アクセサリ/【竜騎士のくつ】

Last-modified: 2019-11-23 (土) 23:38:16

FF6

たたかう」コマンドを「ジャンプ」に変えるアクセサリ。
普段はあんまり使いどころがないような気がする。

しかし、ファイナルアタックが強い敵と戦うときにリレイズがないときは重宝する。
何気に、を装備していると威力が2倍になる。

  • ちなみに通常の武器だと1.5倍。
    槍を装備できるのはエドガーモグの二人。
    エドガーには機械があるのでモグ向けか。
    • すなわち、カイン+FF5の竜騎士の仕様ってか。
      でも、ジャンプ自体は魔石ケーツハリーで代用できるって言っちゃマズイか?
  • 4や5(あと一応3も)と違って「たたかう」と「ジャンプ」の使い分けが出来ないことに注意。

FF6のジャンプは槍だけでなく、ナイフや剣を装備していても
落下時に敵に突き立てるグラフィックが見られる。

  • ちなみに忍刀やナイフの場合は回しながら攻撃するグラフィック。地味にかっこいい。
  • 爪だと突き立てる。マッシュでやるとシュールです。
  • 素手の時にジャンプしたらどうなりますか?

飛竜の角」も同時に装備すればさらに連続ジャンプに進化。
しかしアクセサリ装着欄が埋まってしまうので使いどころも難しい。

  • ジャンプ自体が敵の攻撃回避も兼ねているからかなり有用。うちのモグはレベル38で力48、連続ジャンプにホーリーランスの追加ホーリーが発動すると(もしくは3回以上ジャンプ)最大与ダメージが10000超えてくれる。モグ万歳。

ちなみにブラックベルトを同時装備しても、カウンターはジャンプではなく通常攻撃になる。


FF歴代の竜騎士達の常人離れしたジャンプ力は、靴のおかげでもあるのだろうか。


崩壊前のサマサ、崩壊後のツェンで9000ギルで購入可能。
また、魔導工場で拾える他、ヴァイスプラチナドラゴンワイバーンからレア枠で盗める。
アクセサリとしての実用性も高いが高級品故に資金源としても優れており、早ければゾゾ攻略中にヴァイスから盗んで手に入れられる。
この時点で4500ギル相当の額が懐に転がり込んでくるのは有難い。


ファイナルファンタジーVI 冒険ガイドブックにおいて、飛空艇上での戦闘(クレーン戦や魔大陸への突入時の戦闘)時にこの竜騎士のくつの使用がやたら薦められているが、別にそこまで有利になるという訳ではない。飛空艇上での戦闘ははさみうちになっていることが多く味方のゲージが溜まるまでは敵の攻撃は避けられない、弱点を持つ敵に対してジャンプ攻撃するとなると弱点を突ける機会が減るなど。
なお、現実的に考えると飛空艇上での戦闘時にジャンプをするなど危険どころではないはずなのだが、あのジャンプ力(正確には高高度からの着地に耐えることができる力)があれば飛空艇から墜落しても安全なのかもしれない。判断に悩むところではある。

FF6(GBA版以降)

最強育成の重要なポイントである、ジャボテンダー戦における究極のFA対策。
リレイズでは10回のうち1回しか耐えられないのに対し、こちらは誰か1人でもジャンプしていれば勝利確定。