【マザーオクト】

Last-modified: 2019-07-19 (金) 22:50:25

概要 Edit

DQ5で初登場したタコのモンスター。
ヘタレの【オクトリーチ】の上位種で、こちらはお名前からして母親と思われる。モンスター大図鑑には「オクトリーチの母"だといわれる"魔物」と少々曖昧に記述されているが、とりあえずオクトリーチの親玉なのは間違いないだろう。
オクトリーチがマイナーな影響か出番が少なく、後のDQMJ3にてようやく初再登場を果たした。

DQ5 Edit

青年時代後半に、【海の神殿】や中央の海域で遭遇する。
多くの下級モンスターが滅亡した中でオクトリーチの生息範囲が広がったのはこいつらのせいだろうか。
 
戦闘では主に砂煙を使う。多分墨を表現しているのだろう。
やはり放っておくと面倒で、戦闘が長引くと触手つながりなのか【ベホマスライム】を呼ぶので砂煙は喰らいたくないところ。
ヒャド系以外の攻撃呪文・特技は有効なのでこれでさっさと片付けよう。
ちなみにHPは100なので、物理キャラが砂煙を受けたら【こおりのやいば】辺りの道具使用などで機転を利かせば対処できるだろう。
単体ではなんてことのない雑魚敵だが、【グロンデプス】【ブリザードマン】など強敵と組むせいかそこまで弱いイメージが無い。さすがは母。
 
なお海上ではこいつの出現する地域は【天空への塔】周辺海域のみで、これはレアモンスターのグロンデプスと同じ。
グロンデプスを探したいなら、出現率の高いこいつの出る海域を目安にすると良いだろう。

DQMJ3 Edit

自然系のCランクに属する。ストーリーの世界では出現しない。
体色が紫に変更されたが、青紫の【カラーフォンデュ】でペイント配合すると従来の配色に近くなる。
 
特性は【ノーマルボディ】【ジャミングブレイク】(固定)、【AI2回行動】。+25で【狂気の闘志】、+50で【にげあし】、+100で【笛吹き名人】が解放される。
更に、メガボディ化で【みかわしアップ】、ギガボディ化で【すばやさギャンブル】、超ギガボディ化で【神の踊り手】が追加される。
 
ライブラリによると、オクトリーチの母親らしいが子育てをしている所を誰も見たことがないらしい。
本作のこの系統は足の数が8本になったりフィールド上に出現するオクトリーチが夜行性になっていたりと実際のタコに近くなったが、この点はイカに合わせたのだろうか(イカは基本的に卵を生んだら生みっぱなし)。
ちなみにタコは卵が孵化するまでじっと飲まず食わずで世話をする。

DQMJ3P Edit

固定特性が【目くらまし】に変更された。
合体特技は【ベホマ】、合体特性は【不思議な守り】