Top > 【こおりのやいば】
HTML convert time to 0.013 sec.


【こおりのやいば】

Last-modified: 2018-08-14 (火) 23:36:52

概要 Edit

DQ4以降に登場する常連武器の1つ。なぜか偶数作品は非売品で奇数作品は市販品という特徴がある。
永久に溶けない氷を、魔法で加工して刀身としたという剣。
一部を除いた全作品共通で、戦闘中に道具として使うとヒャド系(ヒャダルコ)の攻撃の効果がある。
説明文は「けんから ふぶきが まきおこる!」。
 
元ネタは「抜けば玉散る氷の刃」こと宝刀村雨か。
青い刀身の刃側と峰側両方にトゲトゲが突き出している。
「氷の刃」を字面通りに解釈した面白い武器である。
なお、所持していると殺されて奪い取られる武器とは関係ないので安心しよう。
 
DQ3では【ふぶきのつるぎ】が「【ヒャダルコ】の呪文効果を持つ剣」として登場していた。
そして氷の刃はFC版DQ4で、「ヒャダルコの呪文効果を引き継ぎつつ、市販品最強の【ドラゴンキラー】よりは弱い剣」として初登場。
DQ5以降は共演しており、こちらは呪文効果を残しつつ、剣というより仲間モンスターなどが使う牙みたいな扱いをされている。
対して吹雪の剣は呪文効果を失い、「使用効果を持たない代わりに、より高い攻撃力を持ちヒャド系追加(増幅)ダメージを与える」立ち位置になった。
不思議のダンジョンでは【アイスソード】という類似品が登場。
詳細は個別記事に譲るが、トルネコ2では実際に殺してでも奪い取らなければ入手出来ない。

DQ4 Edit

非売品。攻撃力+75。
【勇者】【ライアン】【ピサロ】が装備可能。
【トルネコ】が働いていた【レイクナバの武器屋】の地下の宝箱に入っている。
ただし、【最後の鍵】がないと入手できず、何故店の親方が隠し持っていたのかは不明。
また、リメイク版のみ【シーライオン】が極稀に落とす。FC版でも内部データのみに存在するシーライオンはこれを落とすことになっている。つまり、シーライオンが没モンスターとなったためFC版ではこの剣が一品物になってしまった。
 
DS・スマホ版では【トルネコの盗み】によって船を入手した時点で量産可能となった。
攻撃力は高いが、ドラゴンキラー購入後は装備する機会がほぼ無いだろう。
しかもドラゴンキラーは船入手後すぐに購入可能なため、下手をすると一度も装備する事がないかもしれない。
【はぐれメタルのけん】の入手前、【きせきのつるぎ】【トルネコ】に渡せば、勇者とライアンがドラゴンキラーとこれを、というのもアリだろう。
 
しかし、この武器は道具使用で【ヒャダルコ】の効果があり、本作ではたとえ装備不可能なキャラであっても道具使用効果は誰でも発動可能になっているので、道具使用が主な用途となる。
FC版では道具使用で発動する攻撃呪文の効果中で単純な威力(期待値)ならば【てんばつのつえ】と並んで最強、PS以降のリメイク版ではヒャダルコの強化に伴い、天罰の杖を抜いて最強となった。
FC版なら、呪文の使えないライアンや【アリーナ】、攻撃呪文が【ザキ系】しかない【クリフト】あたりに持たせておけば、【AI】が良い感じに使ってくれる。
【マーニャ】に持たせるのも案外有効で、炎熱系の攻撃呪文が通じない敵や、MP節約のために作戦を【じゅもんつかうな】に変更した際には打撃の代わりにこれを使ってくれる。
また、これらの道具使用効果は【マホカンタ】【マホステ】状態の敵にも有効なので、活用できる場面は多い。
これで、【ブライ】の出番はますます奪われてしまう。(一応、【ヒャダイン】とか【マヒャド】もあるが)
それからこれらの攻撃用道具は【じゅもんせつやく】でも積極的に使ってくれるので、ぜひ活用しよう。
 
リメイク版ではAIが使ってくれないが、【めいれいさせろ】があるので、それで任意使用可能。
ヒャダルコの強化に伴いこちらの威力も上昇しており、FC版以上に使い易く、ありがたい武器になったと言える。
同じく強化された【ミネア】に持たせ、状況や敵によって【バギ系】と上手く使い分けるのもいいだろう。
 
【ヒャド系】に弱いモンスターはもちろん、厄介な【デーモンスピリット】などにもかなり有効。
縛りプレイなどでは仲間を呼びまくる【アンドレアル】をまとめて倒すのに使われる事もある。

DQ5 Edit

市販品、攻撃力+70。青年期後半のサンタローズやエルヘブンにて9,000Gで買える。
人間キャラは装備出来ず、【キメラ】【キラーパンサー】【グレイトドラゴン】等の獣じみた面子が主に装備できる。
本作では牙系武器のような扱いだと思われるが、【公式ガイドブック】のイラストでは普通の刀剣状に描かれている。
(一応人型である【くさったしたい】も装備可能ではある)
 
ふぶきのつるぎと同様にヒャド系耐性に応じて最大1.5倍までダメージが増加する。
最終ダメージを基準にするので、ちからが高ければ武器性能以上のポテンシャルを引き出せる。
そのため、吹雪の剣を装備できない仲間の事実上の最強武器となることが多い。
入手時期の早さも魅力。青年期後半に入ったらぜひ買いに行こう。
 
なお、道具としての効果はなぜか【バギマ】
DS版では「バギマと同じダメージのヒャド系攻撃」という効果に変わっている。
ややこしいが、DS版のほうがまだしも効果としては適切だろう。
いずれにしても、素直にヒャダルコの効果にしたら強すぎたということだろうか。
 
ちなみに、この武器はPS2版では【敵の防御行動が無効になるバグ】があるため、
装備できるメンツを揃えておくと天空への塔や封印の洞窟等の攻略が若干快適になる。
炎のツメや吹雪の剣にも当然同じことが言えるが、時期的に氷の刃が最もこの特性を活かせる。

DQ6 Edit

非売品、攻撃力+62・かっこよさ+31。【スライム格闘場】Eランク勝利時の景品。
また、【フロストギズモ】が1/128の確率でドロップする。
【ハッサン】【バーバラ】、スライムナイト以外のスライム系が装備できる。
SFC版は仲間の【ファーラット】【キメイラ】【ばくだんいわ】も装備可能。
通常攻撃時、及び剣技系の特技(単体対象/1回攻撃の「○○ぎり」の名前を持つ特技、及び【しっぷうづき】【みなごろし】)を使った際に、通常攻撃時の0.5倍分のダメージの【ヒャド系】の追加攻撃をする。
また、追加攻撃が発動する前に敵が倒れた場合のみ、別の敵に対して追加攻撃する。
追加攻撃にはバイキルトの効果は乗らず、またその時使用した特技で威力が変わる事はない。
しっぷうづきでも、もろばぎりやみなごろしでも、追加攻撃のダメージは変動しない。
さらに戦闘中、道具として使用することでヒャダルコの効果がある。
 
重装可能なハッサンはもちろん、バーバラの装備としても時期的に力不足で実質スライム専用。
追加ダメージ効果も【せいけんづき】ゲーのDQ6ではあまり発動する機会がなくどうも良い所がない。
道具使用のヒャダルコも【まわしげり】で十分である。
DS版以降では上記のフロストギズモが【レイドックの井戸】で出るので早い段階で入手も理論上は可能。
しかし、それなりに強くならないと絶望的な確率であり、フロストギズモを蹴散らせるほど強くなったらなったで別にこれを手に入れたところで有難みが薄いというジレンマがある。
もし狙うなら【あなほり】を使った方がいい。
 
ちなみに【マッスルアニマル】もこの武器を使って全体攻撃してくるが、
【ちからため】の後にこれを使うというアホっぽい行動を取ることもある。

DQ7 Edit

市販品、攻撃力+62・かっこよさ+31。現代の【プロビナ】【コスタール】で9,000Gにて販売。【ヌーデビル】が落とすこともある。
装備は【ガボ】のみ。重要な点は、ガボの武器はこの後しばらく出てこないこと。
【ほのおのツメ】購入直後かもしれないが、炎のツメとの攻撃力の差は9。
ガボに【つるぎのまい】などの物理攻撃を使わせているのなら購入を検討したい。
ただ、ガボはMPが低いから肉弾系として育成されやすいが、実際はそこまでのパワーキャラではないので、
炎のツメや氷の刃の道具効果で攻撃したほうが有効にダメージを与えられることも多い。
なのでこれを買ったとしても炎のツメは下取りに出さず残しておくといい。
道具使用ヒャダルコの威力はそれなりでマヌーサなどの対策にも使えるが、
ゾンビ系や冷気攻撃の使い手には効きにくいことを覚えておくといいだろう。
追加ダメージ効果は【ひきさけ】のあるガボではまず発動する機会がないだろう…。
 
小説版でもガボの武器として登場。
普通の剣とは違い逆手に持って使うように出来ており、ガボのような体術の使い手向きの武器であるらしい。
また、空気中の水分を取り込むことで損傷を回復する機能も備えている。
【マナスティス】を発動させた【ゼッペル】に斬りかかった際、あっさり刀身が蒸発してしまったが、仕切り直しの再戦時には既に元通りの姿を取り戻していた。
再生能力だけを見たら、ダイ大に登場する各種伝説の武具をも上回っていそうである。

DQ8 Edit

短剣に分類されており、【ゼシカ】のみが装備可能。
非売品、攻撃力+52。売値は4,000G。【薬草園の洞窟】のB4階でしか手に入らない一品物。
通常攻撃、及び【短剣スキル】の特技で攻撃した際、その攻撃で与えたダメージの40%分をヒャド系の追加ダメージとして加算する。
また道具使用で1グループに40~80のヒャド系ダメージを与える効果も持つ。
短剣の中でも【キラーピアス】に次いで強力だが、ゼシカは短剣スキル30以上になれば、より攻撃力が高く、全く同じ加算ダメージ効果を持つ【ふぶきのつるぎ】を装備可能。
そもそも短剣スキル自体があまり使い勝手が良いとは言えない代物なので、手に入ったとしても即座にふくろの肥やしとなるのがオチ。
 
錬金素材することでふぶきのつるぎか【こおりのたて】になるが、実はこれを使う錬金レシピが2つあるにも関わらず、これはゲーム中1本しか手に入らない。
店売りもなく錬金で作ることもできないため、レシピコンプリートは不可能なのである。あと1本あればと思うと、非常に残念でならない。
さらに錬金結果のふぶきのつるぎとこおりのたてはいずれも店で買える品。
錬金は諦めて、回避率の高い敵に道具で使ってヒャダルコとして活用した方が良いかもしれない。
実は【竜神のつるぎ】のライデイン効果に次ぐ威力の魔法撃ち放題武器なのだ。
裏ダンの【ケムンクルス】には有効な攻撃手段。
 
なお、さすがに一品物なのは問題があると判断されたか、移植やリメイクのつど入手手段が追加されている。
しかし、その手段がなぜか妙にひねくれたものばかり。

北米版 Edit

【暗黒魔城都市】の樽にもう1本入っており、2本入手可能に。
錬金レシピノートがコンプリート出来るようになった。ただしその場合アイテムとしては残らないことになる。

スマホ版 Edit

北米版と同じく暗黒魔城都市の樽に1本配置されており、レシピコンプリートが可能になっている。
また、2014年2月4日のアップデートにより、【アイスビックル】が新たに落とすようになった
(レアドロップがどくがのナイフからこおりのやいばに変更された)。
これでレシピコンプリートをした際にアイテムとして残すことも可能になった。

3DS版 Edit

【ゲルダ】も装備可能。
短剣スキルは全体的に地位が向上したが、やはり装備キャラは全員ふぶきのつるぎが装備可能なので、これが武器として装備されることは少ないだろう。
 
やはり暗黒魔城都市の樽に1本配置されている。
また【樹氷の竜】のレアドロップになっているので量産可能。
ちなみにアイスビックルは【てつのつめ】を落とす。
AI任せでも持たせておくと使ってくれることがあるので、複数あればMPを節約したい時に役立つ。
複数持っていると後々の裏ダン攻略(主にケムンクルス相手)にも役立つので、狙ってみるのも悪くない。

DQ9 Edit

市販品、攻撃力+64。【ナザム村】で9,600Gにて売っている。
また、【エルシオン学院】の短剣クエスト【短剣ドロボーを追え】のクリア報酬にもなっている。
ちなみに錬金でも入手可能で、レシピは【せいなるナイフ】×1+【こおりのけっしょう】×3+【やいばのブーメラン】×1。
素材はすべて船入手直後なら容易に集められる。
さらに、こおりのけっしょう×5、【まじゅうのツノ】×1と錬金することで【フェンリルのキバ】に強化できるので、どうせ作るならさらに上を目指そう。
 
ただし、DQ5~7とは違いこの武器自体に氷属性は付いておらず、無属性なのが痛い。
戦闘時に道具として使えば敵グループに【氷属性】の25~35ダメージという微妙すぎる性能。
通常攻撃が氷属性ならそれなりに使えたかもしれないが、上位武器ともどもあまり活躍できない。
かつての雄姿は見る影もない。
素材自体は簡単に揃えられるので、地雷錬金と言うほどでもないのが救いか。
 
ちなみに、これ3個と【カイザーアックス】、こおりのけっしょう×3の錬金で【ふぶきのオノ】が作れるが、こちらはレシピ埋め目的以外では作る価値は皆無。

DQ10 Edit

レベル42より装備可能。
基本攻撃力は48で、道具として使うと敵1体に32~42の氷属性ダメージ。
詳しくはこちらを参照。
ちなみに偶数作品のためか、こちらでも非売品である。

DQ11 Edit

【カミュ】【シルビア】が装備できる短剣

-+1+2+3
攻撃力62656872

通常攻撃および無属性特技が氷属性になる。
道具使用で敵1グループに40~56の氷属性ダメージ(ヒャダルコ相当)。
 
【聖地ラムダ】【クレイモラン城下町】にて9000Gで売っている。
今なお奇数作品は市販という拘りを譲らないスタッフの執念を感じる。