 つれてこられた場所はオーディション会場ではなくホテルであり、ちよは男に枕営業を要求されてしまう。その男は女優の卵を食い物にする悪徳プロデューサーだったのである。
 追ってきた主人公(9)はちよを諭すが、それが聞き入れられるかは主人公(9)とちよの絆次第である。

結末 Edit

 主人公(9)の想いが届かなかった場合、ちよは主人公(9)ではなくプロデューサーについていく事になる。
 その後、主人公(9)と官藤は深夜番組に水着姿で出演しているちよを観るが、容姿も雰囲気も変わってしまっており、別の世界に行ってしまったように感じてしまう。9の攻略本に、ある意味死よりもきついBAD ENDとコメントされている。

 

 主人公(9)の想いが届いた場合は、プロデューサーの脅しを突っぱね、その後も地道に演劇活動を行うことになる。また、公演が切っ掛けで両親とも再会することになる。
 そして、「大神パライソコーヒー」のコマーシャルで脇役ではあるがテレビ初出演、女優の夢へ一歩近づいた(アルバム中央のやや右下あたりに小さく映っているのがちよ)。

 

 尚、10の1年目では「赤貝ちよ子」という名の女性の写真集が登場し、質問コーナーでも関連性が取り沙汰されたが、9と10の1年目は同時期であり、赤貝がちよだとするのはかなり無理がある。

裏サクセス Edit

秘密結社編 Edit

 マルチナという名前で登場。身軽さと手先の器用さを生かして盗賊として活動している。この仕事の最中主人公(裏)の金をすって捕まったことがきっかけで仲間になる。
 両親を失ったらしく、ノースという親分に養ってもらっている。彼女はノースのことを親代わりとして慕っているようである。だが、ノースは不老不死の願いを悪魔に叶えてもらうべく、その生贄として彼女を育てていただけであった。
 夢である舞台女優になるために、「花の都」と呼ばれる文化都市サン・トレボンヌへ行こうと資金を稼いでいたが、ノースが稼ぎの上前を撥ねるのでなかなか貯まらなかった。


 生贄にされかけた際に、実家の血統が古代の神官の家系であることが発覚。更にその後のアルバムで死んだと思っていた両親が生きていることがわかり、しかもその実家はサン・トレボンヌの良家ということが判明。彼女は主人公(裏)の元から去り実家へと帰っていく。
 別れる前には向こうに着いたら手紙を書く、と言い残していたが、その後主人公に音信は無く、会う事も無かったが、主人公(裏)は「(自分達のことを忘れるのが)彼女にとって一番良い結果だと思う」と回想している。


※簡単な意見交換にどうぞ。
 このページにあまり関係の無い内容の場合、コメントが削除されることがあります。

  • パワポタ4に「売れない役者の卵」として灰原みちよというキャラが名前だけ登場してるが、ちよが元ネタなんだろうか。 -- 2010-08-23 (月) 07:08:22
  • マルチナの由来って何? -- 2010-09-02 (木) 18:58:14
  • ドイツの女優「マルティナ・ゲデック」からかな?生い立ちとかは全然ちがうけど・・・ -- 2010-09-02 (木) 21:53:19
  • 俺は探索でも戦闘でも使える「マルチな」キャラだというダジャレだと思った。 -- 2010-09-03 (金) 09:32:20
  • そこまで万能でもなくね? -- 2010-09-03 (金) 19:07:18
  • 温水シナリオに関係するキャラの名前は劇団出身の俳優が元ネタ -- 2010-10-04 (月) 03:27:57
  • ↑若木って誰だろうか。それとも放火犯みたいな役柄だから、元ネタはないんかな。 -- 2010-10-21 (木) 23:38:34
  • ↑↑↑攻略本には戦闘、回復、探索とあらゆる場面で活躍してくれると書いてたからマルチな、のシャレだと思う -- 2010-10-22 (金) 23:55:54
  • 10やった時「赤貝ちよ子」の名前でびっくりしたんだけど時期的には無理でも3年前から遠前町にいて何回か講演している以上9の話が始まる前に事が起きてた可能性もあるよね。たぶんスタッフの意地悪だろうけど -- 2010-11-11 (木) 18:45:56
  • ちよの芸名は「流れ星ボエ夢」だから違うと思う -- 2010-11-11 (木) 19:42:48
  • 劇団での芸名を使うとも思えないが・・・ -- 2010-11-14 (日) 21:40:32
  • 12裏でマルチナは主人公たちを忘れたんじゃなくて実は都に行く道中殺されたんじゃないかという考えが頭によぎるのだが…考えすぎ? -- 2010-12-12 (日) 06:22:44
  • ↑家に帰ったら手紙すら出させてもらえなかったのではないかと俺は考えたがな… -- 2010-12-12 (日) 07:39:05
  • ちよ子の写真集持ってたのって北野じゃなかったっけ? だから裏でかかわりがあったんじゃ? -- 2011-01-09 (日) 22:18:04
  • ↑あれは別人だろ -- 2011-01-10 (月) 14:09:35
  • ニコ動見てたら12裏のマルチナのEDは人買いだ、ってのがあったんだが。思い当たる節(BGMとか都合良く両親見つかったとか)はあるが… -- 2011-06-28 (火) 22:48:25
  • ↑あのエンディングだけでは検証の仕様が無い。そう考えるのは個人の自由だが、断定できない以上ここでの議論は無理だろう。 -- 2011-07-18 (月) 23:05:44
  • ↑↑あぁ、「ブラッドハーレーの馬車」ネタのことね -- 2011-07-19 (火) 01:10:39
  • ↑9、芸名「流れ星ポエ夢」じゃなかった?これ温水ちよの説明にないけど入れても良い内容だと思うんだけどな -- 2011-07-22 (金) 00:47:24
  • 12裏のマルチナのEDは、御者の目元が陰になってたのが恐い。例え人買いでもマルチナならなんとかしそうだけど -- 2011-12-06 (火) 17:00:39
  • ↑手紙がこないってのもそうだったら怖いな -- 2011-12-07 (水) 22:43:24
  • 名前の元ネタって温水洋一から来てるのかな -- 2011-12-12 (月) 23:59:45
  • 一応正史で演劇はあったみたいね。木川の話によれば -- 2011-12-17 (土) 01:23:39
  • シナリオがリアル過ぎて怖いよね。絶対に劇団経験者が書いてるだろこれ。 -- 2011-12-17 (土) 10:25:39
  • 確かライターで演劇経験者がいたよね。 -- 2011-12-17 (土) 11:36:07
  • 温水よういちをひっくり返して、ちよ…て思ったけどさすがに無理矢理すぎるかな -- 2013-09-25 (水) 01:51:20
  • いや、多分合ってると思いますよ -- 2013-10-06 (日) 20:00:43
  • まあ主人公がいなければ放火もなくて普通にプロデューサーの誘いは断るだろうし、木川の話では演劇はちゃんとやったらしいから両親や良いプロデューサーも来ただろうしGOODENDかなちよは正史でも -- 2015-03-06 (金) 20:38:56
  • ↑日射病やら働きすぎで体壊さなきゃね。 -- 2016-07-22 (金) 19:37:23
  • ちよ自身9のgoodの後、素質的に本当に働き口があるのだろうか?脇役として人生が終わるより、枕してアイドルやる方が本人の依存の性格を考えるといいのでは?またもしgoodから女優業が成功すると9主が邪魔になる可能性がある -- 2019-02-10 (日) 18:51:25

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White