ミニゲーム/【15パズル】

Last-modified: 2020-05-24 (日) 16:23:39

FF1

船に乗った状態で、Aボタン(○ボタン)を押したまま、
Bボタン(×ボタン)を55回押すと遊べるミニゲーム。
4×4のマス目に15個のパネルをスライドさせて並べるあれである。
FC版ではクリアすると100ギル貰えるだけで見返りとしてはイマイチだったが、
WSC版以降のリメイク作ではハイスコアを更新することで、
ギルやアイテムが賞品として何度でも貰えるようになった。


お茶目な天才プログラマー、ナーシャたんの仕組んだイースターエッグ。
本来はそのような仕様は無かったため、当時は□の人すら知らなかった。
本来の仕様では無いため、ある意味バグ。

  • 実はデバッグの段階で存在に気が付いたがナーシアが嬉しそうにしていたため何も言えなかったという逸話がある。
  • ヒゲの回想によると「ハーイ!ミニゲーム入れたよー」と勝手に作ったものを嬉しそうに見せてきたそうな。この当時のゲーム制作の雰囲気が垣間見える。

そのシンプルさ故に驚異的な中毒性を誇る。
「寝る前にちょっとだけ消費アイテム稼ごう…」と思ったが運の尽き、
いつの間にやら手段と目的が入れ替わり気付いた頃には朝を迎えている。


MSX2版には実装されていない模様。

FF1(WSC・PS版)

クリア褒賞は1位更新で10000ギル(初期タイム:2分)、2位更新で5000ギル(初期タイム:4分)、3位更新で2000ギル(初期タイム:6分)が貰える。
2分~3分59秒でポーション毒消し金の針からランダムで1つ、4分~5分59秒でポーション・毒消しからランダムで1つ、6分未満でポーションが貰える。


WSC・PS版ではギルの荒稼ぎが可能な上に各種回復アイテムも貰えて非常に有用である。


解き方さえわかれば、あとはベストタイムをちょっとずつ更新していけば荒稼ぎが可能。


FC版ではクリアするたびにマップに戻ったので再びボタンを押す必要があったが、
本作からは連続してプレイ可能。

FF1(携帯版)

携帯電話版では存在しない。↑で出てたようにバグだからなのか?

  • 容量不足だったからでは?他のリメイク版にはしっかり入ってるし。

FF1(GBA版以降)

GBA版以降はA(○)ボタンを押したままB(×)ボタンを25回押すと遊べる。
GBA版はレベルアップ速度の上昇等によってさほど金に困らなくなり、利用価値は減った。


通常クリアの褒賞は、100ギル・ポーション・毒消し・金の針・エーテルフェニックスの尾目薬山彦草からランダムで1つ。
タイム更新の褒賞はアイテムになった。
1位更新だとラストエリクサー。2位更新だとエーテルターボエリクサー万能薬エルメスの靴非常口からランダムで1つ。
3位更新だとくものいと赤い牙青い牙白い牙バンパイアの牙赤いカーテン青いカーテン白のカーテンコカトリスの爪からランダムで1つ。
貴重で有用なアイテムが入手できるため、特に特殊なプレイにおいては重要なアイテム獲得手段となる。
ただし初期のベストタイムが30秒であり、ラストエリクサー獲得のために1位を更新するのはやや大変。


初期のベストタイムが1位:30秒、2位:1分、3位:2分に短縮されている。

FF1(iOS/Android版)

船上で画面を長押ししながら、別の指でタップ連打すると遊べる。

FF1(ポータルアプリ版)

どうやら存在しない様子。

  • ポータルアプリ版ではパッドが変更されており、タップ→スライドするとパッドが出るように変更された。
    これだけならともかく、画面を長押ししながら別の指でタップすると、何故かスライドしたと見なされて主人公が動いてしまう。
    要するにパッドを変えた弊害だと思われる。
    困ったことにiOS/Android版のアップデートでもこのパッドが使われてしまっているので注意。
  • と、思われていたが実際は存在するし遊ぶことが出来る。

船上で画面の右側を長押ししながら左側を23回連打するとできる。

FF1(3DS版)

Aを押しながらBを連打するのは同じだが、何故か回数は23回に変更されている。
また3DSは二画面を使えるのを逆手にとり、上画面には天野喜孝氏によるFC版のパッケージイラストが表示され、下画面で15パズルをプレイするようになっている。
後は概ね他機種版と同じだが、折角なのであまりゲーム中ではお目にかかれない天野氏のイラストを見てみるのも悪くないだろう。

FF1(その他)

FF1・2の公式サイトで遊ぶことができる。クリアするとこれ・・・ではなく、特製壁紙がもらえる。

FF14

新生FF14発売一周年記念シーズナルイベント「新生祭」のイベントクエストをクリアすると、宿屋内にあるトイボックスで遊ぶ事が出来るようになる。

  • つまり2014年の新生祭を未クリアのプレイヤーには解放されていないミニゲームである。

FF14からのFF1オマージュという意味なのか、単に15ではなく「I+XIVパズル」
という名称になっており、ゲーム盤のデザインも原典を踏襲している。
但し、クリア報酬などは存在しない。


FF1の発売日(12/18)だけFF1のデザインになるという仕様がある。