Top > キャラクター > 【ヴァイス】


キャラクター/【ヴァイス】

Last-modified: 2018-06-20 (水) 21:35:50




DCFF7 Edit

DCFF7のラスボス
ディープグラウンドで作られた最強のDGソルジャーであり、純白の帝王ヴァイスと呼ばれる。
ジェノバ細胞による強化は一切行われておらず、
そのうえ配下のロッソアスールシェルクのそれぞれの特殊能力を持つ。
武器は刀の刀身の上に銃口(銃身はリボルバー型)がついた銃剣。
ガンブレードのカタナ版といった感じだが、ガンブレードの機能があるかは不明。


DCFF7本編中において出演シーンの9割は
宝条の人格データに脳みそ乗っ取られた状態なので影が薄い。
宝条が消滅した後も一言も喋ってくれないという…。
彼とオメガが一体化したオメガヴァイスを倒しDCの物語は終わる。
オンラインモードではいかにもボスらしい超絶な強さとかっこよさをめいっぱい発揮してくれたが、
いかんせんオンラインはサービス終了している。
やはりヴァイスはヴァ…

  • 助けてくれッ!デn(ry
  • ただし隠しエンディングで、ジェネシスが「眠りにつくのはまだ早い…弟よ。」と語り、ヴァイスの遺体?(オメガもまだ残っている?)を回収しているので、後のコンピレーション作品での再登場があるのかもしれない。
  • オメガを宿したからヴァイスってかなり高純度な生命エネルギーもって…いやネロが入っちゃったな。ジェネシスってCCで劣化する設定になってるんだろ?ヴァイスを乗っ取るんだろうか…
    • ジェネシスにはリユニオンや再統合するための能力がない(コピーで情報がばら撒かれるだけで再取り込みができないので劣化する。セフィロスやアンジールはこの能力があるので劣化しない)ので設定を考えたらヴァイスを取り込むのは不可能かと…。
  • FF7系の作品においてはセーファセフィロスが最強らしいが
    お互い人間の状態でこいつとセフィロスが戦ったらどちらが勝つのだろうか
    見てみたいような気もする。
    • セーファセフィロスを1対1で倒せるクラウドやティファやバレットなどのパーティーキャラが7の世界では最強、ただしコンピにおいてはセフィロス(おそらくリバースセフィロスとセーファセフィロスの連戦)より強い敵を出してはいけない(互角の敵を出してはいけないとは言っていない)だけ、たまに誤解されてるが。

白というか銀髪なので情報公開当時はこいつとの関係性も噂されたが結局はなかった。
また担当声優の中田譲治氏はヴィンセントの父グリモア役もされているのだが
こちらとも関係は無い。
正直ややこしい…。


名前の意味はドイツ語で「白」
英語では悪などの意味である


ネロ以外のツヴィエート連中の攻撃をそれぞれ持っており、真アスールのビーム、ロッソの衝撃波、シェルクの連撃にそれぞれよく似た技を使ってくる。
なおかつ立ち止まっていると思って攻撃すると、剣で弾を打ち落とし弾の無駄遣いまで誘発してくれる。
基本的にはロッソ戦と同じくコンボ中は徹底的に回避に徹し、攻撃の溜め中に攻撃してダメージを稼ぐのが有効。
ちなみにオンライン版では更に強く、目にも止まらぬスピードでプレイヤー多数をひき殺してくださった。

  • パワーブースターγ?をつけた武器かブロウマシンガン?なら吹き飛ばすことができる。
  • こいつとの戦いではヴィンセントがカオスの力を引き出している状態?との事なので、リミットブレイクが使えない。その上戦闘時はお互いに発光しており、ステージが明るすぎて視界が非常に悪く、まともに標準を合わせるのも難しい。時にはヴァイスの速すぎるスピードも相まってヴァイスが視界から完全に消えることも。(DCのボス戦ではさして珍しくは無いが…)
  • 確かインタ版はリミットブレイクできた気がする。攻撃パターンで玉座にいちいち座ってくれるのはありがたいwヴィンセントがカオスの力を引き出してる状態のとき、ヴァイスもオメガの力を使いこなしてるからカオスvsオメガのプチ戦闘
  • 近づきすぎると連撃をもらう。通常は吹っ飛ばされて距離ができるので終了するが、壁際で追い詰められると両者の距離が開かないため、連撃→連撃→連(ryとなりやすい。

シェルクと同じくネットダイブ能力を持っており、
そのために宝条の人格データに乗っ取られることになる。
オンライン版ではあまりにも強くなりすぎたために、
D.Gの管理者であるレストリクターが死ぬと数日内に死ぬよう体内にウイルスが仕込まれていたが、
それでもなお自由を欲してレストリクターの殺害を画策。
PC達を利用する形でレストリクターの殺害を実行したのち、死亡したものと思われる。

  • 厳密には死んだというのは間違い。
    ウイルスが作動するも持ち前のずば抜けた強さのおかげで生き延びるが
    それでも仮死状態になってしまう。
    弟であるネロは肉体的には無事なものの精神的に作動できなくなった兄ヴァイスを憐れみ
    復活できるように宝条の亡霊(厳密には亡霊ではないが宝条の項目を見ればわかる)
    の言った作戦に手を貸し、そこからDGソルジャーを動員して人々を攫うという本編の物語に続く
    復活後しばらくは宝条に意思を乗っ取られているが
    完全復活後も一度仮死状態になった影響(?)なのか上記にあるように一言も喋らなかった。

CCFF7 Edit

ジェネシスを回収(というかDCの宣伝)するためだけに、ネロと共に友情出演。
EDでは名前の英語表記が読み辛いため、ネロの名前が無いと判り難いかもしれない。
ジェネシス(DCでの名前は「G」)はヴァイス達の元となるためか、お兄さん的存在らしい。

  • ACでセフィロス因子を受け継いだクラウドがカダージュに「兄さん」と呼ばれたのと同じで、
    ツヴィエート達がジェネシス因子を受け継いでいるため、ジェネシスが「兄」と表現されるが、
    ネロがヴァイスを「兄さん」と呼ぶのは、実際に血の繋がった兄(母親が同じ)であるためである。
    ちょっとややこしい。

ジェネシスを持ち上げた時に、ほんの少しだが白い襟足が映る。
CCの時点ではまだ髪が短かったようだ。

  • ジェネシスを連れていったのはFF7本編から長くても数ヵ月前くらいのはず。
    そしてFF7本編のメテオ襲来直前の時間軸であるDCFF7マルチプレイヤーモードでは、
    DCと同じ髪の長さ。随分と髪が伸びるのが早い体質らしい。
  • 全体にレイヤーが入っているので、首辺りの短い部分だけ見えて実は長い可能性も。