【森林だんご】

Last-modified: 2019-07-30 (火) 01:02:33

DQB2

【モンゾーラ島】のストーリーを進めていくと閃くアイテム。
材料は【どんぐり】1個、【草原の素】1個、【こやし】2個。
【みみずん】に森林の力を与えるエサの団子で、地形【リフォーム】する道具。【草原だんご】の亜種。
 
リフォーム可能な地面に置くと、地中から現れたみみずんが団子を食べ、設置場所を中心にした9×9の【土】【泥】【ひびわれ土】【砂利土】【しばふの土】に変えてくれる。
一緒に生成されるオマケの植物は【木の枝】など【森】を形成するものが多い。また【ぬの草】としばふの土が同時に発生する関係で使用した場所には通常【ブナの木】?が発生する。
高さ方向の効果範囲は、団子を置いた地面を含めて下に向かって3ブロック。あくまで団子の置かれた位置が基準であるため、団子を置いたあとにその下のブロックを崩しても効果範囲は変わらない。
からっぽ島開拓地内やモンゾーラ島拠点内ならば、みみずんの居住エリアに置けばすぐにやって来て作業が始まるほか、みみずんをパーティに加えた状態であればどこにいても使用可能。【そざい島】でも使用できる。
ただし、パーティに入れてもみみずんが同行してくれない【オッカムル島】【ムーンブルク島】では使用不可。
 
【砂】【雪】の上で使用しても土には変えてくれないが、砂の上には【花サボテン】・雪の上には【白雪草】など、植生にあった植物を生成してくれる。
 
【部屋】の中に置けば部屋の中全ての地面に効果を発揮する。
ただし部屋の形状次第では、部屋外へはみ出して効果を及ぼしてしまうことも。勿論それを逆手に取って特殊な形の部屋を作ることで部屋最大サイズである150マスを超えて整地させる事も可能。1つの森林だんごで9×9しか出来ないことを考えると素材の節約となる。
勿論【アレ】を節約するかどうかは意見が分かれるだろうが…。