Top > 裏技・バグ > 【翔んでる!平賀源内】


裏技・バグ/【翔んでる!平賀源内】

Last-modified: 2019-04-15 (月) 20:31:54




FF6 Edit

2006年頃にsazasaza氏によって考案された裏技……というよりはシステムの仕様を利用した戦術。
主にジャンプと逃走失敗を用いて行う。
 
まず、本作の仕様として

  • ジャンプは、同時にコマンド待機状態になった時に他の行動よりも優先して発動する。
  • 戦闘中に「逃げられない!」と表示された時、敵の行動待機時間が一時的に停止する(既に入力済の行動であっても、「逃げられない!」が消えるまでは発動しない)。
  • 「逃げられない!」が連続で表示されると、割り込める行動は一つだけ。

これらを組み合わせるとどうなるか?
以下にごく簡易的に説明する。
 
(例:逃走不可能な戦闘、パーティーが竜騎士の靴を装備したキャラ一人だけ、敵も一体だけ、互いの素早さがあまり離れていない場合)

  1. LR押しっぱなしにして「逃げられない!」を表示(以下、手順4まで押しっぱなし)
  2. 「逃げられない!」が消える前にジャンプを入力
  3. 表示が消えると、上記のジャンプ優先の仕様により味方がジャンプ(この時、LR押しっぱなしなので走りながらジャンプする)
  4. 「逃げられない!」が表示
  5. 表示が消えてから敵の行動。こちらは空中にいるため当然空振り
  6. 着地して攻撃
  7. ATBゲージが溜まる直前(敵の行動開始前)に再びLR押しっぱなしにして「逃げられない!」を表示
  8. 以下、手順2からループ

このように、ハメループが完成してしまう。
 
注意点として、

  • 場合によっては最初にジャンプ以外の行動をとってタイミングを合わせる必要がある
  • 敵の素早さがこちらより遥かに高いと、着地後に攻撃されてしまう
  • ジャンプに対するカウンター行動を持つ相手には通用しない
  • 敵が複数、かつエフェクトの長い味方への行動(回復など)を持つ者がいる場合はタイミングをずらされてループが途切れる

といった欠点があるため完全に万能とは言い難いものの、これらの点に気を付けて上手く使えばボス戦を完封することも可能。
低レベル攻略に利用しているプレイヤーもいる。
上記の例ではパーティー一人の場合を示したが、実際には二人以上いた方が敵側の行動タイミングを調整しやすくなる。
なお、敵味方の行動タイミングを全て把握しながら行う必要があるため、実行するとRPGというよりパズルや音ゲーをやっている気分になってくる。

  • 二人以上であれば(エルメスのくつ装備などで)ある程度素早ければ着地→ジャンプまでの隙を逃走失敗で完璧に埋めることができる。というかそうするのがこのハメ技の基本。

 
非常に複雑かつ難解な仕様をいくつも利用しているためここではとても語りきれない。
ので、詳しい仕組みは考案者様のサイトを参照。
動画サイトなどにもこれを利用した攻略があるので、実際の利用法などは各自調べてほしい。


ちなみに「翔んでる!平賀源内」という名前はこの戦術の考案者様ご本人によるネーミングである
ただしこの名前を付けたことは後悔してる模様
由来は実在したTVドラマのタイトル。

  • Vコーディーもそうだが、内容が伝わりにくい命名だと思う。
    • だからこそ命名者は後悔してるw
  • ニコニコ動画では2014年に別の方がFF6のやりこみ動画で使用したことでこの名が広く知られるようになったが、
    この影響でその動画がネーミングの発祥だと勘違いされてしまうこともある。
    上記の通りこのネーミングの初出は2006年の攻略レポートである。
    ニコニコ動画の「翔んでる!平賀源内」の記事も参照
    余談であるがロマサガ2に同名の発明家がいる