Top > BGM > クエストクリアBGM
HTML convert time to 0.005 sec.


BGM/クエストクリアBGM

Last-modified: 2017-09-28 (木) 22:30:05
  • 全モンスターハンターシリーズにおける、クエストクリア時に流れるBGM。
    恐らくプレイ中最も聴くことになるBGMだろう。
  • 基本的には各作品のメインテーマ曲をアレンジしたものとなっている。
    また、どの曲も派手で明るい曲調のファンファーレが流れた後に、
    勝利の余韻に浸るかのように穏やかなメロディが続く…という構成になっているという点では共通している。
    • 「功を讃えて」以外では、英雄の証の旋律も使われている。
      作品ごとにアレンジが違うので、聴き比べてみるのも面白いかもしれない。
  • クエストクリア時の仕様上、この曲のフレーズを聴いただけで、
    何秒経過したかわかるようになってしまったハンターも多いことだろう。

目次 Edit

Triumph! Edit

使用作品
MH、MHG、MHP、MHP2、MHP2G
収録
モンスターハンター サウンドトラックブック
モンスターハンター 狩猟音楽集
  • モンスターハンターシリーズ全体のメインテーマ「英雄の証」のアレンジである。
    古参のハンターほど馴染み深い曲であり、MH2を除くMHP2Gまでのメインシリーズではこの曲が使用されていた。
  • “triumph”(トライアンフ)とは、「勝利の喜び」や「成功」、「手柄」といった意味の英単語。
    クエストを見事成功させた際のシチュエーションやハンターの心情と見事にマッチした題名といえる。
  • 素材ツアーだろうが小型モンスターの掃討クエストだろうが、防衛に成功しようが、
    基本的にクリアさえすれば、どのクエストでも流れる。
    しかし、やはり大型モンスターを倒した際に聴いた方が映えることは間違いない。
    特に、村最終などの難関クエストを初めてクリアできた時や、
    何度も苦杯を舐めさせられたモンスターに初めて勝利できた際に聴くと感慨も一入である。
  • また、ぽかぽかアイルー村の探検クエストクリア時にもこの曲をアレンジしたものが流れ、
    MH4のモンニャン隊がモンスターに勝利した際にもこのアレンジの冒頭部分が流れる。
    他にもMH4のモンニャン隊では戦闘中やモンスターに敗北した時のBGMにも同作で使われていた曲が用いられている。

功を讃えて Edit

使用作品
MH2、MHF
収録
モンスターハンター2(dos) サウンドトラックブック VOL.1 ジャンボ村の唄
モンスターハンター 狩猟音楽集III
  • この曲に限り「英雄の証」ではなく「大敵への挑戦」のアレンジとなっている。
    その後も「大敵への挑戦」が使われるため、クエストクリアBGMの中では唯一「英雄の証」が流れない曲である。
    またファンファーレの雰囲気も他とは異なり、比較的テンポが速い。
  • また、MH2発売の時点では現在ほどモンハンのプレイヤーが多くなかったためか、
    MH2のクエストクリアBGMであることを知らない、或いは覚えていないファンも多い。
    • しかし、MHFではZアップデートを迎えた現在でも使われているため、
      一番使用期間の長いクエストクリア曲でもある。
      このためか、「功を讃えて」を聴くとMHFを思い浮かべるファンも多い。
  • MHFでは遷悠クエストと緊急クエスト以外の全てのクエストでクリアBGMがこれになっており、
    発覚BGMは専用のものになるG級クエストでもクエストクリアBGMは変わらない。

成功!!! Edit

使用作品
MH3、MH3G、MHF(G8〜)、MHXR
収録
モンスターハンター3(tri-) オリジナル・サウンドトラック
  • ファンファーレは英雄の証のアレンジであるが、後半部分がTriumph!と違い高い音から低い音へと流れる。
    その後は「生命ある者へ」の主題部分のアレンジが使われる。
  • MHFの遷悠種モンスターのうちMH3シリーズに登場していたものは、クエストクリアBGMもこの曲になっている。
    遭遇時が「高まる鼓動」なので、まさかのMH3仕様である。
    なお、クエスト失敗時はいつも通りのBGMが流れる。

帰する場所へ Edit

使用作品
MHP3
収録
モンスターハンター 狩猟音楽集III
  • オーケストラ調ではあるものの、全体的に和風な雰囲気で纏まっており、
    拍子木や三味線、尺八など和楽器も多く取り入れられている。
    他のクエストクリア時のBGMは民族楽器等が控えめにされている傾向があるので、
    歴代のクエスト成功時のBGMとはかなり異なる印象を与える曲となっている。
  • 乱入クエストが発生すると、「帰する場所へ」の冒頭のファンファーレが流れたあと
    そこで一旦曲が中断され、「WARNING!!」の文字と警告文が出てくるという流れになっている。
    乱入クエストをクリアするか、村に帰還すると再度曲が最初から流れる。まさに仕様である。

生者を照らす朝日 Edit

使用作品
MHP3、MHX、MHXX
収録
モンスターハンター 狩猟音楽集III
  • 全体的な曲構成は「帰する場所へ」と同じであるが、
    ファンファーレ部分が大きく変化しより高い旋律で豪華になっており、「Triumph!」のものにかなり近い。
    「秘湯を求めて」のアレンジ部も音が増えており、ラスボスを制したという達成感に浸ることが出来る。
  • ちなみに、あるモンスター専用のクエストクリア曲というのは、
    フロンティアを含めてもこの生者を照らす朝日だけである
    (一応ドゥレムディラの討伐に成功するとファンファーレが鳴るがクエストクリアBGMではない)。
  • MHXではBGM元のアマツマガツチが久々の復活となり、それに併せてBGMも復活を遂げた。
    MHXが初めての人はその演出に感動を覚え、
    MHP3経験者は健在であるこのBGM、演出に感動の他に懐かしさを感じるかもしれない。
    アマツマガツチの復活が告知されて以降、MHP3経験者達からこのBGM復活への期待が高まっており、
    それに見事応えたと言えるだろう。
    • また細かく見れば、MHXでのクエストクリアBGMはベルナ村のBGMのアレンジであるため、
      同作にて唯一別の村BGMがアレンジされたクエストクリアBGMが流れるというケースでもある。*1

英傑を讃えて Edit

使用作品
MH4、MH4G、MHF(Z〜)
収録
モンスターハンター4 オリジナル・サウンドトラック
  • MH4のメインテーマ「旅立ちの風」のアレンジとなっている。
  • ファンファーレ部分が一番「Triumph!」に近いアレンジで、旧モンスターも多く復活したMH4を表しているようである。
    その後は「成功!!!」に似たベースの上で、「旅立ちの風」のサビ部分のアレンジが二度流れる。
  • MHFにも、ゴア・マガラが遷悠種として参戦したMHF-ZにてこのBGMが導入された。
    ただしゴア・マガラ実装当初は、バグでゴア・マガラのクエストであらゆるBGMが流れなかったため、
    実際にMHFでこの曲が聴けるようになったのは、2016/12/27のメンテナンスでバグが解消された以降*2だった。

未来への希望 Edit

使用作品
MHX、MHXX
収録
モンスターハンタークロス オリジナル・サウンドトラック
  • 作品では数多くの村が登場するがそのなかで、
    メインとなるベルナ村のテーマ「風と草原の彩る村」をアレンジしたものがこの曲である。
    実際聴いてみるとメロディが似ているぐらいだけなのでアレンジとは気づきにくいが、
    キーを3つ上げて聴いてみれば、アレンジ元の曲と同じメロディを聴きとる事が出来る。
  • 曲調、構成共にMHP3の「帰する場所」と似ている。
    上述の「英傑を讃えて」と「Triumph!」の関係のように、MH3とMHP3の要素を復活させたことを意識しているのだろうか。
    体験版でも聞くことができるが、その時間は非常に短い*3

困難を超えし英雄 Edit

使用作品
MHF(G10〜)
  • MHF-G10以降に使用されるようになったBGMで、緊急クエストのクリア時のみ流れる。
    その仕様上、G級ハンターにはほぼ縁のないBGMであり、
    HRハンターでも緊急クエストの数は限られているので聴くことのできる機会は少ない。
  • ファンファーレではやはり「英雄の証」のアレンジが、その後はオリジナルの明るいメロディが流れる。
    前述のとおりクエストクリアBGMは、ファンファーレ後には穏やかなメロディが流れる…
    というのが定番であったのだが、このBGMのメロディは歴代のそれと比較してやや激しめ。





*1 一応ユクモ村はMHXにも登場し、秘湯を求めてのアレンジver使用されている
*2 Xbox360版では更に修正が遅れ、2017/2/1まで解消されなかった
*3 体験版では剥ぎ取り時間も短くなっており報酬画面などいわゆるリザルト画面がないため、すぐに「Thank You for Playing」の画面になりタイトルに戻ってしまう。