武器/ブレイド

Last-modified: 2020-04-04 (土) 16:17:09

基本性能

属性初期Lv/AT最大Lv/AT装備特殊効果使用効果売価
1/1210/25無しぶつけるとダメージ1000G


付加性能

鍛冶限界(Lv/AT)付加特殊効果名称変化
15/60反撃低下攻撃*1ヘビー*2SS*3
装備すると魔防御上昇*4
受ける低下攻撃*5

入手

鑑定

普通の剣。「ソード」と同じ材質、設計だが、より時間をかけて丹念に仕上げられている。


その他

武器効果は3つのうち1つだけしか開花させることができない。
はじめて入手の機会があるのは店ではなく、シャンテ&シュウ編のロマリア戦艦―飛行船格納庫である。
この時点ではなかなか攻撃力が高いので、シュウがアサッシンから盗んでおくと、
グレイシーヌ国境をクリアして自由行動が可能になるまでのエルクやアークやトッシュ、もしくは仲間モンスターの装備として活用できる。
後述の通り、限界強化するだけの価値はあるため、温存も考えたくはなるだろうが、
騎士の亡霊リビングアーマーといった剣を使用する上位種モンスターの初期装備でもあり、
それらとはグレイシーヌ編終了後の時点でも遭遇・捕獲可能なので、
アサッシンから盗んだものは躊躇なく使いつぶしても問題はない。
初期最大攻撃力25はフォールチョンフランベルジュ紅蓮といった武器とほぼ同等なため、使わないのはもったいない。
どうしても温存しておきたいなら、AMGを正規に起動できるリーザ編でトレードを利用し増殖すればいい。

 

店売り品としては、これよりも遥か以前に買える様になっているであろうエッジよりも二周りほど劣る初期性能で、見向きもされないと言う不遇な装備。
しかし、特殊効果の内、「装備すると魔防御上昇」はエッジには無い利点で、アイデンティティは持ち合わせている。
「装備すると魔防御上昇」の効果持ちの中では、「初期レベルが1」「量産可能」「限界攻撃力が最も高い」「無属性」という点から、もっとも優秀といえる。
残る「反撃低下付与」「受ける低下付与」はどちらも微妙。
前者は決して悪くは無いが眠りなどに比べると劣り、後者は「受ける低下」自体が役立たずで意味が無い。
そのため、追加効果は「装備すると魔防御上昇」一択だと思っていい。

 

特殊効果から見ると、エッジが攻撃的なものなら、このブレイドは防御的なものであると言える。
状況に応じて使い分けよう。


*1 鍛冶屋で発生可能。特定のキャラorモンスター(トッシュ他)に装備させてレベルアップさせることでも開花可能
*2 バトル→キラー→ヘビー
*3 +1~+9→SS
*4 鍛冶屋で発生可能。特定のキャラorモンスター(エルク他)に装備させてレベルアップさせることでも開花可能
*5 鍛冶屋で発生可能。特定のキャラorモンスター(アーク他)に装備させてレベルアップさせることでも開花可能