特技/【完全なる破壊】

Last-modified: 2021-09-18 (土) 13:36:23

FF10

シーモア:終異体の使う技の一つ。
味方全体に魔法大ダメージ。基礎威力は44(バトルアルティマニアより)。
シーモアのHPを35000以下に減らすと使うようになる。
またそれ以降、死刃の交撃は使わなくなる。


幻光祈機が四方の羽からレーザーを連射し、ミサイルを乱射しつつ突撃し、爆発で〆る。
演出だけ見ると最初から最後まで兵器を使った物理攻撃なのだが、全ダメージ魔法ダメージであることに注意。
魔導ミサイルか何かなのだろうか…
ノーヒントというわけではなく、使う直前に「幻光祈機 必殺魔法準備OK」という予告メッセージを出してくれる。


攻撃内容が複雑なため、アルティマニアに複数回攻撃であることは書かれていないが
内役は最初と最後に全体攻撃を仕掛けてきて、その合間に同じ威力の多段攻撃を9回仕掛けてくる。
(ただし、ランダムではなく1人3発ヒットしており、合計5回ヒットしている)

  • リマスター版の攻略本では訂正されて威力44の5回ヒット攻撃に修正されている
    更にこの攻撃使用時には魔力が15に修正される。

死刃の交撃と違い、直前にデスペルは使わないため、シェルで防ぐことが可能。また、連続攻撃になっている。
連続攻撃の性質上、生存している味方が多ければ多いほど受けるダメージも減少する。
ユウナ、ルールーあたりは戦闘不能になりやすいので、HPが高い男達を盾にしよう。HPが2500くらいあれば十分耐えられる。
ただし、味方1人の状況だともろに攻撃を受けるので4000を超えるダメージを受けることも。味方の蘇生を忘れずに。
こっちの方が威力が弱く(死刃の交撃は物理攻撃で威力52)、追加効果もないため微妙に弱体化しており、戦いやすい。
戦闘開幕後、OD技や召喚ボンバーなりでさっさとHPを減らして、HP減少後のモードに移行させよう。
そうすると敵の攻撃は完全なる破壊、フレアを使用してくるだけになる。

  • 魔法防御にもよるが、HP2500程度ではシェル無しで耐えるのは厳しいと思うが。
    • ガガゼト山のモンスターを割と安全に倒せるくらいの強さでは、いくらHP満タンでもシェル無しの3人で受けると確実に全滅する。
  • シェルを入れればユウナやルールーでも余裕で耐えられるので攻撃前にシェルを入れておこう。

とんでもない回数の連続攻撃。死刃の交撃よりインパクトは強い。
初プレイの人がこの攻撃を受けると、技名や連続攻撃のせいで強い印象を受け、惑わされてパニックになる。

  • アルティマニアには多段ヒットする説明が無いため、初見で被弾すると大惨事になりかねない。
  • テラブレイクやインターナショナル版カオティックDほど驚異的ではないが、喰らう時期が中盤戦と言うのが厄介。

DFFOO

シーモアのLDアビリティ「死刃の交撃」で付与される「必殺魔法準備OK」により発動する攻撃。
4HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃を3回行う追加攻撃。与えるHPダメージは分配。
弱体効果が付与された対象により大きなダメージを与える。
攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ中アップ。
奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する。上限は自身の最大BRVの150%分。